異例の人事と言ってもいいだろう。

 巨人が1月12日にOBで解説者の桑田真澄さんの一軍投手チーフコーチ補佐への就任を発表した。

 普通ならば昨シーズン終了後に確定するはずのスタッフ人事。それが年も明けキャンプインを3週間後に控えたこの時期の異例の発表となった経緯を、原辰徳監督はこう説明した。

「昨年暮れの12月28日、最後に(山口寿一)オーナーと話をしました。その時にジャイアンツOBで非常に気になる後輩がいる、と。ぜひ巨人のために、巨人はもちろん全てに於いて戦力になってもらいたい人がいる、と。それが桑田真澄でした」

 そこで山口オーナーの了承を得て、年明けの1月5日に桑田さんと直接会って、就任を要請。本人も快諾して、異例の就任発表へと漕ぎ着けたという流れだった。

 ただ、異例というのはこの就任時期の問題だけではない。

義兄の投資失敗で作った借金の処理を……

 実は長年、巨人の取材をしてきて、桑田さんがこのチームのユニフォームを着るのはなかなか難しいだろうと思っていた。

 桑田さんには現役時代に義兄の投資失敗で作った借金の処理を、親会社の読売新聞社が行なった経緯があった。しかしその処理を巡って渡辺恒雄現読売新聞グループ本社代表取締役主筆との間に確執が生まれ、少なくとも渡辺氏の目の黒いうちは、巨人のユニフォームを着る機会はないという話を聞いたこともあった。

1995年撮影 (C)Kazuhito Yamada

 そして現役時代の2006年には当時、2度目の監督をしていた原監督に事前の報告もなく、突然球団ホームページ上の自身のコーナーで退団を発表。そこから2人の間には大きな溝があったのは紛れもない事実でもある。

 それだけにいま、この時期に桑田さんが原監督の下でコーチ就任するという事実に、正直、驚きは隠せない。

原監督は「決して感情で決断はしない」

 だが、この異例の人事を実現させた背景には、原監督と桑田さんの、それぞれの指導者としての野球に対する向き合い方の一致があったのではないかと思う。

 原監督の指導者としての根底にあるのは固定観念にとらわれないということであり、物事を決めるときには「決して感情で決断はしない」ということがある。

 3度目の監督に就任した2019年のシーズンから、監督・原辰徳のチームマネジメントは過去2回とは大きく変化している。

 今年のチームスローガンを「1Team!〜和と動」としたように、もちろん原監督には従来からのチーム最優先、「個人軍より巨人軍」という考えが根底にはある。

 これは過去、2回の監督時代から原監督の不変の根本思想でもある。ただ、そこに3度目の監督となって持ち込んだのがメジャー流の合理主義だった。

物議を醸した増田大輝内野手の投手起用

 この2年間、一軍でやってきたのが選手の力を最大限に引き出すために、コンディショニングを最優先とすることだった。

 そのために移動日やデーゲームの翌日の練習を個人練習とするなどのアイデアを監督自らが発案して行なってきた。一軍では練習量をある程度制限し、負担の大きな主力選手には定期的な休養日を設けるなどのチームマネジメントを、この2年間は徹底してきている。

 指導方法にしても選手に活躍の場を与えるために、複数ポジションの練習を積極的に進めて、データを活用しながら固定観念にとらわれずに起用の幅も広げてきた。

 昨年、物議を醸した増田大輝内野手の投手起用なども、従来の当たり前にとらわれず“フォア・ザ・チーム”の根本思想とメジャー流の合理主義が合体した、原流の起用と言えるものだったのである。

 そこでさらにその進化を求める中で原監督の目に止まったのが、指導者・桑田真澄の存在だったのだ。

巨人の黄金時代に3本柱の一角を担った実績

 現役通算173勝を挙げ、斎藤雅樹さん、槙原寛己さんとともに巨人の黄金時代を支えた3本柱の一角を担った実績はもちろん十二分だ。さらに巨人退団後の2007年にはピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結んで渡米。同年6月にはメジャー昇格を果たして、大リーグのキャンプからシーズンを自分の目で見てきた経験もある。

 翌08年の現役引退後は09年から早大大学院で修士課程を修め、14年には東大大学院研究生、16年からは同特任研究員として制球に関わる身体メカニズムの分析など、野球を論理的な視点から学んできた経歴もある。

 そういう意味では原監督が求める、従来の常識にとらわれない合理的な指導ができる人物として、まさにうってつけの人材だった。

 そして桑田さん自身の現場復帰への機も熟していたのである。

「嬉しかった、その一言に尽きますね」

 就任会見で原監督からコーチ就任の打診を受けた際の率直な気持ちを問われた桑田さんはこう語った。

「一言で申しますと、嬉しかった、その一言に尽きますね」

 この言葉が表すように桑田さんも本格的な現場復帰を渇望していたのは確かだ。

 これまでは少年野球の指導をする傍ら、短期的に東大野球部の指導など、アマチュアチームの指導経験は積んできた。

 ただプロの世界では11年のオフにはDeNAが監督就任要請をするという噂が流れたことはあったが、結果的にはあくまで噂止まり。これまで具体的に現場復帰への道が開けたことはなかった。

 それでも本人の中では「いつか必ず」という思いがあるという話を聞いたこともあった。そうして桑田さんはいつくるか分からないプロ野球での指導のために、静かに、しかしじっくりと腰を据えて準備をしてきていたのである。

本来なら交わることはなかった2人

 本来ならおそらく決して交わることはないと思われていた原監督と桑田さんの線。ただ、指導者というプリズムを通すことで、角度を変えたその線が交わることになった。

 それが今回の桑田さんの投手チーフコーチ補佐就任への道だったのである。

「私の中では常に今日より明日、明日になれば明後日という風に思っています」

 就任を要請した原監督は言う。

「彼の能力は私がこういう風にしてくれというのではなく、彼自身の(持つ)目的がチームを強くするということですから、大いに自分のものを出して欲しい」

 リーグ連覇を果たしながら、日本シリーズでは2年連続でソフトバンクの前にスイープで敗れ去るという屈辱を味わった。その中で日々、進歩しチームを強くしていくために桑田さんはどうしても必要な人材として求めたということだ。

“聖域なき改革”が日本一奪回への第一歩となるか

 その要請を快諾した桑田さんは自らの指導理念をこう語る。

「我々の時代はたくさん走って投げろという時代だったと思うんですね。でも今はテクノロジーの進化で自分が投げているフォームをすぐにコマ送りで見られる時代なので、自分の感覚、イメージ、それと実際の動きが一致することが大事だと思っています。そうすることで彼ら(投手陣)の潜在能力を引き出せると思っています」

 旧来の固定観念にとらわれずに、今の時代に沿った指導が選手の力を伸ばすことにつながるはずだと言うことだ。

 桑田さんのコーチ就任で投手陣の潜在能力を引き出し、チーム力の底上げを図っていく。あり得ないと思われた桑田さんのコーチ就任を含めた原監督の“聖域なき改革”が、巨人の日本一奪回への第一歩となるのか――。

文=鷲田康

photograph by SANKEI SHINBUN