大坂なおみはなぜ世界で愛されるか。個性が薄れる女子テニス界の異端。【2018年 テニス部門1位】

大坂なおみはなぜ世界で愛されるか。個性が薄れる女子テニス界の異端。【2018年 テニス部門1位】

2018年、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。
テニス部門の第1位はこちら!(初公開日:2018年1月24日)

 2018年最初のグランドスラムの後半戦は、ニュースター不足である。

 8強の中にはグランドスラム決勝経験のない選手が3人いて、そこには22歳や23歳といった若手もいるが、これからの女子テニスを変える予感を抱かせてくれるようなインパクトのある逸材はいない。

 だからなおさら、大坂なおみの4回戦敗退は残念だった。

 相手は全仏オープンで2度準優勝している第1シードのシモナ・ハレプ。大坂にはまだツアー優勝の実績もなく(2016年の東レPPOの準優勝が最高成績)、一昨年の秋に40位に達した世界ランキングは、現在72位に後退している。

 つまり、順当な結果なのだが……ハレプとの2度のフルセットを含めた善戦、昨年の全米オープンで前年に2度のグランドスラム優勝を果たしていた元女王アンジェリック・ケルバーを破ったこと、他にも過去何度もトップ10との接戦を見せてきた実績がある大坂だけに、勝利を信じる人は国内外に少なくなかったのだ。

選手たちの個性が失われていくテニス界にあって……。

 20歳の大坂には、番狂わせを起こしそうな、そしてファンを惹き付ける〈スタイル〉がある。

 テニスにも、ルックスにも、パーソナリティにも。テニスは単調に、そして個性も薄れていく女子テニスで、それこそ新しい時代を切り開くカギだ。

 これまで大坂にとってグランドスラムにおける〈壁〉だった3回戦で、地元オーストラリア・ナンバーワンの21歳、世界ランク17位のアシュリー・バーティをストレートセットで破ったあとのコート上でのインタビュー。

 大坂はまた新たなファンを獲得したようだった。

人気者になる要素は、その独特の“なおみ節”。

「とってもうれしいけど、皆さんには申し訳ないです。だって、本当に彼女(バーティ)に勝ってほしかったと思うから」

 ここに全てを再現はしないが、マーガレット・コート・アリーナを埋めたバーティ贔屓の観客に彼女の「憎めないキャラ」を次々と披露。

 「おもしろいことを言うつもりは全然ないんだけど」とあとの記者会見では困った顔を見せたが、文字では表現しきれない「間」と声と表情が“なおみ節”の武器だ。

日本だけでなく「私はハイチも代表しているつもり」。

 昨年の秋には、父親の故郷であるハイチを訪問し、20年も前に両親が建てたという学校で子供たちと触れ合った。

 この若さでの国際的な社会活動も、これまでの日本のテニス界に見られなかったもの。前述のコートインタビューの一幕で、「日本人として戦うことは誇りに思う。でもお父さんはハイチ出身だから、私はハイチも代表しているつもり」と言ってピースサインを作った。

 ルーツの1つであるハイチを実際に訪れた経験が、彼女をよりスケールの大きなプレーヤーに、そして見識ある女性にしたように思う。

「○○人ではなく、テニスプレーヤーと呼ばれたい」と言ったのは、確か彼女がまだ17歳の頃だった。テニスの成績は期待したペースよりスローではあるが、人として、大坂は志に着実に近づいているのではないだろうか。

大幅な体重減とコーチの変更など、改革路線は続く。

 テニスでも思い切って改革に挑んでいる。

 オフシーズンには連日4時間もジムで時間を費やして7kgも体重を落としたせいか、課題の1つだったスピードが顕著に上がり、コートに立つ姿もより美しくなった。

 コーチを変えたことも改革路線の一環だ。

 昨シーズンをともにしたオーストラリア人のデビッド・テイラー氏との契約を解消し、ヒッティング・パートナーとしてサーシャ・バインというドイツ出身の34歳を招いた。セリーナ・ウイリアムズやビクトリア・アザレンカ、カロライン・ウォズニアッキといった元女王たちのヒッティングを務めてきた人物だ。

新ヒッティング・パートナーは「友達」感覚!?

 テイラー氏が「先生」でバイン氏は「友達」だと、大坂はその関係性の違いをわかりやすい日本語で言い表したが、トッププレーヤーたちがこぞってヒッティング・パートナーとして求めるバイン氏の手腕については前から気になっていた。

 現役選手時代はATPランキング1149位と芽が出なかったのだが、今大会中、ナショナルコーチとして帯同する古庄大二郎さんはその疑問にこう答える。

「打ち合いながら選手の自信を引き出すのがとても上手ですね。いいショットを打ったときのリアクションもそうですし、声をかけて楽しくコミュニケーションをとりながら練習しています。なおみちゃんはシャイなところがありますが、すごくいい影響を受けている」

 練習を見ていると、大坂が豪快なショットを返したときは「ヒュー」と口笛を鳴らしたり「ワオ!」と目を見開いたり……多少大げさなくらいのリアクションでいい気持ちにさせる。あるいは、自分も必死にボールを追いかけてみせ、それでも返せなかったことを強調して選手のショットの価値を高める。

日本人という枠を越えて世界的な人気を博す。

 大坂は「今では、私のジョークをわかってくれるようになった数少ない人の中の1人」と仲良しぶりを楽しそうに話したが、それと同時に、憧れのセリーナのヒッティング・パートナーをしていたということにちょっとドキドキし、いい緊張感も存在するようだ。

 ハレプには3−6 2−6と完敗しながらも、敗戦後のいつもの会見ほど落ち込んで見えなかったのは、前進の手応えとツアー生活の楽しさがあるからだろう。

 2018年、その高いポテンシャルはどこまで開花するのか。

 大坂なおみ――Naomi Osakaへの興味は、日本の血が流れているからでも、日本人としてプレーすることを選んだからでもなく、別の次元で勝手にうごめき出している。

文=山口奈緒美

photograph by Hiromasa Mano


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索