2021年上半期(3月〜8月)、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト3を発表します。テニス部門の第3位は、こちら!(初公開日 2021年8月8日/肩書などはすべて当時)。

 戦い続けるテニス界のレジェンド、スポーツ界の帝王……どんなおおげさな称号を並べても言葉だけ浮くことがないのは、その実績と品格の証だろう。ロジャー・フェデラーが8月8日、40歳になる。その日付はこだわり続けるラッキーナンバー『8』の所以だから、ファンなら一度聞けば忘れようがない。

「オリンピックにはたくさんのすばらしい思い出がある」

 先月のウィンブルドンでは準々決勝でポーランドの世界ランク18位フベルト・フルカチュに完敗し、昨年手術をした右膝のケガの悪化を理由に東京五輪を断念した。シドニーで始まったフェデラーのオリンピック・キャリアは、銀メダルを獲得したロンドンを最後に、5大会目を迎えることなくこのまま幕を閉じる可能性が濃厚だ。

 あのフェデラーがオリンピックのシングルスで金メダルを獲得できなかったことは皮肉だが、だからこそ、スタン・バブリンカとのダブルスで金メダルを獲得した北京五輪でのはしゃぎっぷりが鮮烈な記憶になっているのかもしれない。アテネ、北京と2大会でスイスの旗手を務めた姿も印象深い。

©Getty Images

 今回と同じく膝のケガでリオを欠場したあと、東京でプレーする可能性について聞かれたフェデラーはこう答えている。

「北京でのダブルスの金メダルは僕にとってはすごい驚きだった。旗手を2回もさせてもらったし、シドニーでは美しい妻と出会うことができた。オリンピックにはたくさんのすばらしい思い出がある」

 そう、オリンピックの思い出を語るとき、フェデラーは必ず妻ミルカとの出会いを口にするのだ。

シドニー五輪での“運命的な出会い”

 ミルカがミロスラバ・バブリネックの名でツアーを戦うプレーヤーだったことは、一般的にはどのくらいの人が知っているだろうか。活動期間は短かった。最高で76位までいったが、グランドスラムで戦った期間は2年あまり。引退したときはまだ24歳の若さだった。

©Getty Images

 フェデラーと、3歳年上のバブリネックが初めて親しく言葉を交わしてからロマンスに発展するまでは、全てシドニーのオリンピックで起こった出来事だったという。

 当時フェデラーはグランドスラム・デビューから2年目の19歳で、世界ランキングは36位。まだツアーレベルでの優勝はなく、グランドスラムはその年の全仏オープンでの4回戦が最高だった。初めてのオリンピックで準決勝に進出するが、前年の全豪オープン・ベスト4のトミー・ハースに敗れ、3位決定戦にも敗れて銅メダルを逃した。

 バブリネックは当時107位。当時世界1位のマルティナ・ヒンギスと25位のパティ・シュナイダーが直前になって欠場したため、同じスイスのバブリネックにワイルドカードが転がり込んできたのだ。しかし1回戦でこの大会の銀メダリストとなるエレナ・デメンチェワに完敗した。

最初はフェデラーから「ミルカはモテモテでしたよ」

 1週間あまりのシドニー滞在中、先に恋心を抱いたのはフェデラーだったというが、それをうかがわせるのが2002年にふたりでホップマンカップに出場した時の映像だ。ホップマンカップとは、オーストラリアのパースで2019年まで年初に行われていた男女ペアの国別対抗戦。8チームがエントリーし、男女それぞれのシングルスとミックスダブルスで争われる。公式戦ではないが、開放的で和やかな雰囲気のこのエキシビション・イベントで肩慣らしをしてからシーズン入りするトップ選手も少なくなかった。

 フェデラーは2001年にヒンギスとともに優勝。パートナーをバブリネックに代えて臨んだこの年はグループラウンドで敗れたのだが、敗れたにもかかわらずオンコート・インタビューは二人揃って幸せオーラ全開で、バブリネックの控えめな語り口とはにかみがとにかく可愛らしい。

