トルシエ、トルクメニスタン戦を語る「日本の勝利というより相手の負け試合」

トルシエ、トルクメニスタン戦を語る「日本の勝利というより相手の負け試合」

 アジアカップが開幕した。5度目の優勝を懸けて挑む日本は、初戦トルクメニスタンと対戦、3対2の辛勝ながら勝ち点3を手にした。

 すでに予告したように、当連載『ワインとシエスタとフットボールと』では、大会期間中にイビチャ・オシムとフィリップ・トルシエのインタビューを不定期に掲載する。ロシア・ワールドカップ同様に、ふたりの元日本代表監督に主に日本の戦いぶりを語ってもらうのが狙いである。

 その第1回として、フィリップ・トルシエがトルクメニスタンを語る。日本が逆転勝ちを収めた試合をトルシエはどう見たのか。

 試合直後に話を聞いた。

思い出した、2000年のウズベキスタン戦。

――日本が勝ちましたが、大会の初戦は常に難しいのではないですか?

「そうだが、この試合は日本にとって難しい試合といえるものではなかった。今日の試合を見て、私は2000年アジアカップのウズベキスタン戦(8対1で日本の勝利)を思い出した。同じ種類の試合だと感じた。

 というのもウズベキスタンもトルクメニスタンも、どちらも選手は素晴らしい。ボールを持って攻撃したときには日本よりも優れていた。彼らは個人の力で違いを作りだせた。テクニックがあるからボールを持って攻め上がれる。

 しかしボールを持たないときに守備の強さを欠いていたしディシプリンも足りなかった。だからウズベキスタン戦と同じ気持ちになったわけだ。

 レバノンで対戦したウズベキスタンは素晴らしいチームだったが、残念ながら守備の強さがなかった。彼らには攻撃しかなく、ボールを保持したときにのみ強さを発揮した。ボールのないときには引いて守ったが、決して強固ではなかった。日本にとっては簡単な試合だったが、相手が素晴らしいチームであるのも間違いなかった。

 しかし……今日の日本が手こずったのも確かだった。初戦の固さもあり、チームはちょっと動きが鈍かった。とりわけ前半はそうで、慎重にゲームを進め過ぎた。決していいスタートではなかった」

「森保監督がチームを目覚めさせた」

――しかも先制点を奪われました。

「だから前半を終えて0対1とリードされたのも、ある意味仕方のないことでもあった。ただ、同時に日本は幸運でもあった。相手に素晴らしいゴールを決められた後、2点目が入っていても決しておかしくはなかったからだ。

 森保監督はハーフタイムに修正を施した。

 彼はチームを目覚めさせた。前半の問題は、プレーのスピードを欠いたことだった。スピードのない攻撃では、相手の守備ブロックを崩し切れない。エネルギーも不足していてリズムを作り出せなかった。

 トルクメニスタンは低い位置にブロックを形成し、日本はその前で大人しくしているだけだった。ボールを保持するだけで満足しているように見えた。

 そして日本がボールを失ったときには、トルクメニスタンは優れたテクニックでボールを運び、危険な攻撃を作り出した。

 もしもトルクメニスタンが60%の比率でボールを保持していたら、日本は試合に勝てなかっただろう。日本が勝ったのは、トルクメニスタンが守備の頑強さを欠いていたからだ。

 彼らは守備が得意ではなく、守備の文化も持ってはいないように見えた。

 攻撃力で相手を上回ることで勝利を目ざすチームだった。それが彼らの戦略でもあり、彼らはボールを持ったときにこそ優れた力を発揮する。だから60%ボールを保持していれば彼らが勝っていたし、40%の支配率では負けるのも当然だった。

 日本が勝利を得られたのは、支配率で彼らを上回ったからだ。支配率で日本が優位に立っていたから、日本にとってトルクメニスタンの攻撃はさほど危険ではなかった。日本の出来は極めて普通だったが、真剣に注意深く戦って勝ち点3を得た。着実な勝利でもあった。

