2019年下半期、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。
プロ野球部門の第1位はこちら!(初公開日:2019年10月1日)

「ひとりドラフト」は、私が続けていた野球雑誌『野球人』の中で、毎年ドラフト直前の恒例企画として行ってきたものです。

 12球団の代表者になったつもりで、実際のチーム事情とチーム作りを考え合わせながら、実際のドラフト候補選手たちを指名して、ひとりで「ドラフト会議」を完遂してしまう。そういう企画です。

 本物のドラフト会議が終わったあとに“答え合わせ”をしてみると、何人かの選手がその通りの球団に指名されていたり、逆に「ひとりドラフト」では2位に指名した選手が指名漏れになっていたり、各球団の意向と自分の評価の違いが透けて見えて、なかなかに興味深い企画なのです。

 その結果を、今年はこの「Number Web」で披露させていただけることになりました。

 この1年間、野球の現場で取材を続け、選手側の関係者たち、プロ側のスカウトの方たちから聞き取った内容の集大成。

 12球団の指名選手たちの顔ぶれとその順位を眺めていくと、「2019ドラフト」の全容がほぼ見えてくるのではないでしょうか。

チームの現実を踏まえたリアル・フィクション。

 セ・パ両リーグの最下位球団から指名していくのですが、今年からドラフトのルールがちょっと変わって、指名スタートが今年はセ・リーグですが、来年以降は各リーグが交互に指名をスタートすることになりました。というわけで、今年はセ・リーグの最下位、ヤクルトからの指名スタートになります。

 なお、指名の対象になる選手は、ここまで(以下、すべての想定は9月25日現在)に「プロ野球志望届」が提出されている選手と、未提出でも、「プロ志望」の情報のある選手としています。

 各球団の「2019年ひとりドラフト指名選手一覧」の後には、どうしてそういう指名になったのか……という理由や背景を記しています。これもこの1年間の球団の動向と、関係者への取材に基づくものです。

「ひとりドラフト」はあくまでもフィクションですが、その内容は、極力現実を踏まえて考察した「リアル・フィクション」であるように努力しています。

 今回の「前半」は、実際の指名順に沿って4球団分をご披露します。

 さあ、ひと足早く、「2019ドラフト会議」のリアルな雰囲気を味わってください。

投手陣が崩壊したヤクルトの指名は?

〔東京ヤクルト 2019年ひとりドラフト指名選手〕
1位 投手 河野竜生(JFE西日本) 174cm81kg 左左
2位 投手 吉田大喜(日本体育大) 175cm77kg 右右
3位 投手 橋本侑樹(大阪商業大) 180cm70kg 左左
4位 投手 岡林勇希(三重・菰野高) 177cm76kg 右左
5位 投手 堀田晃(西濃運輸) 180cm83kg 右右
6位 投手 萩原僚麻(NTT西日本) 174cm78kg 右右
7位 内野 大下誠一郎(白鴎大) 175cm85kg 右右

〔総評〕
 上から6人、すべて「投手」。それもほとんどが大学・社会人の即戦力タイプ。非常にわかりやすいドラフトになった。

 今季、これでもか! というほど粉砕されたヤクルト投手陣。

 チーム防御率4.81は、抜けて12球団ワースト。6点取らなきゃ勝てない投手陣なら、もう、なりふり構わず使えそうなのがいれば、ひたすら投手で押そう……そうなってもおかしくない。就任濃厚といわれる高津新監督も投手出身。しっかりした投手陣で、計算の立つ試合運びをしたいはずだ。

 それでも、1位でいきなり「河野」は驚く人が多いだろう。

 今のチーム事情なら、高校生の佐々木朗希、奥川恭伸は涙をのんで見送ろう。即戦力だったら、明治大・森下暢仁だって将来「エース」の器だ。

 しかしここまで投手陣が崩壊すると、即戦力をとり逃がすことはできない。指名重複せず、抽選にならず、確実に獲れて即戦力。その条件を満たすのが、河野だった。

 ある程度スピードがあり、カウントをとれる変化球があり、試合が作れる投手。1位から3位まではその線で選んだ。ネームバリューはないが、実力で選んだ投手3人。活躍すれば、人気はあとからいくらでもついてくる。

