日本のオリンピックの歴史は大学抜きには考えられない。戦前のアマチュアリズムの時代から企業スポーツ隆盛の時代へと移ってもなお、両者の親和性は極めて高い。
 なかでも、近年大学生オリンピアンを多く輩出しているのが、早稲田大学である。日本大学と日本体育大学の2強にいかにして、加わっていったのか――。その歴史を振り返る。
※本稿は、小林哲夫著『大学とオリンピック1912-2020』(中公新書ラクレ)の一部を抜粋したものです。

 2012年ロンドン大会。サッカー女子の岩渕真奈(駒沢女子大)は11年サッカーワールドカップ大会優勝の最年少メンバーだった。水泳で銅メダルを獲得した星奈津美(早稲田大)は高校時代に北京大会に出場しており、その実績が評価されて、早稲田大のトップアスリート入試(世界大会出場レベルを選考)を受けて入学している。同入試について、早稲田大はこう説明する。

「この入試制度は、スポーツ科学に強い関心を持ち、在学中あるいは卒業後にトップレベルの競技スポーツ選手として、国際大会で活躍し得る者の入学を期待しています。そのため、出願資格は出願時点でオリンピックや世界選手権などの国際的レベルの競技大会への出場経験またはそれに相当するレベルの競技能力を有することとしています」(同大学ウェブサイト)

 早稲田大関係者のオリンピック代表について、トップアスリート入試導入の前後を見ると、2000年8人、04年8人、08年14人、12年9人、16年17人となっており、成果が示されたと言っていい。1936年ベルリン大会の47人、64年東京大会の43人には遠く及ばないが、1980年代以降、日本大、日本体育大の二強に優れた高校生が入学する現状が長く続いたことを考えると、なかなかの善戦ぶりだ。

2007年には福原愛が早稲田大学に入学

 卓球代表の福原愛も2007年に早稲田大のトップアスリート入試で入学している。青森山田高校時代、04年アテネ大会に出場し、十分に世界レベルだった。彼女は08年北京大会の代表となったが、メダルには届かなかった。福原はそれから、09年4月で早稲田大学卓球部の活動をやめ、物流会社サンリツ卓球部に所属して日本リーグに参戦し、さらに海外で行われるITTFプロツアー、中国のスーパーリーグに戦いの場を求めた。より高いレベルで実戦を繰り返し、スキルを磨きたかったからだ。これでは早稲田大に通うことはできない。10年3月、福原愛は早稲田大を退学した。

 その後、福原は2012年ロンドン大会、16年リオデジャネイロ大会の代表となり16年では念願のメダルを獲得している。ところが、この2つの大会で、福原の出身校は早稲田大ではなく、青森山田高校となっている。08年は早稲田大である(JOCの選手団名簿記載)。早稲田大の「夏季オリンピック早稲田大学関係出場者」には08年にのみ掲載されており、12年と16年は早稲田OGのオリンピック代表として福原愛の名前は載っていない(同大学ウェブサイト)。中退のオリンピック選手は早稲田大学関係出場者には含まれない、という大学の考え方であろう。早稲田といえば中退が売りになった時代はあるが、オリンピックでは通用しないということらしい。

 2016年リオデジャネイロ大会では大学生金メダリストが6人も誕生した。萩野公介(東洋大)、レスリングの登坂絵莉と川井梨紗子と土性沙羅(以上、至学館大。10年に中京女子大から改称)、体操の白井健三(日本体育大)、柔道のベイカー茉秋(東海大)である。陸上男子4×100メートルリレーで銀メダルメンバーの桐生祥秀(東洋大)は、17年、日本で最初に100メートル10秒の壁を破った。大学在学中のことである。

永遠のライバル・慶應義塾大学は……

 学生のオリンピック代表が年々、減少傾向にあるなか、この大会では慶應大環境情報学部が「健闘」している。セーリングの土居愛実は同学部4年で、12年大会に続き2度目の出場となった。大学体育会ヨット部には所属していない。大会前に、大学新聞が土居の様子をこう伝えている。

「メンタルの面はあまり心配していないそうだ。『ルーティーンの確立ができていれば、本番でも崩れることはない。緊張はするが、自分の対処法は持っている』と芯の強さを見せた。五輪への準備の傍ら、学業にも手を抜かない土居選手。基本的に海外合宿でレースの経験を積むため、日本での滞在期間は短く、大学にはあまり行けていないが、トレーニングの合間を縫って研究を進めている。土居さんの研究テーマは、『競技艇の再利用と環境問題』で、五輪直前のこの時期も、卒業プロジェクトに日々取り組む努力家だ」(『慶應塾生新聞』2016年7月10日)

 土居は2020年東京大会に代表が内定している。

 トランポリンの棟朝銀河も環境情報学部3年で、体育会器械体操部で活躍している。棟朝は高校2年で難度点の日本記録を保持しており、慶應大に入ってからその記録を更新した。結果は4位入賞である。大会後にこう話す。

「全10個ある技のうち、1つ目と7つ目に乱れがあったものの全て跳び切った。自身の点数を目にした棟朝選手は、メダルには絡まないだろうと思ったというが、初出場の五輪で4位に入り込む結果を残した。『最高の演技ではなかった』と悔しさを口にした棟朝選手。一方で、自らの実力や改善点を把握できた試合となったとも話す」(『慶應塾生新聞』2016年9月24日)

【ランキング】歴代のオリンピック代表の出身大学は?

 歴代のオリンピック代表の出身大学別ランキング(在校生を含む) を見ると、大学がスポーツに力を入れてきた歴史がわかる。戦前は東京帝国大、東京高等師範学校、東京商科大などエリート学生も少なくなかったが、戦後は私立大学が台頭する。〈1912年から2016年まで大会別ランキングを全部見る(https://number.bunshun.jp/articles/photo/845349)〉

 1960年ローマ大会の中央大は陸上、水泳、レスリング、ボクシングで圧倒的な強さを示す。1964年東京大会では日本大、早稲田大が1位を分け合った。日本大は水泳代表として12人を送り出している。2024年パリ大会を目指す池江璃花子が日本大に入学したのは、同大学水泳部の伝統に惹かれてのことかもしれない。

 1976年モントリオール大会からは日本大と日本体育大が競い合う。最近ではこの2校に早稲田大が加わったのは、前述したように、同大学でトップアスリート入試を導入したことが大きい。

 大学生オリンピアンはまだまだ不滅だ。

合わせて読みたい
【工学部が設計・医学部が選手の体調管理……なぜ「ボート競技」は“エリート校”が強いのか(https://number.bunshun.jp/articles/-/845332)】

文=小林哲夫

photograph by Takuya Sugiyama