磐田は新指揮官とともに浮上するか?「降格確実」の声も、かすかな光明。

磐田は新指揮官とともに浮上するか?「降格確実」の声も、かすかな光明。

 リーグ優勝3度の名門ジュビロ磐田が、最下位低迷に追い込まれている。

 リーグ9戦を残し勝点18は、残留圏内の15位ベガルタ仙台と勝点差10。J2とのプレーオフに進出できる16位との勝点差も9と離れ、すでに一部サッカー関係者からは「降格確実」との声まで出始めている。

 振り返れば、今季は序盤から苦しい状況が続いた。

 クラブOBの名波浩監督が6シーズン目の指揮を執ってスタートしたが、低迷が続き、6月30日ホームで川崎フロンターレに完敗した後に退任。その後は、やはりOBの鈴木秀人が引き継いだが、わずか1勝しただけで1カ月半という短命政権となり、後のガンバ大阪戦は小林稔コーチが代行した。

 そして第23節を終えた8月下旬、クラブ最多となる1シーズン4人目の指揮官として就任したのが、スペイン人のフェルナンド・フベロ監督だ。

 指揮官としてパラグアイリーグで優勝経験を持つなど、これまでの実績を高く評価され、「外国人のパワーで引っ張って欲しい」(服部年宏強化本部長)と、最大ミッションとなる残留を託された。新指揮官も「選手の自信を回復させ、チームが1つになることが大事。理想のサッカーは守備とのバランスが取れた高い攻撃力を保つこと。(残留へ)自信はある」と強い口調で言い切った。

初陣は、ブーイングよりも拍手。

 監督就任から数日とわずかな準備期間で初陣を迎えたホームでのセレッソ大阪戦。白星を期待されて臨んだ一戦は、スローな出足で前半に2点を先行され、悪い流れを払拭しきれないまま悔しい黒星発進となった。

 だが、期待された勝点の上乗せこそできなかったものの、後半に見せた厚みのある攻撃に、試合後のスタンドのサポーターからはブーイングよりも拍手が上回るほど好意的な反応を引き出した。

「試合後半のプレー内容からは、間違いなくポジティブなものが得られた」とフベロ監督。今季途中から出番が減少し、4戦ぶりの出場となった元日本代表FW大久保嘉人も、「まだまだ課題は多い」と前置きしつつも、「ゴール前、ペナルティエリアの中に入って行く人数が以前よりも増えたことは間違いない。すごく良いことだし、これからも続けていけば結果も期待できる」と今後への手ごたえを口にした。

2連敗も、シュート数は増えた。

 続く第25節、ホームでのサンフレッチェ広島戦でも、よりアグレッシブな磐田が顔を覗かせた。立ち上がりから試合を優位に進め、新指揮官は「前半だけで10回以上のチャンスをつくった」とチームとしてのオフェンシブな姿勢を評価。「足りなかったのはゴールだけ」と結局無得点に終わり、後半の2失点でまたもや初白星は呼び込めなかった。

 それでも指揮官は「相手よりもチャンスを作ったし、前節(C大阪戦)よりも良い内容だった」とチームの改善状況に満足顔も見せた。

 新監督就任後の2試合で共通していたのは、相手以上の攻撃を展開したことだ。C大阪戦、広島戦ともに0−2。厳しい残留争いの中では連敗は容易に受け入れられないものの、新指揮官就任前の4試合がすべて相手よりもシュート数で下回っていたのに対し、この2試合はシュート数でともに12対9と数字では優位に立った。

 クラブ関係者も、前向きにとらえている。

「ホームで2連敗したことは皆さんに大変申し訳ないが、シュート数だけでなく試合内容でも可能性を感じさせる場面が増えたと思う。そういうご意見は、サポーターの皆さんからもいただいたし、終盤戦の反撃へのきっかけになればうれしい」

今野「よりピリピリしたムード」

 最下位にあえぐチームにそうしたアグレッシブな試合内容を可能にさせたのは、これまでよりも明らかに密度が濃くなった練習内容だろう。

 練習場には「攻守の切り替え」、「サイドチェンジ」などを激しい口調で求める指揮官と通訳の声が響き渡る。より実戦的な試合形式を交え、以前よりも長めの2時間を超える練習が連日続いている。

 今夏加入した元日本代表のMF今野泰幸は「これまでよりピリピリしたムードだし、練習時間が長く、負荷も大きく実戦的」と質の高さを感じ取っている。MF山田大記も「攻守においてやりたいことが明確になってきた。それを試合で体現できた部分もあった」と早くも新指揮官効果が表れ始めているようだ。

選手間の競争が活性化。

 新体制は選手間の競争も呼び込んだ。広島戦では補強した今野とDF秋山陽介をベンチ外とし、代わって加入3年目でこの日がリーグ戦初のフル出場となったMF針谷岳晃と、今季初出場のDF宮崎智彦を揃って先発で起用した。

 これについてフベロ監督は「1番良い選手を使っただけ」と説明。この監督の言葉に若手は「頑張ればチャンスがもらえる」と発奮し、ここまで出場機会が多かった選手でも「練習から絶対に気は抜けない」と一層気を引き締めている。

 新監督はいまだに勝利をつかんでいない。しかし、厳しい練習と熾烈なポジション争いの成果を、選手たちがアグレッシブに試合で表現し始めた。

 最下位から残り9戦での逆転残留に向け、次節アウェーでの川崎フロンターレ戦から真価が問われる戦いが始まる。

文=望月文夫

photograph by J.LEAGUE


関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索