GI馬8頭の豪華競演となった第37回マイルチャンピオンシップ(11月22日、阪神芝外回り1600m、3歳以上GI)で、クリストフ・ルメールが騎乗した1番人気のグランアレグリア(牝4歳、父ディープインパクト、美浦・藤沢和雄厩舎)が優勝。GI3連勝で、史上8頭目となる同一年春秋マイルGI制覇(安田記念、マイルチャンピオンシップ)を達成した。

 圧勝だったが、楽なレースではなかった。

 内目の4番枠から出たグランアレグリアは、速いスタートを切って楽に好位5番手につけたところまではよかったが、すぐ外に、対戦成績3戦2敗と分が悪いアドマイヤマーズがいた。

ルメールが馬をリラックスさせた

 どんなに強い牝馬でも、近くにいる牡馬に終始プレッシャーをかけられる形になると消耗してしまう。それを避けるように、ルメールは、3コーナーを回りながら少しだけグランアレグリアを下げ、アドマイヤマーズを真横ではなく、左斜め前に見る位置に移動して半マイルを通過した。

「すごくいいスタートで、いいポジションだった。すぐに落ち着いたし、ずっとリラックスして、冷静に走ることができました」

 ルメールはそう話したが、彼が馬をリラックスさせたと言える。

 しかし、せっかく難敵から距離を取ったのに、今度は福永祐一のインディチャンプが外を塞ぐように並びかけてきた。グランアレグリアは他馬に囲まれ、自由には動けないまま4コーナーを回ることになった。

「高速(道路)で渋滞しました。ほかのジョッキーは1番人気の馬をマークする。でも、それも競馬」とルメール。

 外をインディチャンプにブロックされたまま4コーナーを回ったが、直線入口で手応えのよかったインディチャンプはグランアレグリアから離れ、馬場の真ん中に持ち出してスパートの態勢に入った。

グランアレグリアが見せつけた凄まじい末脚

 それでも、グランアレグリアの目の前にはアドマイヤマーズがいた。その外にはインディチャンプがいて、壁となって前を塞ぐ形になっている。

「いいタイミングで外に出せなかったけど、我慢しました」

 そう話したルメールはまず内を突こうとしたが、前のアドマイヤマーズが内にモタれたので、すぐさま外へと進路を切り替えた。

 ようやく前方がクリアになったが、もうラスト200mを切っていた。はたしてここから差し切れるのか。ルメールは言う。

「グランアレグリアは瞬発力があるので、スペースができてからすごくいい脚を使ってくれました。直線ではちょっとだけ心配しましたが、最後は強さを見せてくれました」

 前のインディチャンプも伸びていただけにどうかと思われたが、そこからグランアレグリアは凄まじい末脚を繰り出した。

 インディチャンプの外に並びかけたと思ったら、相手に抵抗する間も与えず抜き去り、3/4馬身差をつけてフィニッシュ。1分32秒0の勝ちタイムで、今年GI3勝目、通算4勝目をマークした。

着差は僅かだが、力の差は圧倒的

 マイルGIとスプリントGIの2階級制覇につづき、今度は春秋マイルGI制覇。今年制した3つのGIは、すべて圧勝だった。安田記念の2馬身半差、スプリンターズステークスの2馬身差に比べると、今回の着差は僅かだったが、見せつけた力の差という意味ではほかの2戦と同等かそれ以上だったと言えよう。

 牝馬によるマイルチャンピオンシップ制覇は、2008年のブルーメンブラット以来12年ぶり6頭目。安田記念とマイルチャンピオンシップの両方を勝ったのは史上12頭目で、同一年での制覇は前述したように8頭目である。

ルメールは今年のGI7勝目、そして牝馬の時代はつづく

 手綱をとったルメールは、天皇賞・秋(アーモンドアイ)、エリザベス女王杯(ラッ
キーライラック)につづくJRA・GI騎乗機会3連勝で、今年のGI7勝目を挙げた。自身が18年に記録した年間GI最多勝記録の8勝まであとひとつと迫った。意外にも、マイルチャンピオンシップはこれが初制覇だった。

「馬が大人になって、落ち着いた。だから乗りやすくなったし、パワーを全部発揮できる。メチャ強い。まだ4歳なので、来年が楽しみです」

 ルメールはそう話した。そして、管理する藤沢和雄調教師はもう少し距離を延ばしていく意向を示した。

 この勝利により、牝馬による牡馬相手のGI年間勝利数が「7」となり、1984年のグレード制導入以降の最多記録をさらに更新した。

 アーモンドアイは今週のジャパンカップで引退してしまうが、牝馬の時代はまだまだつづきそうだ。

文=島田明宏

photograph by Kyodo News