 堀田晃と萩原僚麻は、“後ろの3人”として使える。都市対抗の大舞台で、先発時とはひと味違う瞬発力を確認している。

 岡林勇希は将来性を買って。なにせ「岡林」なら、ヤクルトだろう。

 大型ではないが運動神経抜群で、150キロも出しながら、打者として巨人・坂本勇人ばりのリストワークで140m級も飛ばす大下誠一郎は、長打力と親分肌のリーダーシップを期待だ。

 畠山和洋が引退し、新しい“親分肌”の誕生ってことになってくれたら……勝負根性も一級品。「畠山二世」が生まれるかもしれない。

懸案の捕手を取りたいオリックス。

〔オリックス 2019年ひとりドラフト指名選手〕
1位 投手 森下暢仁(明治大) 180cm75kg 右右
2位 捕手 佐藤都志也(東洋大) 181cm83kg 右左
3位 投手 大西広樹(大阪商業大) 176cm80kg 右右
4位 投手 松本凌人(神戸国際大附高) 183cm85kg 右右
5位 外野 佐藤竜彦(ホンダ) 182cm82kg 右右
6位 投手 熊谷拓也(NTT東日本) 180cm85kg 右右

〔総評〕
 パ・リーグ最下位とはいえ、先の楽しみを多く含んだ球団だ。

 2年目二塁手・福田周平の30盗塁をはじめ、大城滉二、宗佑磨、中川圭太……10盗塁前後をマークする選手が5、6人いて「チーム盗塁数120」は西武の134盗塁に迫る12球団で2位。

 走れる魅力に加えて、あまり知られていないが、オリックスの若手投手たちには常時150キロ前後を期待できそうな快腕が何人もいる。

 すでに活躍している3年目の山本由伸をはじめ、榊原翼(3年目)、張奕(3年目)、本田仁海(2年目)、漆原大晟(1年目)……。あともうひと息で殻を破れる、そんな孵化寸前の成長株がファームで何人も控えている。

 そこに「兄貴分」的な存在が加わったら、お互いの相乗効果が生まれないだろうか。そう考えた。アマチュアの第一線で長くエース格を務めた者の経験値は間違いなく高い。たとえば、ピンチでの処し方、調子イマイチの日の投げ方。アマチュアのエースたちが有する“知恵”は貴い。

 そこで、森下暢仁でいった。奥川恭伸と最後まで迷ったが、今季完全に一皮むけた事実を買った。広島、西武と1位でかち合ったが、抽選で引き当てた(抽選もひとりで厳正に行っている)。今のオリックスには、森下のほうだ。

 3位・大西広樹、6位・熊谷拓也も、指名の理由は変わらない。共に大学、社会人の第一線で実戦力を見せつけてきた投手たちだ。

 楽しみの大きい投手陣に比べて、バッテリーを組む捕手陣の層が相変わらず薄い。そこに、佐藤都志也が獲れたのは大きい。今季は若月健矢が奮闘したが、格好の競争相手になるはずだ。

 俊足の佐藤はシュアな打を生かして外野手の可能性も兼備しているが、ここはハラを決めて、次期レギュラーマスクを目指してほしい。

 地元・神戸の松本凌人は、サイドハンドの剛腕。器用に変化球を操り、出し入れの利くコントロールが意外性。今夏、正念場の都市対抗予選で安定した勝負強さと長打力を発揮した5位・佐藤竜彦は、以前、オリックスの打撃コーチを務めた真一氏の息子さんでもある。

中日はリリーフと右の強打者。

〔中日ドラゴンズ 2019年ひとりドラフト指名選手〕
外れ 投手 奥川恭伸(星稜高) 183cm84kg 右右
1位 投手 立野和明(東海理化) 181cm80kg 右右 21歳
2位 外野 中村健人(慶應義塾大) 183cm88kg 右右
3位 投手 玉村昇悟(丹生高) 178cm77kg 左左
4位 捕手 山瀬慎之助(星稜高) 177cm85kg 右右
5位 投手 西田光汰(JR東日本) 178cm82kg 右右 21歳
6位 遊撃 武岡龍世(八戸学院光星高) 178cm77kg 右左 
7位 投手 小川一平(東海大九州) 183cm77kg 右右
8位 投手 片塩響介(中部大) 182cm83kg 右右

