八戸学院大の「投」の二本柱は右腕・大道温貴に左腕・中道佑哉。

 よく似た名前の2人の快腕の1人、今回は中道佑哉投手(180cm70kg・左投左打・八戸学院野辺地西高)から始めよう。

「MAX142〜3、アベレージでも135キロ前後。スライダーが2種類あって、ツーシームなんですかねぇ……右打者の外にスッと沈むのが、速いのと遅いの。それだけ持ってて、しかも“左”なんですよ。それでも、まだ自分に自信を持ちきれない。大道と比べてしまうのか、トレーニングやってもなかなか肉がつかない自分…中道自身が思い描いている自分のイメージにまだ届いてないんでしょうね、きっと」

正村公弘監督がじれったそうに語る。

大学入学前からの信頼関係。

 八戸学院大の付属の八戸学院光星、さらにその姉妹校の「八戸学院野辺地西高」の出身。その3年時に、ボコボコに打たれた練習試合を正村監督に見てもらって、野球のイロハを教わった。

「こっちが何か言っても、反応は薄いし、ウンでもなければスンでもない。それが半年経って、夏の練習会に来たら、フォームもよくなってるし、受け答えもハキハキして、前とぜんぜん違ってる。『何かあったの?』って訊いたら、教わったこと、そのままやってたら、こうなりました。だって(笑)」

 入学前から、導く者と教わる者の間に信頼関係があった。

「フォームでいえば、ちょっとアーム式みたいな腕の上がりが嫌だったんですけど、彼、肩甲骨の可動域がやたら広いんですよ。だから、リリースの時は全体のバランスがピタッと間に合っちゃう。だから、そのままにしといたんですけど、それがよかったのかもしれませんね」

左腕の条件が4つ揃っている。

 インステップ気味に踏み込んできて、テークバックが豪快。バッターから見て、こんなに打ちにくくて嫌なタイプもいないと思う。

「左バッター出身のスカウトの方なんかは、同じこと言いますね。あのフォームだと踏み込めないって。左腕ですから、まあすごいに越したことはないですけど、すごくなくても、打ちにくいとか、嫌らしいとか、リリースが見にくいとか、タイミングが難しいとか……そういう要素でも活路はありますからね。考えてみるとその4つ、全部持ってると思いませんか、中道って」

 昨年の春、八戸学院大は、北東北大学リーグを制して「全日本大学選手権」に進んだ。そのリーグ戦でチーム9勝のうち、5勝負けなしだったのがこの中道投手だ。

「中道だって、着実にステップアップしてる。そこは、僕も認めてるんです。この春、秋までのキャッチャーが打つほうがはっきりしなくて、バッティングの効く別のキャッチャーにマスクかぶらそうと思ったんです。そうしたら、『自分たちが0点に抑えて勝ちますから、代えないでください』って言ってきたんですよ。

 そうじゃないだろ、チーム全体の勝利を考えたらわかるだろ……って言って聞かせたんですけど、そこまで強いこと言えるようになったっていうのも、ある意味、成長なのかなぁって」

細い体は伸びしろでもある。

 左バッターにとって攻略困難なタイプなのは間違いない。あとは、そのふところにきめられるコントロール。その技術を獲得できるかどうか。

「あの細い体をマイナスポイントに考えてる球団もあると思うんですけど、逆に、あの体でこれだけのボールが放れてることに注目してくれるスカウトもいるはずだと思ってましてね。プロのメシとトレーニングで体が出来てきたら、いったいどんなボールを投げるんだろう……そういう想像力を持った球団があってほしい。きっとある! と期待してるんです」

東日本国際大の破壊力がある左投手。

 2年前の「全日本大学野球選手権」、富士大に佐々木健(現・NTT東日本)という左腕がいて、そのイキのいい投球がとても印象的だった。

 同じ大会で同じ東北の東日本国際大に、同じ左腕で同じ「佐々木」。その力感で、どうしてこんなに破壊力のあるボールが……キラリと才能が光る投手がいた。

 佐々木大輔(投手・172cm75kg・左左・山村学園高)、準々決勝の慶應義塾大戦のリリーフで、アウト4つのうち3三振を奪った投球はさらにイキがよく、余計に強烈な印象として残っている。

「去年の選手権は佐々木が背中を痛めていて初戦敗退でしたから、そのあと時間をかけて、半身の時間を長く作れて、腕を振る直前に体の左右を一気に切り換える本来のフォームに戻したんです。それだけに、今年は腕の見せ所だと期待してたんですが……右の蒔田(達広・183cm80kg・右右・小高工高)も一本立ちして、チームとしても“全国”で戦える年だったんですけどね」

