スポーツ業界は“物好き”頼みに終止符を。並木裕太が考えた経営人材活用法とは?

スポーツ業界は“物好き”頼みに終止符を。並木裕太が考えた経営人材活用法とは?

 成熟期を迎えたと言われる日本にあって、「スポーツ」は貴重な成長分野の1つに数えられる。スポーツビジネスという言葉が当たり前に聞かれるようになり、その商業的なポテンシャルに対する視線は着実に熱を帯びつつある。

 では、ビジネスとしてのスポーツが発展し、市場を拡大させていくためには何が必要なのか。

 答えは1つに限らないが、「仕事ができる人材にたくさん入ってきてもらう」ことは、シンプルかつ確実な方策だろう。

 ひとまず、プロ野球の球団やJリーグのクラブを想定しよう。個々の組織は決して大きくない。それは言い換えれば、「1人」がもたらしうるインパクトが大きいことを意味する。経営手腕に秀でた「個」の加入で景色が一変する可能性は十分にあるのだ。

 ただ問題は、「仕事ができる人材」の給料は高く、いまだ発展途上のスポーツ業界が用意できる給与水準との間にギャップがあることだ。地方を拠点としていればなおさら、その差異は大きくなりやすい。

スポーツは好きだけど就職までは……。

 経営コンサルタントで、スポーツ領域の案件も多数手がけてきた並木裕太は言う。

「コンサルティングファームや金融業界、商社などでビジネススキルを鍛え、スポーツ業界を新たな職場にしたいという意欲を持っている若者に接する機会は多い。しかしその多くが二の足を踏んでいます。

 収入面などの不安を振り払って飛び込むのは、『スポーツが大好き!』という強い情熱を持ったひと握りの人材で、周囲からは“物好きなヤツ”と言われてしまう。

 スポーツ業界の経営人材確保は、そうした“物好き”の登場を期待して待ち受けるような状況が続いてきました」

 ビジネスが育ち、利益を伸ばすことができれば、人材への投資額を増やすことができる。経営人材が加われば、ビジネスが育ち、利益を伸ばすチャンスが広がる。

 これは本来、正の循環を成すはずだが、組織(雇用元)と個人(働き手)がともに最初の一歩を踏み出せずにいては、そもそも回転がスタートしない。

 つまり「鶏が先か、卵が先か」の問題なのだ。

MLBのCEOはどんな人たちか?

 並木は「もったいないですよね」と小さなため息を漏らす。

「スポーツの世界には、勝負があって、刺激があって、だからこそ魅力がある。世の中に数多ある業界の中でも、こうしたパッションの力で人を呼び込める業界はそうありません。その強みをもっと生かすべきだと思います」

 そしてコンサルタントらしく、次のようなファクトを羅列する。

「MLB30球団のCEOについて調べてみました。オーナーが兼任しているケースが6割ほどと多いですが、ヤンキースやレッドソックスなど外部からプロ経営者を招聘している球団もある。

 それから『スポーツ・エグゼクティブ』も一派を形成していますね。

 これは、大学を出てすぐにスポーツ界に入り、いくつかのチームを渡り歩きながら経営者の地位まで上り詰めた人たちのことです」

日本では数少ない成功事例。

 日本との比較へと論は進む。

「NPBの球団社長、あるいはJリーグのクラブの社長も、多くが事実上の親会社からの出向などで占められている。それを全否定するつもりはありませんが、皆がそのポジションを目指してやってきたわけではない、ということは言えると思います。

 また、たとえば楽天イーグルスは、リクルートを経て『インテリジェンス(現パーソルキャリア)』を立ち上げた島田亨さんが初代社長に就き、黒字でスタートした。

 横浜DeNAベイスターズも、住友商事や博報堂などでビジネスキャリアを歩んできた池田純さんが初代社長となって経営を健全化させた。

 これらは成功事例と言えますが、彼らが経営者になった経緯を考えると、オーナーの意向ひとつだったのではないかと思うんです。言い換えれば、球団社長になるにはオーナーに近い存在であることが必要だということ。その立場にいられる人は非常に限られている」

ビジネス界からの転職組が多いMLB。

 さらに興味深いのは、日本のスポーツ界ではほとんどが選手経験者で占められるGM職(チーム強化・編成部門のトップ)でさえ、MLBではビジネス界からの登用が盛んに行われていることだ。

 並木によれば、選手やコーチ経験者がGMを務めているのは7球団だけ。残りはほとんどが、先述したスポーツ・エグゼクティブと、ビジネス界でのし上がってきた経営のプロフェッショナルたちなのだ。

