植田直通、コパ・アメリカ闘争宣言。「うまいだけじゃ、絶対に勝てない」

植田直通、コパ・アメリカ闘争宣言。「うまいだけじゃ、絶対に勝てない」

 眼光ギラリ、筋肉バキバキ、髪ツンツン。

 その見た目と、闘志むき出しで相手の攻撃をつぶすプレースタイルどおり。鹿島に入団したばかりの植田直通は、武骨で、寡黙で、硬派な印象だった。インタビューをしても、太く短い答えばかりが返ってくる。唯一、西野カナの歌詞の素晴らしさについて語るときのみ、饒舌だった。

 24歳になった今も、鋭いまなざし、ワイルドな髪型は変わらない。肉体はむしろ厚みを増した。ただ、取材中に発するオーラは、明らかに柔らかくなった。お気に入りのアーティストは、Little Glee Monsterになった。

「試合中のオーラまで柔らかくなっていたら、嫌ですけどね(笑)。もともと人見知りで、取材で話すのも嫌だったんです。それが、鹿島での5、6年目くらいからなくなりました。なんか、人と話すのが楽しくなったんですよね」

“なんとかなるだろ精神”。

 昨年7月、ベルギーへ渡った。初の海外移籍となれば、サッカー以外でのトラブルやハプニングも「数え切れないほど」ある。そんな日々を語る際も、本人はどこか楽しそうだ。

「あっちに行って、焦ることはなくなりました。“なんとかなるだろ精神”ですね。レストランで、頼んだメニューと違うものが出されたとしても、『しゃあないな。食べてみて美味しければ発見だ』って考える。ブルージュの街は綺麗で、人も良くて、過ごしやすいんですよ。

 だから本来はインドア派の僕も、できるだけ外に出るようにしています。鹿島時代は、やっぱり顔でバレてしまうので、スーパーで買い物中にかごの中を見られて『植田、今日の夕食はカレーか』なんて思われてたはずですけど(笑)。ベルギーでは、僕に気づく人もいませんからね」

「もっと語学を上達させたい」

 ピッチの中でも、よくしゃべっている。試合中は、よく怒鳴っている。最終ラインから、まだ不慣れな英語とフランス語を駆使して、叫ぶ。

「例えばリスクマネジメントのところ。うちのチームは攻めるときはセンターバック以外全員が前に行ってしまい、カウンターを食らって失点という場面がすごく多かった。だから、ボランチの1人は後ろに残るとか、ボールを失ったときのためのバランスだとかは、すごく言いました。

 ただ、むこうの選手はなかなか言うことを聞きませんからね。言えば反発してくるし、ミスを人のせいにする選手も多い。終盤になってようやく改善されてきましたけど、そういう選手たちに、こういう理由があるから『こうしてくれ』『こうしたほうがいい』と、細かなところまで説明できるように、もっと語学を上達させたいですね」

鹿島では負けたら誰もしゃべらない。

 今季のセルクル・ブルージュは、リーグ戦16チーム中13位で、なんとか1部に残留した。高校サッカーの名門・大津高校、Jリーグの常勝軍団・鹿島でプレーしてきた植田にとっては、新鮮な経験だった。

「押し込まれっぱなしの試合だったり、連敗が続く悔しい状況自体をあまり経験したことがなかったので、衝撃でした。この先、日本代表でもチームとして押し込まれる試合というのは、あるはず。そのときのためにも、良い経験だとポジティブに考えています」

 プロになって初めて「負け」を積み重ねる中で、試合後のチームメイトに怒りを覚えたこともある。

「負けてもヘラヘラしている選手を見たときは、本当に腹が立ちました。鹿島では、1敗でもすれば誰もしゃべらない雰囲気でしたから。彼らの頭には、チームの勝ち負けではなく、自分自身のステップアップしかない。僕はそれではダメだと思うけど、世界にはいろんな考え方の選手がいるものなんだと、痛感しました」

自宅で観戦したアジアカップ。

 今年2月1日、自宅のテレビの前で味わった悔しさと無力感は忘れられない。画面には、アジアカップ決勝で敗れ、肩を落とす日本代表選手たちが映し出されていた。

「知っている選手もたくさんいますし、代表のサポーターの1人として応援していました。ただ、やっぱり悔しかったですね。なんで自分がそこにいないんだろうという思いはありましたし、自分が日本のために何も出来ていないことがすごく悔しかった」

 悔しいときこそ、焦って何かを変えるのではなく、「自分がやってきたことを信じて、貫く」のが、植田直通の流儀だ。リーグ戦終盤からは先発を外れる試合も続いたが、下位プレーオフでは再びスタメンを奪取。4月6日のムスクロン戦では豪快なヘディングで、欧州での初ゴールも決めた。

「ここでチャンスが来たか」

 そんな彼に、吉報が届く。コパ・アメリカに臨む日本代表に招集された。

「ここでチャンスが来たか、ここで結果を残すしかないなと思いましたね。年代別代表も含めて、今までのサッカー人生でこれだけ代表から離れたことはなかったので。でも、クラブでしっかりとやり続けていれば、必ず呼ばれると信じていました。だからこそ、今回の代表にかける気持ちは強いです。

 コパ・アメリカは南米のすごいメンバーが、本気で臨んでくる。親善試合とは、気持ちが違いますから。本気のアレクシス・サンチェス(チリ)、スアレス、カバーニ(ともにウルグアイ)と闘える。最高ですよね。この経験は、絶対に大事にしないといけない。

 国際大会って、うまいだけじゃ絶対に勝てないと、僕は考えています。泥臭さであったり、強さを出すのが僕の役割。そういう選手が必要だと示したいですし、日本のみなさんも僕がバチバチ闘う姿を期待していると思います。相手が有名選手だからと言ってリスペクトしすぎることなく、ゴールを守るために何でもやりたいですね」

DF最年長としての使命感。

 日本代表のメンバーリストは、ポジション別に、年齢順に名前が記される。今回のコパ・アメリカのリストには、「DF」欄の一番上に、植田の名前がある。

「あれを見て、ちょっと悲しくなりましたよ(苦笑)。もう24歳か、もうこんなに下が入ってきたかって。鹿島に入ったころに思い描いた24歳像とは、かけ離れている。もっと早くステップアップしたいという焦りは、確かにあります。

 でも、今回のコパ・アメリカはもっと上に行くためにも、分岐点になると思います。DFでは最年長で、これまで得てきた経験を示さないといけない。自分がチームを引っ張っていかないといけないという使命感は、強く持っています」

 鋭い眼光そのままに、リーダーの自覚と“大人の余裕”を身に付けた24歳が、スアレスやサンチェスとどんなバトルを演じるか。2019年6月、ブラジルでのバチバチの闘いが、きっと飛躍へのターニングポイントになる。

文=松本宣昭(Number編集部)

photograph by Atsushi Hashimoto


関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索