 その選手時代を知る日本の元女子プレーヤーが、以前教えてくれたことがある。

「ミルカはモテモテでしたよ。アプローチしていた男性の中には、アラブの国の王子もいたくらいです」

2002年ホップマンカップのミルカ ©Getty Images

ついに交際開始…フェデラーが一気にスターダムへ

 そんなミルカを射止めたのがフェデラーで、ロマンスが始まったシドニーの翌年からスターダムへと突き進んでいく。ウィンブルドンの4回戦、その年5連覇を狙っていた芝の帝王ピート・サンプラスをフルセットで破った。準々決勝で地元イギリスのヒーロー、ティム・ヘンマンに敗れ、ウィンブルドンでのメジャー初制覇まで2年待たなくてはならないが、間違いなくあれがダイナミックな世代交代の狼煙だった。

 一方、バブリネックも2001年に自身最高のシーズンを迎えた。全米オープンでグランドスラム自己最高の3回戦に進出。しかしそれが最後のグランドスラムになった。右足の靭帯のケガを克服できず、フェデラーとのホップマンカップから3カ月後、ツアーを去った。

 バブリネックは当時の心境を、のちに地元スイスの記者に語っている。

「人生をかけていたものを突然失い、深い穴に落ちてしまったようだった。何もすることがなく、テレビでテニスを見ながらいろんな思いを巡らしたわ。そのとき私を支えてくれたのはロジャーだった。彼が勝てば自分が勝ったようにうれしかった。ロジャーが私にもう一度テニスを取り戻させてくれた」

 新たな自分の夢をかけ、恋人のサポート役に徹しようとした決意の強さは、フェデラーが残してきた足跡に表れている。

「ミルカを妻と呼べることがただうれしいんだ」

 2009年4月にふたりは結婚式を挙げた。フェデラーは結婚後初めて出場したモンテカルロ・マスターズの記者会見でこう語った。

「僕たちはこれまですごく長い時間いっしょにいるから、結婚したからといって何かが大きく変わるわけじゃない。でも、ミルカを妻と呼べることがただうれしいんだ。恋人じゃなくて妻とね。それは僕にとって想像以上に大きな変化で、慣れるまでにちょっと時間がかかりそうだけど、ここであなたたちにも紹介するよ。僕の妻です。うん、響きがいいね(笑)。最高の気分だ」

2004年ニューヨークにて ©Getty Images

 その1カ月後、ついに全仏オープンを制して生涯グランドスラムを達成。ウィンブルドンでは2年ぶり6度目の栄冠に輝き、ピート・サンプラスを抜いて当時の史上最多記録となる15回目のグランドスラム優勝を遂げた。その約2週間後に女の子の双子が誕生する。

家族席にはいつも「家族」の姿が

 次々とドラマを展開するフェデラーとミルカは、さらに大きなチャレンジを試みる。出産からわずか3週間で、ミルカは赤ん坊たちを連れてツアーに同行したのだ。家族皆で過ごすことは、ミルカの一番の望みであり、フェデラーの願いでもあった。以来、そのスタイルをずっと通している。

 5年後、奇跡のように今度は男の子の双子が生まれたが、やはり生後3週間ほどで“ツアー・デビュー”した。テニスファンは皆、フェデラーの子供たちの微笑ましい成長ぶりをずっと見ている。2年前のウィンブルドンでフェデラーはこう話した。

「僕は一人でいたくないんだ。一人になるのが怖いわけではないけど、友人や家族に囲まれているのが好きだし、それが最高の環境だと思う。4人の子供たちがいつもそばにいる人生が何より幸せで、僕にとってパーフェクトだよ」

©Getty Images

 しかし、昨年からのコロナ禍で家族の同伴はままならない。走り回る子供たちの姿はなく、みんなでわいわいと食料を買い出しに行くことも、食卓を囲むこともない。コートから見上げる家族席に、ミルカの強い眼差しも穏やかな笑顔もない。

 ウィンブルドンでの準々決勝敗退はショッキングで、東京回避も想定内だったが、理由は膝だけではなかったのではないだろうか。フェデラーにとって幸せでパーフェクトな環境が一日も早く戻ってくることを願ってやまない。

文=山口奈緒美

photograph by Getty Images