 おもしろい事例がある、と並木は言う。

「2011年から“3年連続100敗”するような弱小球団だったアストロズ。同年末、そのGMにジェフ・ルノーという人物が就任します。

 彼は『どうせ最下位なんだから』と強化費を大胆に削り、浮いた予算でベネズエラにアカデミーをつくった。そこで発掘・育成された新たな才能が徐々に戦力になったこともあって、2017年についにワールドシリーズを制したんです。

 ルノーGMの経歴は、世界でもトップクラスのケロッグ経営大学院でMBA取得、マッキンゼーでコンサルタントを経験して、事業会社の重役や自ら創業した会社の社長などを務めた一流のビジネスマン。

 たしかに考えてみると、アストロズの再建というのは、不採算部門への投資を減らして別の事業で売上を確保していくかのような、極めて経営的・ビジネスマン的な判断によってなされたものと言える」

野球の素人をいきなり採用する業界。

 野球とはまったく縁のないキャリアを歩んできたルノーが球界に進むのは2003年のこと。カージナルスのスカウト部長に就任した。そして2011年のワールドシリーズ制覇を置き土産に同球団から離れ、アストロズのGMに転じたのだ。

 彼がなぜ野球界への転職を決断したかは定かではない。ただ、MLBというフィールドに“普通の会社”にはない魅力を感じたであろうことは容易に想像できるし、球団側が“野球のずぶの素人”を雇うことに対してオープンな姿勢を持っていたことも間違いないだろう。

 NPBの4〜5倍とも言われる売上規模を誇るMLBだから、収入が大きく減るのを我慢しなければならないような状況にも、なかったはずだ。

 オーナーの知り合いか、収入度外視の“物好き”か、選手経験者か。経営者やGMへの門戸が極めて限定的な日本とは明らかに違う。

新たな雇用形態のスキームを提案。

 こうした事態を受けて、並木が代表を務める株式会社フィールドマネージメント(以下FM)は、2018年12月、新たな取り組みを始めた。経営人材の加入とスポーツ産業の発展。このサイクルをとにかく回転させ始めるべく、能力と意欲ある若者をスポーツ企業に送り込む人材活用スキームを構築したのだ。

「STAY TRUE Sign UP」と名付けたWEBメディアを立ち上げ、スポーツ業界に関心を寄せるコンサル経験者などを募っている。

 たとえば、コンサルティングファームで年収800万円を得ている人材が、磨いたビジネススキルをサッカー界で生かしたいと望んだとする。かたやJリーグのあるクラブも、経営のプロフェッショナルに戦力に加わってほしいと考えている。ただ、現状用意できる報酬は年間500万円――。

 両者の間には300万円の差があるわけだが、これをFMが実質的に負担する。形態はさまざまあるというが、たとえばスポーツ志望の人材はまず年収800万円の条件でFMに入社し、その後、クラブに出向。クラブは業務委託費としてFMに年間500万円を支払うスキームが想定されている。

「うちが我慢すればいいのではないかと」

 並木が思いを語る。

「誰かが我慢しなければならないなら、うちが我慢すればいいのではないかと思い至ったんです。

『スポーツの世界で働いてみたいけど、入り方がわからない』『収入の面で不安がある』という若者の背中を押し、受け入れる球団やクラブ、リーグなどで活躍してもらうことで、日本のスポーツがビジネスとして大きく育ってほしい。その一助になれば」

 気になるのはFMにとってのメリットだ。

日本のプロスポーツ界を変革できるはず。

 並木は「まじめにいいことをしようと思ってるんですよ」と笑いつつ、将来的なリターンの可能性をこう説明する。

「弊社のコンサルタントがクラブなどの中に入って仕事をすることで、クライアントとの関係強化が図れるし、内部の課題を拾い、次のビジネスへと広げていくことも可能かもしれない。

 それに、たとえばシーズンオフになって繁忙期が過ぎれば、うちが抱えているスポーツとは関係のないクライアントのプロジェクトを手伝ってもらうケースもあるでしょう。そこで300万円ぶんの仕事をしてくれれば、差額として負担したところは実質的にゼロになる計算が成り立つ。

 それに何より、弊社はスポーツに関する領域ではコンサル業界のポールポジションにいると自負しているので、日本のスポーツ市場が拡大することの恩恵はきっと返ってくると考えています」

 ビジネス界出身の外部人材が必ずしも結果を出せるとは限らない。組織との軋轢に悩み、挫折する若者もいるかもしれない。

 それでも、NPBと12球団、Jリーグと54クラブ、その他さまざまなプロスポーツ団体のすべてに、仮に「1人」ずつ経営のプロフェッショナルが行き渡った未来を想像する時、総体としてひと回り逞しくなった姿をイメージすることはできる。

「鶏が先か、卵が先か」のジレンマで立ち止まっていた人材問題に一石を投じる試みは、日本のスポーツ界にどんな変化を起こせるだろうか。

文=日比野恭三

photograph by Getty Images


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索