F1を変えたCVCがラグビー界に参画。赤字続きのイングランドリーグは変わる?

F1を変えたCVCがラグビー界に参画。赤字続きのイングランドリーグは変わる?

 日本ラグビーの「2019年以降」が、なかなか見えづらい。

 今年3月、日本代表強化の一環として発足したサンウルブズが2020年シーズンを最後にスーパーラグビー(国際リーグ戦)から除外されることが発表された。4月には2022年シーズンから3部制とする国内トップリーグ再編案が発表されたが、流動的な要素があまりに多い。代表活動でも、日本が参加意思を示していた新設の国際大会「ネーションズ選手権」にも、2022年の第1回大会から参加できるかどうか雲行きが怪しくなってきた。

 W杯開幕までいよいよ120日を切り、人々の興味は本大会における日本代表のパフォーマンスによりフォーカスされていくことだろう。その一方で、W杯以降の日本ラグビーについても、さらなる議論があっていいように思う。

 未来の日本ラグビーはどうあるべきか――。論点、改善点は数多挙げられるが、「世界のラグビーのいま」について見聞を広めるのも一理あるだろう。

 ここで、ロンドン在住のラグビージャーナリスト竹鼻智氏による「フットボールの母国にして世界一のラグビー大国イングランドの現状」を連載でレポートする。

 約36万人の正式登録選手(日本は約11万人)が存在するイングランドのクラブラグビーは、プレミアシップを頂点とし、地方のアマチュアリーグまで含めると11部まであるピラミッドを形成している。基本的に1部のプレミアシップと2部のチャンピオンシップの選手はフルタイムのプロ選手で、3部以下はセミプロかアマチュア選手によってチームが構成される。

 毎シーズン、各リーグの上位と下位クラブの昇降格が行われており、11部リーグの下にも無数の地域リーグやリーグに所属せず定期戦や柔軟に組まれる非公式戦のみを戦うクラブも多くあり、イングランドのクラブラグビー界は、まさに世界最大の規模を誇る。

 だが、そんな巨大なピラミッド構造の頂点に立つプレミアシップのクラブも、プロスポーツビジネスとしては健全に機能していない。

 株式会社として登記されているリーグ運営団体「プレミアシップ・ラグビー・リミテッド」の2017-18シーズンの収支は、4440万ポンド(約61億6700万円)の赤字。この額は前年度史上最高となった3000万ポンド(約42億円)の赤字を上回るもので、イングランドのプロクラブラグビーが抱える構造的な問題を、浮き彫りにしている。

クラブを圧迫するのは人件費。

 このシーズン、12クラブ中唯一の黒字会計となったエクセターは、70万ポンド(約9800万円)の利益を計上しているが、他のクラブは120万ポンド(約1億6800万円)から970万ポンド(約13億6000万円)の赤字を計上。

 こうしたクラブの赤字経営の大きな原因とされるのが選手への年俸で、2018-19シーズンにプレミアシップへの昇格を果たしたブリストル・べアーズは、前シーズン2部リーグで挙げた売上でこのシーズンを戦う選手への給料を払わなければならず、530万ポンド(約7億4300万円)の売上に対し、830万ポンド(約11億6400万円)の人件費を計上している。

 このブリストルのケースは極端な例だが、12クラブの合計を見てみると、売上2億2100万ポンド(約309億8700万円)に対し、人件費が1億4320万ポンド(約200億7800万円)と、売上の約65%が人件費に費やされている。

F1で莫大な利益を得た投資ファンド。

 こうした状況のなか、昨年12月、ルクセンブルクに本拠地を置くCVCキャピタル・パートナーズという投資ファンドが、プレミアシップ・ラグビー・リミテッドの27%の株式を2億ポンド(約280億4200万円)で購入。株主である12の所属クラブは、それぞれ1350万ポンド(約18億9200万円)を受け取り、残りの2450万ポンド(約34億3500万円)は、プレミアシップのプロモーションビジネスに特化した新会社の設立などに使われた。

 2006年から'17年にかけ、自動車レースの最高峰F1の株主でもあったCVCは、TV放映権収入のモデルを根本的に変えた実績を持つ。プロスポーツにおける大きな収入源であるこの部門の強化に、12の所属クラブは大きな期待を寄せる。

 だが、いいことばかりではない。

 例えばF1は、CVC参画当時多くの国で無料の地上波で放映されていたレースの放映権を、スカイなどの有料放送局へ売却。短期的には収入増となるが、これによりTV視聴者数が減り、自然とスポンサー企業への広告の魅力も落ち、参加チームのスポンサー収入減へと繋がった。

 さらには、アブダビやシンガポールなど、政府資金を注ぎ込んでグランプリ開催を希望する国に目をつけ、開催権料を天文学的数値にまで引き上げ、欧州で古くからグランプリを開催するサーキットを破産寸前にまで追い込んでいる。こうして、F1というスポーツが構造的に不健全な状況に置かれるなか、CVCは2017年にその株式を売却し、莫大な利益を挙げている。

大きな転換期が訪れたプロリーグ。

 CVCがF1で起こした一連の騒ぎは、当然、12のクラブのオーナーたちにもよく知られている。そもそも、赤字覚悟でプロラグビークラブを所有するオーナーの多くは、ラグビー以外のビジネスで巨万の富を築き上げたビジネスマンたちであり、CVCが何を意図してプロラグビーにその触手を伸ばしているのか、十分に理解している。それどころか、純粋な利潤目的でリーグの運営に関わる外部からの参入を歓迎しているという見方もある。

 少なくとも、裕福な個人が損失を負担することで運営されるという経済的に不健全な状態にあるリーグに、転換期が訪れることは間違いない。

転換期を迎えるイングランドラグビー。

 世界中の代表チームやプロクラブにラグビー用品を提供する『ライノ・グループ』のCEO、レジ・クラーク氏は、この一連の動きについてこう語っている。

「イングランドのプロラグビーは現在、いろいろな意味で第2フェーズを迎えようとしており、CVCの株式取得はこの転換期において非常に大きな意味を持つと言えるでしょう。これまでパトロンとも言える形でクラブを支えてきた億万長者のオーナーたちは、CVCがリーグへもたらす利益を必要としています。

 ただ、これは大きな力を持った新しいステークホルダーの登場となり、今後のイングランドラグビー界の力関係に変化をもたらすことになりえません。興味深く見守っていきたいと思います」

代表活動との関係性。

 選手を徹底的に鍛え上げる手腕で知られるエディ・ジョーンズ氏の監督就任以来、代表合宿中に負傷する選手が続出し、伝統的に利害関係が相反するこの国のクラブと代表の関係が、さらに悪化した時期があった。

 しかし、同監督はこの件について、「プレミアシップのクラブとの関係を良好に保つのは、私の大事な仕事の1つ。都合の付く限り、代表選手を輩出しているクラブを訪れ、監督やコーチ陣とのコミュニケーションをしっかりととっています」とコメントしている。

 投資ファンドの参画の受け入れという大きな決断を下したイングランドのプロラグビー。この決断は様々なステークホルダーにとって今後どのような影響を与えていくのであろうか。

文=竹鼻智

photograph by Getty Images


関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索