地方プロスポーツクラブへの投資が、地域創生の種になる理由とは?

地方プロスポーツクラブへの投資が、地域創生の種になる理由とは?

 現在、BリーグやJリーグでは地域間格差やクラブ間格差が広がっているように感じ、特にB2、J2以下の地域クラブは苦戦を強いられているケースが増えていると思います。

 しかしながら、一般的にプロスポーツクラブの価値は、勝利や好成績、タイトルを獲ることが大きな要素であり、相対評価の中で争われるリーグ戦は、必ず、順位、序列が明確になります。現在Bリーグは毎シーズン、昇格、降格がある厳しいものです。

 そうした現実の中でどうしても見失いがちになるのが、地域活性化への貢献価値を正しく評価すること。

 そういった観点からも日本全国に存在するクラブを、そのクラブが所在する地元の方々はもちろん、地元を離れ、他の地域で活躍している経営者を始めとする方々にも支援していただきたいと考えています。

弱いから、ではもったいない。

 発展途上のプロスポーツクラブの支援は、捉え方によっては無駄のように感じてしまうかもしれません。しかしながら、実は、地元にもたらすリターンを考えた場合、非常に投資効果の高いコンテンツであると言えるのです。

「うちのチームは弱いから」

「客が入っていないから」

 そう考えて支援に二の足を踏む方もいらっしゃるでしょう。以前、島田塾で地方クラブを訪れたとき、クラブが所在する地元銀行の頭取や行政の方々とお会いする機会がありましたが、「うちは弱いから支援してもしょうがないかなと思っていた」といったような声も実際に聞かれました。

 しかし、地元の支えでチームの価値が上がれば経済効果も高まります。たとえば、アウェイチームのファンが来訪し、飲食や宿泊をし、移動手段として交通機関を利用いただければ地元が潤います。クラブがあることで活気が生まれ盛り上がれば、故郷を離れていた若者が地元に戻り、過疎化進行の抑制につながるかもしれません。

 また、年配の方々が老後の楽しみを持つことで健康寿命が延伸するかもしれません。健康になれば病院に行く回数も減り、社会保障費の抑制にもつながるかもしれません。

投資対効果が高いスポーツへの投資。

 これ以外にも地元のPRや観光産業の発展などにつながることを考えれば、決して高くない投資と捉えていただけるのではないでしょうか。

 こうした試みで日本各地のクラブの価値が高まれば、リーグの価値も向上し、それをビジネスとして利活用することも可能となります。

 これはBリーグだけに限ったことではありません。プロ野球やJリーグ、Vリーグなどにもあてはまることで、クラブやリーグの価値が高まり盛り上がってくれば、そこにマネタイズする企業が出現し、ビッグマネーが入ってくる可能性も生まれるわけです。

支援=「お金」だけではない。

 昨年12月、岩手ビッグブルズのホームアリーナ会議室で、チームを応援したいというファンの方や財界、行政の方々を前に、「地域におけるプロスポーツの価値」というテーマで講演させていただきました。

 参加いただいた方々が疑問に思っていたのは、いかにチームを応援、支援できるかという点です。どうしても、クラブを支援するというと、それがイコール「お金」だと思われがちですが、決してそれだけではありません。

 例えば、チームが使用する車をリースすると1カ月で4〜5万の経費がかかります。リース会社であれば車を提供するという形で支援することもできます。不動産を所有している方であれば、空いている部屋をクラブ事務所として提供し、支援するという形もあります。

 ファンの方であれば、チケットを購入し、試合を観に来ていただくこと自体がすでにクラブの支援となっています。先ほどもお話ししたように、試合が行われればアウェイのファンも来場し、さまざまな経済効果をもたらしてくれます。

 極端な話、行政がちょっとした支援をしても、それにあまりある効果が返ってくるということなのです。

地域クラブはスタートアップ企業と同じ。

 みなさんには、最初はベンチャー企業と同じように考えていただいてもよいかもしれません。海のものとも山のものとも分からない状況のスタートアップ企業と、「うちのチームは弱くて、観客も入っていない」といった脆弱なクラブは、似たような状況です。

 スタートアップ企業も税制優遇を受けたり、ベンチャーキャピタルがついたり良いアイデアを持っていますが、事業化するだけの経験がない……といった場合も、サポートを受けることで一躍日本のトップ企業へと成長することもあります。それと同じでクラブも自分たちで育てていくのです。

 私が地域におけるプロスポーツの価値を説き、地域スポーツクラブを使って地域創生することに、なぜ、こだわるのか。

存在意義をどう表現するか。

 スポーツには当然ながら勝ち負けがあり、事業規模によって差も生まれます。ただ、勝敗だけに執着するならば、勝利至上主義の実業団時代と変わらないのではないかと考えているのです。

 かつて実業団スポーツは社員の士気高揚や自社名を積極的にPRし、狭い世界で自社をプロモートすること、社員の一致団結を目的にしていました。

 ただ、日本全国にプロスポーツクラブが点在する現在、勝利至上主義で勝敗にフィーチャーしても、優勝するのは至難の業で上位進出も数チームしかないという現実があります。そのなかでどのようにクラブの存在意義を示し、生き残っていけるのか――。

 生き残ることだけを目標にすれば、一つ間違えば地域にとって単なるお荷物になってしまいます。では、そうならないためにどうすればいいのか。長期的な地元の支援やサポートを受けるために必要なものは何なのか。

必要とされるファイナンス的思考。

 クラブの価値をあげることで経済効果へとつなげる地道な積み重ねでしょう。また、それを実現するための支援やサポートを受ける大義、地域に対する支援を勝ち得る夢の見せ方、描き方……つまり、確固たるロジックと戦略を取り入れることにほかなりません。そういった努力をしなければ、プロスポーツクラブは存在できません。

 日本を元気に、活力ある社会にするためにスポーツを利活用する上でクラブの存在は非常に重要です。ただ、利活用できるまでの価値に育てるには、構造を理解し、クラブが存在する地域の方々に“育てる意識”を持っていただき、いかに社会に対して認識させるかということが非常に重要となってきます。

 Bリーグのみならず、JリーグやVリーグ、あらゆるスポーツで、応援できるクラブが各地にあることは幸せなことです。

 まだまだ、投資対効果の高いコンテンツだと気付いている方は少ないですが、クラブ側としては、それをいかに気づかせられるかが、今後の成長のカギとなってくるでしょう。

 これまで以上にスポーツ界でもファイナンス的な発想を持つことが必要とされる時代なのです。

(構成・石井宏美/Number編集部)

文=島田慎二

photograph by CHIBA JETS FUNABASHI


関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索