2月25日(現地時間)、ドイツ・オーベルストドルフでノルディックスキー世界選手権のジャンプ女子ノーマルヒルが行なわれ、高梨沙羅は銅メダルを獲得した。

 2大会ぶりの表彰台。ただ、順位が確定し、テレビでのインタビューに応じるときも、その後の記者会見でも、その表情に笑顔はなかった。

 前大会で実施されたノーマルヒル、団体、混合団体に、個人種目としてラージヒルが加わった。大会期間中という尺で考えると、どこかでつまずきがあっても立て直し、挑む機会が増えることになる。

 これら4つの中で最初に実施されたのがノーマルヒルだった。オリンピックでの戦いがノーマルヒルのみであることを見据えれば、このジャンプは重要な意味を持つ。

 試合は厳しい状況のもとで始まった。暖かな気候の中、ジャンプには不向きな追い風が吹き、ときにそれが強まり、あるいは弱まり、ジャンプ台の位置によって吹いてくる角度も変わる。

 だから最後に落ちるように失速し、首をかしげる選手の姿も少なくはなかった。

悪コンディションで発揮される技術の差

 それでもワールドカップで上位の選手には、コンディションをものともせず、距離を伸ばすジャンプが見られる。1回目が終わり、今季ワールドカップ3勝で総合4位につけるマリタ・クラマーが109.0mでトップに立つ。総合5位のエマ・クリネツ、総合2位の高梨が後に続いた。

 迎えた2回目、ワールドカップでは目立つ活躍がないものの、平昌五輪金メダルの実績を持つマーレン・ルンビーが好ジャンプを見せ、首位に。

 残るは1回目の上位3人。

 高梨が踏み切り、放物線を描く。空中でバランスをとりながら、でも最後、ひと伸びに欠けた。100.0m、この時点でルンビ―に次ぐ2位。続くクリネツが1回目に続き安定したジャンプで100.5mと高梨を上回る。最後のクラマーは98.0mで4位に後退。高梨の銅メダルが確定した。

 直後、テレビのインタビューでこう答えた。

「正直言うと、なんともいえない気持ちです」

「今は複雑な気持ちで整理できていないです」

 それから間を置いた記者会見での取材陣とのやりとりでは、優勝したクリネツの279.6点に対し高梨が276.3点と僅差で及ばなかった理由に、テレマークをあげた。

「内容としてはこちらに来て、いちばんいいジャンプを2本そろえられたと思います。ただ空中でスキーが抜ける感じがあって、テレマークを入れることができませんでした。飛型点がいちばんの反省だったと思います」

上位2選手に僅差で及ばなかったが、世界選手権でのメダルは2大会ぶりと復調気配の高梨 ©Getty Images

 テレマークが入る入らないでジャッジによる点数は異なってくる。1回目にトップに立ったクラマーが2回目で表彰台を逃したのも、着地での乱れが響いたからだ。

「私の予想の中で、もう少し行ける、そのまま飛んで行ける気がしていたけれど、予想外のところに落ちてしまったというか」

 思ったより早く着地したことで、完全なテレマークを入れられなかった。

「風を予期してテレマークを入れられた選手もいました。自分の中ではまだ経験が足りなかったし、練習不足があったと思います」

手応え十分。課題もしっかり見えている

 自分に厳しい言葉が並ぶ一方で、手ごたえも口にした。

「(昨シーズンと比べ)自分のジャンプはできつつありますし、目指すところも明確になってきています。昨シーズンはアプローチの出だしだったり、初速をテーマに組み替えてきて、今年はその先、R(助走路の曲線の部分)の入りからテイクオフを練習してきました。一連の動作がつながるようになってきていて、自分のものになりつつある感じはしています」

 その言葉を証明するように、ワールドカップでも2月に入ってから3度優勝するなど好調ぶりを示してきた。難しい状況だった今大会でも、2本ともに一定以上のジャンプをそろえることができたはその成果だろう。

 そしてこうも語った。

「女子ジャンプのレベルが年々上がっているので、自分の何かを変えないとついていけなくて、大きな決断はオリンピックを終えてからゼロから作り直すことでした。その決断ができたから今の自分がいると思います」

 すべてを見つめ直し、一つひとつ地道に取り組んできたからこそ、長年にわたり第一線にいられる。

 それでも、世界選手権初となる優勝には届かなかった。

「こういうビッグゲームで勝てないと、もっとがんばらないといけないという結論に至る。(ジャンプの)神様がいるんだとすれば、もっとがんばれということだと思います」

あとちょっとのようで遠い金メダル

「(金メダルは)あとちょっとのようで遠い感じがしています。勝つためにはコンディションや技術、心が整っていなければいけないし、運も味方につけて力を出し切った人が勝てると思います。何かが欠けているので、追求しないといけないと思います」

 求道者、そんな言葉が思い浮かぶ真摯な取り組みと努力は、大舞台での世界一を目指し、これからも止まることはない。

 でもまずは、この世界選手権だ。この大会は3月3日に本戦が行なわれるラージヒルまで続いていく。

「反省点をいかして、変わった自分を示せるようにしたいです」

 高梨は冷静に目の前を見据えた。

文=松原孝臣

photograph by Getty Images