「勝てる」と信じていたからこそ、余計に悔しい。錦織圭の言葉からは、そんな思いがひしひしと伝わってきた。過去2度も優勝経験があるバルセロナ・オープンの3回戦で、第1シードで世界ランキング3位のラファエル・ナダルに0−6、6−2、2−6のフルセットで敗れた。

「ラファ・ナダル」と名付けられたコートで、「赤土の王者」に食らいついた。その手応えについて、海外メディアとのやり取りを含めて記者会見で3度も問われた。答えはどれも、悔しさが満足感を上回っていた。

「いくらかはうれしさもあるけど、出だしが良くなかった。いきなり0−6になって、ちょっとパニックになってしまった。第2セットは深い球やフォアハンドで支配できたけど、最終セットはブレークポイントを取れなかった」

 これは英語での回答。以下の2つは日本語で答えた。

「良かったな、って気持ちはそこまでないですね。(良いプレーを)続けられていないってところが、何となく腑に落ちないというか…。もやもやが残っているところだと思います」

「自信については、ちょっとよく分かんないですね。継続的な良いプレーが今のところ、この(バルセロナでの)3試合で1回も出ていないので」

©Getty Images

ナダルのクレーコートの勝率は、驚異の「92%」

 過去のデータでは、あらゆる数字が「ナダル優勢」を示唆していた。

 錦織は2勝11敗。勝ったのはともにハードコートで、クレーコートに限れば5戦全敗、奪ったセット数は1だった。

 一方、ナダルは赤土の全仏オープンで史上最多13度の優勝を誇り、ツアー86勝のうちクレーコートでは60勝。本大会も11度制している。クレーコートの勝率は驚異の約92%だ。

 とはいえ、今のナダルには付け入る隙があった。今季は背中に不安を抱えて休養しながらのシーズン。その影響か、サーブやバックハンドの精度が本調子ではない。初戦の2回戦では、クレーコートの経験が浅い世界111位のイリア・イワシュカに第1セットを奪われ、冷や汗をかいた。前週には赤土のモンテカルロ・マスターズ準々決勝で、ロシアの新鋭アンドレイ・ルブレフに7度もサービスゲームを破られて屈した。

一方的な展開で第1セットを落としたものの……

 ナダルがサーブを選択して始まった3回戦。第1セットは0−6だったとはいえ、錦織にもブレークチャンスはあった。

 ゲームカウント0−2の第3ゲーム、15−40。しかし、ここはバックハンドをネットにかけ、次のポイントは相手の強烈なサーブでしのがれた。悔やまれるのが最初の1本。錦織はバックハンドの見事なダウンザラインでナダルの甘い返球を誘った。ここで前に出ていればボレーで仕留められたが、ベースラインから動かず、結果的に自らのミスショットで終わってしまった。序盤でブレークバックできず、その後は一方的な展開でセットを落とした。試合開始から、31分しか経っていなかった。

 第2セットは第2ゲームで30−40のピンチ。ここでサービスゲームを破られたら敗戦濃厚という場面で、錦織は好プレーを見せた。第2サーブを回り込まれて強烈なフォアハンドのリターンを受けながらも、深いショットを続け、バックハンドのクロスで相手の体勢を崩してしのいだ。ここからナダルが乱れ始め、錦織はサービスゲームをキープ。この試合で初めてゲームを奪い、「あれを取られていたら、たぶん終わっていた」と振り返った。

©Getty Images

 第3ゲームもナダルのミスは止まらず、錦織が一気にブレーク。攻撃のリズムが良く、コートの中に踏み込んで角度をつけたショットを何度も打ち抜いた。高く弾む球を交ぜながらナダルのスピンボールにも応戦。第2セットの内容は錦織が上だった。

第1ゲームを含めて4度もチャンスを逃した

 迎えた最終セット。序盤の流れは、まだ錦織にあった。

 第1ゲームのリターンゲームは見事なパッシングショットも決め、0−40。ところが、3度のブレークチャンスはいずれもナダルの好プレーにしのがれ、5連続失点で好機を逃してしまう。第3ゲームでも錦織はブレークポイントを握りながら、深く入れようとしたバックハンドのストレートがベースラインをオーバー。第1ゲームを含めて4度もチャンスを逃し、「大事なポイントを取れていない」と敗因に挙げた。

©Getty Images

 ここで集中が落ちたか、錦織は第4ゲームでショットのミスを続けてピンチを招き、ラリー戦でわずかな隙を突かれてサービスゲームを破られた。息を吹き返したナダルはその後、ミスを続けてくれなくなった。

「少なくとも2セットは高いレベルでプレーする必要がある」

 記者会見で、改善に必要なのは安定感かと問われると、錦織は次のように答えた。

「確実にそう。それだけだと思う。今日も(第2セット以降の)1セットと少ししかいいテニスができなかった。マイアミ(・オープン3回戦)でチチパスと対戦した時も、良かったのは1セットだけだった。少なくとも2セットは高いレベルでプレーする必要がある」

 安定感の欠如は、今大会の1、2回戦でも少なからず見られた。

「2、3時間も試合をやらずにストレートで勝つべきだった。ラファとやる前に体に負担をかけてしまった」

 高いレベルのプレーを維持するのは容易ではない。それでも、今の錦織が自分に求めているのは、その領域まで状態を戻すことにある。それこそが、目標にしている世界ランキング10位以内に返り咲くためのカギになる。

 では、安定感に欠ける理由は何なのか。

「ちょっと自分でもよく分かっていないですね。集中力だったり、要因は何個かあるかと思うけど……」

「錦織は復活できるか?」の問いに、ナダルは……

 気落ちする本人の言葉ばかり聞いていると忘れそうになるが、今大会は錦織にとってクレーコートの今季初戦だった。1回戦ではギド・ペラ、2回戦ではクリスティアン・ガリンと、ともに赤土が得意の南米選手を破って勝ち上がり、ナダルとも善戦を繰り広げた。3試合ともフルセットの激戦になったが、体力面の問題もなかった。けがに悩まされてきた錦織にとっては好材料だ。

©Getty Images

 筆者はナダルの記者会見で、錦織の印象を尋ねた。「彼がまたトップ10やトップ5に戻れると思うか」と。ナダルは次のように答えた。

「誰もがそうであるように、丈夫な体でいなければいけない。モチベーションを保って何年間か丈夫でいられれば、もちろん『イエス』だろう」

 この日の試合を見れば、ナダルの言葉がリップサービスでないことは分かる。錦織は、完全復活に向け、着実に歩みを進めている。

文=長谷部良太

photograph by Getty Images