〔総評〕
 奥川恭伸はなんとしても欲しかった。

 地元に現われた10年に一度の逸材。もちろん、「エース」の器という評価だった。千葉ロッテ、DeNA、巨人が手を挙げてきた。4球団ぐらいは想定内だったが、いざ外してみると喪失感がとても大きい。あらためて、「大器」であることを実感した。

 今季の中日は、投手陣の出入りが激しかった。

 田島慎二、又吉克樹、佐藤優……踏ん張ってきたリリーフ陣に「勤続疲労」が見えてきて、そこを左腕・福敬登、右腕・藤嶋健人が“肩代わり”して頑張った。先発に、待望の3年目・柳裕也が台頭し、2年目の熱血右腕・山本拓実の奮投も見逃せない。しかしプラスマイナスは、まだ「マイナス」だろう。

 奥川を外した後の1位は、やはり地元・東海理化の立野で勝負だ。まだ21歳、社会人での実戦経験もほぼ今年1年のみ。キャリアは浅いが、145キロ前後の快速球とフォークの本格派の素材だ。

 むしろすぐ使えるのは、同じ21歳でも5位・西田のほうだろう。勝負度胸とタテのスライダー、フォークの鋭さとコントロールで三振が奪える。短いイニングなら、すぐ役に立てる。

 右打ちの強打者は、いる時に補強しておきたい。

 今年は、俊足・強肩と三拍子そろった選手がいる。そこで、2位の中村だ。実力で平田良介を抜きうる逸材と見ている。

 山瀬、武岡は「ジャパン」の選手だし、玉村だって実力は十分ジャパンだ。山瀬が4位まで残っていてくれたから余計に、そこに「奥川」がいてくれたら……まあ、これがドラフトというものだ。

 小川、片塩の2人も、大学生でも、投手としてはこれからの可能性を楽しみに獲った。150キロを期待できるパワーと、大学で肩を酷使していない“上がり目”を評して指名した選手たちだ。

日本ハムは北海道枠もきっちり確保して。

〔日本ハムファイターズ 2019年ひとりドラフト指名選手〕
外れ 投手 佐々木朗希(大船渡高) 190cm86kg 右右
1位 投手 宮城大弥(興南高) 172cm78kg 左左
2位 投手 前佑囲斗(津田学園高) 183cm85kg 右右
3位 投手 岡野祐一郎(東芝) 180cm84kg 右右 25歳
4位 投手 杉山晃基(創価大) 180cm78kg 右右
5位 遊撃 韮澤雄也(花咲徳栄高) 177cm80kg 右左
6位 捕手 持丸泰輝(旭川大高) 178cm82kg 右左
7位 遊撃 岡部祐太(東芝) 176cm73kg 右左 25歳

〔総評〕
 楽天、ソフトバンク、そして日本ハム。

 佐々木朗希に手を挙げた球団は、意外と少なかった。

 早くから「佐々木朗希」と公表していただけに、日本ハムとしてはチャンスだと思ったのだが……。左腕の絶対数が足りない現状から、宮城が手当できてホッとひと息。「奥川恭伸」とどこが違うの? というレベルで評価していた前が、2位で獲れるのは大きい。

 夏場は優勝争いを展開していたのが、そこからズルズルッと、一時は最下位もチラチラするほどまで転落したのは、文字通り故障が痛かった。

 中でも、ここまで15勝の有原航平と2本柱で奮闘していた上沢直之の左ヒザ骨折。これが痛かった。

 だから、すぐ使える投手も手を打った。岡野、杉山は2位までに消えてもしょうがないぐらいの実力者たち。間違いなく、投手陣の層を厚くしてくれる投手たちだ。

 遊撃手も2枚。快足と柔軟なフィールディングの岡部の「守備・走塁」はすぐに使える。25歳でも20歳のようなプレーができる無類の元気者だ。

 ジャパン経験者の韮澤は、もちろん将来のショートのレギュラー候補。去年指名された野村佑希と三遊間の「花咲徳栄コンビ」なら文句なし。

 持丸には野球の実力と同様、この世代のリーダー格になれるパーソナリティを期待する。

「こんなしっかり者、見たことない」

 辛口で鳴る旭川大高・端場監督がそう感心するだけの人格者。たまたま偶然だが、7位・岡部は旭川大高の7年先輩にあたる。

 今年は、「北海道枠」も、しっかり抑えられた。

文=安倍昌彦

photograph by Hideki Sugiyama