 試合の終盤はちょっと不安に陥ったかも知れない。3対2ではすべてが可能であるし、何が起こるかわからないから。

 今後に向けて、トルクメニスタン戦はとても有益であったかも知れない。

 というのも監督は次の試合に選手を100%の状態に持っていけるからだ。より緊張感を高め、より厳格にプレーできるように仕向けられる。

 そういう意味では典型的な大会の初戦であったと言える。ロシア・ワールドカップのフランス対オーストラリア戦がそうだったように。まったく同じ種類の試合だった。

 この試合から何かを判断すべきではない。

 重要なのは勝利であり、勝ち点3を獲得することだったからだ。

 そして繰り返すが……私が思い出すのは2000年のウズベキスタン戦だ。相手の選手は素晴らしかったが守備の厳格さを欠いていた」

トルクメニスタンの守備は酷かった。

――その通りですが、2000年の日本代表は攻撃に関しては完成されていましたし、チームもほぼ出来あがっていました。森保監督のこのチームは立ち上げてまだ間もなく、それでも後半良くなったのは……。

「後半良くなったのは、監督が選手を覚醒させたからだ。

 どうプレーすべきかを的確に指示し、選手の精神状態を変貌させた。プレー自体を変えて、よりスピーディーによりアグレッシブになった。ロングボールも多用した。相手はより守備に専念せざるを得なかったが、それは彼らが得意とするところではなかった。

 日本の1点目も2点目も、トルクメニスタンの守備は適切ではなかった。日本にとって得点は難しくなかったはずだ。3点目まで含めて、相手の守備の弱さ・集中力の欠如が生んだ得点だったといえる。

 日本が良かったわけではない。

 トルクメニスタンの守備が酷かったというに過ぎない。

 ディシプリンを欠いていた。その理由は、トルクメニスタンは守備のチームではなく、ボールを保持したときに強さを発揮するチームであるからだ。守備に関しては見るべきものは何もない。私に言わせれば日本が勝ったというよりも、トルクメニスタンが負けた試合だった」

日本の守備は大きく崩れなかった。

――大迫が2得点しましたが、彼をどう評価しますか。

「良かったと思う。戦いでも空中戦でも彼は存在感を示した。日本はブロックへの侵入に苦慮し、クロスも効果的ではなかった。普段のようにはプレーできなかった。

 そうした中で彼は際立っていた。常に危険であり続け、ゴールもふたつ決めた。日本にとってはほぼ唯一の武器であるといえた。

 スペースを消されたうえに厳しいマークを受けながら、彼は自分の役割を果たした。もちろん最高のパフォーマンスとはいえないが、決して悪くはなかった。特に得点の場面では、力を存分に示したといえる」

――日本は次の試合以降、さらに進化していくと思いますか?

「もちろんだ。これから対戦相手も強くなっていく。力関係も変わるし、経験も必要になる。

 今日の試合で日本の守備は大きく崩れなかった。2失点は喫したが、GKもふたついいセーブをした。彼の見せ場はそれだけだった。ただ後方に退いて攻撃してこないチームを崩すのは難しい。次の相手はどこだ?」

――オマーンです。

初戦での判断は早すぎる。

「オマーンもまた1対0の勝ちを狙ってくるだろう。目的は引いて守りながら1対0で勝つことだ。眠ったふりをしながら、終盤のチャンスに賭けるだろう。

 日本は突破がかかっているから当然勝ちに行く。そのときに原口や柴崎、長友、酒井、槙野、吉田、大迫らの経験がどう生きるか――。

 チームの70%近くがワールドカップを経験している。勝てばチームが勢いづく。自信も得られる。恐らくそうしていい方に回転していくだろう」

――日本だけでなく初戦では韓国もフィリピンに苦戦し、オーストラリアはヨルダンに敗れました。ベトナムとイラクもとても拮抗した試合で、アジアサッカーの勢力図が変わりつつあるのでしょうか?

「そう言い切るのはまだ早い。大会の初戦では様々なことが可能だ。いろいろなことが起こるが、判断を下すのは今ではない。

 ベトナムはたしかにいい試合をした。しかし最終的にはイラクの経験が優った。今日も同じで、日本は決して良くはなかったが秩序は保たれた。韓国もそうだ。オーストラリアを別にすれば、いわゆる大国がすべて勝っている。オーストラリアはかつてのオーストラリアではない。他はみな優勝候補が勝利を収めた。イランも韓国も日本もサウジアラビアも。

 優勝候補にとってもグループリーグは難しい。小国のモチベーションは高く、守備的な戦いを仕掛けてくる。それを崩すのはどんな強いチームでさえ簡単ではないからだ。もちろんアジアのサッカーは進化しているが、今はまだ何も言えない。私には初戦のパフォーマンスが大きな指標になるとはまだ思えない」

――日本の今後に期待したいです。メルシー、フィリップ。

文=田村修一

photograph by AP/AFLO


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索