福西崇史がW杯予選に求めるもの。必勝、そして久保建英の「テンポ」。

福西崇史がW杯予選に求めるもの。必勝、そして久保建英の「テンポ」。

 カタールW杯アジア予選がいよいよ始まります。予選で求めたいのは、とにかく「勝つ」こと。日本が臨む今回の2次予選は比較的楽な対戦相手が多いと見られていますが、いざ試合が始まってみると、守りを固めた相手に手こずるという展開は過去にもありました。

 自分自身もドイツ大会の1次予選で経験しましたが(※1次予選初戦オマーン戦。久保竜彦のゴールで1−0勝利)、ピッチ内で“うまくいかない状態”を選手たちが解決していくほかない。難しい展開の中でもブレることなくプレーしてほしいところです。

 そんな予選を前にしたパラグアイとの親善試合は、2−0で勝利しました。自分たちのベースをしっかりと見せてくれたし、主力メンバーがお互いのやるべきことを確認できる機会になったと感じます。

ゴールに近い位置でプレーする攻撃陣。

 試合の入りから相手の出方をうかがうのではなく、自分たちのペースに持ち込めた印象でした。先発メンバーのコンディションが良く、なおかつ森保(一)監督が就任してから主力として使われてきた選手が、それぞれの実力をしっかりと出せていた。

 チームのコンセプトである、ボールを取られてからの素早い切り替え。その守備が安定していたから、1トップの大迫(勇也)、2列目の中島(翔哉)、南野(拓実)、堂安(律)がゴールに近いポジションでボールを受けられました。

 そうすれば攻撃にスピード感が生まれてくるし、ボールをスムーズにつなげる。彼らがイメージを共有したコンビネーションを繰り出しやすい状況になりました。ボールをただ左右に動かすだけでなく、リズムを変化させて相手守備陣を崩し切るシーンが多く見受けられました。

最高だった2点目の形。

 特に2点目の形、最高でしたね。

 まずボランチの橋本(拳人)が中央やや左をドリブルで持ち運び、パラグアイの2人を引き付けて中島にパス。その中島がドリブルで中に入っていくことで、また相手の注意を引き付けて、周囲をフリーにする。

 堂安がスルーして酒井(宏樹)にボールが渡ると、最後はかく動き直し続けていた南野が酒井のラストパスをダイレクトで合わせました。

 これだけ多くの選手が絡んでいて、なおかつ左→中央→右→中央で揺さぶり続けたからこそ。もし南野がどこかのタイミングで止まってしまっていたら、このゴールはなかったでしょう。

「動くことでボールが出てくる」

 その意識を誰もが共有しているからこそ、です。言葉にすると基本的なことですよね。ただ、それを実際にピッチで表現できるかが大事なのだなと再確認した崩しでした。

プレー幅が広がった橋本拳人。

 この2点目の起点となった橋本は、この日のスタメンで唯一の国内組でした。23人中19人が海外組となった今回のメンバーの中で、攻守ともに存在感を発揮していました。

 J1で首位を走っているFC東京でレギュラーを確保している橋本は、ここにきて一気に成長しています。彼の良さはボール奪取力で、積極的に奪いにいくプレースタイルです。それとともに味方と相手の人数、橋本がマッチアップしている相手との体勢を見極めて“行きすぎない”選択ができるようになってきている。この辺りの判断力が上がったな、と同じくボランチだった自分も感じるところです。

 判断力、守備力が上がったことでプレーエリアも広がってきました。守備に自信が持ちきれないと「後ろに重たい」、つまり自陣の方に意識が向きすぎる。今の橋本にはその不安がないから、攻撃にも恐れることなく移れる。

 ダブルボランチを組む柴崎(岳)との相性もいいです。橋本が上手くバランスをとってくれるから、柴崎もより積極的に攻撃に意識を向けられる。このコンビがどうなっていくか、見ていきたいなとも思います。

久保の課題は周囲との連動性。

 後半に入って出場した久保建英についても触れましょう。

 あれだけドリブルで相手マーカーをかわし、ファールをもらって直接FKを得られるのを見れば、リズムを変える存在としてすでにチームに必要な選手となりつつあるのは明らかです。

 ただしチーム全体の攻撃として見た場合、久保と周囲の連動性はまだまだ確立していない印象があります。

 例えばカウンターの場面がそうでした。久保がボールを持っても全体として見た場合、攻撃のリズムが1、2テンポ遅れてしまい、パラグアイの守備陣が戻ってしまうケースがあった。もちろん久保は1人で局面を打開できる力を持っているので突破できるけど、これがもしW杯、本気の強豪国相手だとすると……とも感じます。

 周囲がもっと力を発揮しやすい状況を作ったり、久保自身も連係を意識する。そうすればもっと彼の能力を生かせるシーンが増えてくるのではないでしょうか。

求められるチームの総合力。

 それは久保以外の選手もそう。右サイドバックに入った冨安(健洋)やボランチの板倉(滉)といった東京五輪世代だけでなく、原口(元気)のような経験値のある選手がベンチから出てきた場合、どれだけスタメンのメンバーと変わらず、なおかつそれぞれの特徴を生かしてプレーできるか。

 最初にW杯は勝利こそが一番大事と言いましたが、勝ちながらチームとしての総合力を上げていくことも必要。ミャンマー戦はその第一歩です。

(構成/茂野聡士)

文=福西崇史

photograph by Kiichi Matsumoto


関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索