世界ランキング1位に昇りつめた桃田賢斗をはじめ、世界でも有数の強国となったバドミントン日本男子。成績、注目度で女子に後れをとったものの、今では数々の大会で好成績を残している。

 今日を予感させる出来事があった。

 6年前、2014年5月に開催された国際大会「トマス杯」での優勝だ。バドミントン男子の団体世界一決定戦であるこの大会で、日本が頂点に立ったのは、史上初めてのことだった。

 予兆はあった。1967年、1979年に3位になったあと、上位進出を阻まれてきた日本は、2010、2012年と2大会続けて3位、地力の向上を示していた。

優勝の行方は上田に委ねられた。

 迎えた2014年はインド・ニューデリーで5月18日に開幕した。

 日本代表はシングルスの要員として田児賢一、上田拓馬、佐々木翔、桃田。ダブルスに早川賢一・遠藤大由、平田典靖・橋本博且、園田啓悟・嘉村健士。

 3試合先取で勝利が決まる団体戦。1次リーグを首位で決勝トーナメントに進んだ日本は1回戦のフランスに3−1で勝利し、準決勝で中国と対戦する。5連覇中にあった優勝候補筆頭の強敵だ。

 だが日本は、田児がストレート勝ちをおさめると、早川・遠藤組も勝利。続く桃田も勝ち、3−0のストレートで初の決勝進出を決める。

 優勝をかけて迎えたのはマレーシアだった。

 決勝は5月25日。初戦で田児が世界ランキング1位の対戦相手に敗れたあと、 早川・遠藤組、桃田が勝利し、王手をかける。

 ただ、マレーシアも引き下がらない。続く園田・嘉村組は敗れ、2−2のタイに。優勝の行方は上田に委ねられた。

「バドミントンはメジャーなスポーツではないので」

 勝負は拮抗した。第1ゲームを先取したものの第2ゲームは逆転で失い、ファイナルゲームへ。互いに点を取り合いながら推移する。それでも上田が差をつけ、21−17で勝利。大の字に倒れ込んだ上田に選手たちが折り重なった。

 28回目を数える歴史ある大会での初優勝の瞬間だった。

 帰国時に到着した空港には、多くの取材陣がつめかけた。

 主将を務めた早川は、驚きを隠さなかった。

「こういう場面に出会えるとは」

 驚きの理由は、次の言葉にあった。

「バドミントンはメジャーなスポーツではないので」

2004年アテネ五輪、願いは跳ね返された。

 今日では、男女各選手、ペアの活躍もあって、ニュースとなる機会も多い。

 以前はそうではなかった。

 競技人口は多くても、決して注目度が高いとは言えなかった。選手や関係者が「メジャーなスポーツではない」という実感を抱いていた。

 状況を変えるには、オリンピックで好成績を残すしかない。

 そんな願いとともに挑んだのは、2004年のアテネ五輪だ。だが、願いは跳ね返された。

 男女合わせてシングルス5名、ミックスも含めダブルス4組が出場し、女子シングルスで1人が初戦を突破して2回戦に進んだのが唯一の勝利に終わったのだ。

 その後、大きな変化を自ら成し遂げていった。

 ナショナルチームのヘッドコーチに、韓国の名選手であった朴柱奉氏を招き、強化のテコ入れを図った。

 小中学生の年代から全国的な組織を整え、育成に注力した。

女子の活躍が先行したが、男子も奮起。

 また、「オグシオ」こと小椋久美子、潮田玲子が人気を集めるようになると、協会もポスターの展開など積極的に後押しをした。

 そうして得た資金を海外遠征をはじめ強化費として用いることで、少しずつ成績を伸ばしていった。

 2008年の北京五輪では、女子ダブルスで末綱聡子、前田美順が準決勝に進出、メダルまであと一歩の4位となる。

 2012年のロンドン五輪で、藤井瑞希、垣岩令佳組がついに銀メダルを獲得する。

 ここまでは、女子の活躍が先行していたが、それに遅れまいと男子も奮起。

 その成果が、トマス杯の優勝だった。

バドミントンの地位の向上も進んだ。

「自分たちもやれる」と、ここで得られた手ごたえも糧にしつつ、紆余曲折はあったが桃田は世界のトッププレイヤーとなった。

 早川・遠藤組は2015年の世界選手権3位、2016年のリオデジャネイロ五輪5位入賞など活躍。遠藤は早川の引退後は渡辺勇大と組み、今年3月の全英オープンで男子ダブルスでは日本初の優勝を遂げた。

 男女シングルス、ダブルス、ミックスダブルスすべての種目で、日本は上昇曲線を描き、世界のトップレベルにある今日、念願としてきたバドミントンの地位の向上も進んだ。

 そうしたバドミントンにおける世界の強豪となり、関心を高めたのは、男子の活躍もあってこそ。

 現在の視点から見ても、大きな意味のあるトマス杯の優勝だった。

文=松原孝臣

photograph by REUTERS/AFLO