 春のリーグ戦が中止になって、仁藤雅之監督が悔しさの塊になっている。

監督は「待つのも仕事」と笑う。

 20代で監督に就いて14年目、全国大会の常連にまでチーム力を引き上げてきた。

「全体練習の1時間も前からグラウンドに来て、自分で走り込んで、筋トレやって、全体が終わった後も、また1人で走ってトレーニングやって…歴代でNo.1でしょうね、佐々木の練習熱心と取り組みの真剣さは。とにかく、見たことないぐらいの負けず嫌いで」

 なかばあきれるように、仁藤監督が教えてくれた。

「それだけ、努力してるって自負も強いんでしょうね。ちょっと完璧を求めすぎるようなところがあって、こっちから見てると十分好投してるのに、自分が満足しないとカッカして自分で自分を崩してしまうような……。

 いい悪いじゃなくて、まだ野球が幼いんでしょうね。調子がよくないこともあるんですから、そうならそうと現実を受け入れて、緩急で打ち損じを誘ったり、それなりの投球をできるようになれば」

 そういうながらも、佐々木の若さも「伸びしろ」だと思って楽しみにしているという。

 仁藤監督は「待つのも仕事」だと笑う。

「自信を持ってプロに送り出せる学生」

「いちばんの魅力は、やっぱりあのストレートですね。いい時は、ブルペンで捕手の後ろから見ていても怖いぐらい。体は決して大きくないんですけど、体全体を使って、リリースの一瞬に全身の力を瞬発させる感覚を持ってますね。そうでなきゃ、あれだけゆったりと軽く投げているようで、びっくりするほどビューン! と来るようなストレートは投げられない。

 アベレージ140キロ前半でも、打者が150キロに振り遅れたみたいな空振りで三振しますから、相当速く感じてるんでしょう」

 以前はバラつき気味だった球筋も、すっかり安定してきたという。

「チェンジアップ、スライダーにカーブ……それにカットですか。どのボールでもカウントがとれるようになって、ワンランク上がったと思います。もともとマウンド度胸とか向かっていく勝負根性は十分あります。

 私としては、自信を持ってプロに送り出せる学生なんですが、それだけに実戦で証明できる場がね……早く野球がしたいですね」

野手にもソフトバンク上林クラスの素質が。

 仁藤監督が今季にかける思いには、打線にも確信を持てる主軸が育ってきた手応えも影響している。

 齋田海斗中堅手(180cm77kg・右左・仙台育英高)は2年時からクリーンアップに抜擢されていた。

「高校時代から走攻守の能力バランスのとれた選手でね、肩も強いし、足も速い。盗塁、走塁のカンもよくて、体ができてきたら先輩の上林誠知(ソフトバンク)クラスになってもおかしくない……それぐらいの素質を感じてました」

 当時60キロちょっとだった細身の体も、すでに15キロほどスケールアップ。芯で捉えればスタンドインの“怖さ”も備えてきたという。

「ウチは代々、なりふり構わず泥くさく……みたいな選手が多いんですが、齋田は珍しく、スマートに野球をするタイプじゃないかと思います。頭のいい子なんで、練習方法にしても、その必要性とか合理性に納得して取り組みたいんですね。

 そうやって目標設定したら、とことん努力する。何がなんでもプロで活躍するっていう強烈な思いを持ってるヤツです」

ファールの方向がプロ仕様。

 バッティングに関しては全国クラスに達しているはず、それが仁藤監督の見立てである。

「ボールを自分の近くまで呼び込んで、自分のゾーンで待ち構えられる。だから、誘い球やボール球を追いかけてやられることがない。ボールの見極めも確かですし、対応力っていうんですか、投手のタイプを問わないし変化球も苦にしない。

 ファールがね、ほとんど左方向なんですよ。ボールを長く見られてる証拠ですよね、プロ仕様になってきたと思います」

 いつも控えめなもの言いの仁藤監督だけに、説得力のある“力こぶ”に聞こえていた。

 ドラフト指名ボーダーライン上の大学生選手を監督にプレゼンしてもらう度も次回は、関東に移る。

 昨年暮れの「大学ジャパン候補合宿」(松山坊ちゃんスタジアム)にもエントリーされた投手1人に、野手が2人だ。

文=安倍昌彦

photograph by Hachinohe Gakuin University