森保Jの新たな挑戦を告げるリスト。13人もの入れ替えがなぜ可能に?

森保Jの新たな挑戦を告げるリスト。13人もの入れ替えがなぜ可能に?

 みなさん、こんにちは。

 サッカー日本代表の親善試合、コロンビア戦(22日、日産スタジアム)、ボリビア戦(26日、ノエビアスタジアム神戸)のメンバー23人が発表されました。南米勢との2連戦。アジアカップから1カ月半が経ち、今回の試合の位置づけは招待された6月のコパ・アメリカ(南米選手権)に向けた前哨戦となります。

 森保一監督はアジアカップからメンバーを13人も入れ替えました。その狙いについて、私なりの解釈を説明させていただきます。

 アジアカップのパフォーマンスが今ひとつだと思えた選手を入れ替えたのかと聞かれれば、そうではありません。

 外れた選手を挙げてみると、権田修一、長友佑都、吉田麻也、槙野智章、塩谷司、酒井宏樹、青山敏弘、原口元気、遠藤航、伊東純也、大迫勇也、武藤嘉紀、北川航也の13選手。多くの選手が何らかの事情を抱えています。

 まず権田と伊東はアジアカップ後に海外移籍に踏み切ったばかり。大迫、長友、遠藤、青山はケガを抱えています(またはケガからの復帰過程にある)。吉田と原口は、所属チームが残留争いに巻き込まれていて、武藤は出場機会に恵まれていない状況です。

 特に海外組はシーズン中の1月にアジアカップで約1カ月、拘束したこともあってクラブへの配慮も見え隠れします。酒井はマルセイユでバリバリ働いていますが、力量は十分に分かっているから、ということでしょう。

主要メンバーを呼ばない決断。

 非常に勇気がいる決断だったと感じます。日本代表の歴史を振り返れば「主要メンバーは継続して招集する」のが基本でした。特に近年は強化できる日程が短くなっており、たとえばアルベルト・ザッケローニもヴァイッド・ハリルホジッチも、戦い方のコンセプトを共有するメンバーを固めていきながら、新たに何人かの選手を加えてチームづくりを進めていきました。

 3月の2連戦に招集しなければ次の親善試合はコパ・アメリカ直近の6月まで待たなければなりません。つまりアジアカップ決勝から4カ月も空くことになります。

 秋にはカタールワールドカップのアジア予選もスタートします。チームづくりという観点に立てばキャプテンの吉田を筆頭に、チームをけん引している主要メンバーを呼ばないという選択肢がどれほど難しいか、お分かりいただけるのではないでしょうか。

吉田の代わりに昌子を呼んだ意味。

 日本人選手は今、海を渡って様々な国でプレーしています。イングランド、スペイン、ドイツ、トルコ……多くの選手が激しいレギュラー争いに身を置いています。

 代表活動でチームを離れて長距離移動や時差の調整を強いられると、その争いにも影響を及ぼす可能性があります。所属クラブでの成果は、代表に結びつきます。「主要メンバーは常に呼ぶ」というスタンスが、見直しの時期に来ているのは確かでした。

 今回、吉田の代わりにロシアワールドカップで評価を上げ、トゥールーズに移籍してコンスタントに出場している昌子源を招集しました。彼が吉田不在時のディフェンスリーダーを担えば、選手層は厚くなります。そうすることで選手の事情やコンディションを見極めながら、大枠のなかから招集メンバーを決めることができます。コアメンバーのローテーション化が、森保監督の狙いではないでしょうか。

コパ・アメリカの存在も要因。

 大幅な入れ替えに踏み切れたもう1つの大きな要因に、6月にブラジルで開催されるコパ・アメリカは外せません。日本は招待国として1999年以来、20年ぶりに参加します。グループリーグではチリ、ウルグアイ、エクアドルと対戦します。3位までグループリーグ突破の可能性があり、ここで決勝トーナメントに進出できれば大きな経験値を得ることになります。

 問題は、メンバー構成です。ベストメンバーで臨めればそれに越したことはありませんが、日本が所属するAFC(アジアサッカー連盟)主催の大会ではないため、選手を強制的に招集できません。クラブの許可がないと、招集できないのです。大迫のブレーメンは、既に招集拒否の意向を表明しています。こういったケースが他にも出てくることは十分に予想されます。

 選考の幅を広げておく意味もあってか、森保体制になって初めて香川真司、宇佐美貴史のロシアワールドカップ出場組が招集されました。元々、構想の大枠に入っていたと思われますが、中島翔哉、南野拓実、堂安律の台頭によって見合わせたような状態が続いていました。香川は重鎮の雰囲気こそありますが、まだ30歳。伸びしろはまだまだあるでしょう。

 香川に関しては、気になるニュースもありました。所属するベシクタシュのフィクレット・オルマン会長が来日してJFA(日本サッカー協会)を表敬訪問し、完全移籍に成功した場合はコパ・アメリカの招集要請に対して応じる姿勢を見せたことです。

鎌田招集と長友、酒井に代わるSB。

 新しいメンバーとしては、ベルギーで12得点を叩き出している22歳の鎌田大地を招集しました。今季の活躍ぶりを見ても、招集は時間の問題だと思っていました。

 そして所属するシントトロイデンは冨安健洋、遠藤も所属していて、FC東京でGMを務めた立石敬之氏がクラブのCEOを務めています。日本とのパイプが太いことを考えても、コパ・アメリカの出場を相談しやすい状況にあると言えます。

 今回、抜群の実績を誇るレスターの岡崎慎司に声を掛ける選択肢もあったはずですが、まずは鎌田の力量を見てみたいという思いが森保監督にあったように思われます。

 層が厚いとは言えないポジションにサイドバックがあります。

 長友佑都、酒井宏樹を脅かす存在が出てきていません。今回、彼らを呼ばないことで、室屋成、西大伍、佐々木翔、安西幸輝を競わせていくことにもなります。試合を通して南米勢相手にどこまでやれるのか試されます。ボランチも山口蛍や守田英正、そして小林祐希がどう絡んでいくかも注目です。

 多くの選手を競わせ、伸ばしていく。そしてコパ・アメリカのメンバーを見極めていく。アジアカップを終え、森保ジャパンの第2章が始まります。

文=二宮寿朗

photograph by Asami Enomoto/JMPA


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索