2021年上半期(3月〜8月)、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。東京五輪部門の第5位は、こちら!(初公開日 2021年8月3日/肩書などはすべて当時)。

 オリンピックは、実施されている競技にとって、大きな場だ。4年に一度の舞台に懸ける選手たちにとっては当然のことながら、競技そのものの今後にも影響を及ぼす。ふだんはあまり関心が集まらなくても、オリンピックは目を惹きつける機会になり、そこで競技の認知や関心を高めることが、競技の発展にも寄与する可能性がある。

 試合の実況、あるいは試合を終えたあとのスタジオでの解説者もまた、大きな役割を担っている。解説者の解説で、競技の理解が深まったり、関心を持つ人が増えたりすることは多い。例えば2006年のトリノ五輪でカーリングが大きな関心を集めた要因の1つに、解説者の的確な分析や展開の説明、加えてテンポや熱のこもった語り口があった。

 今大会でも、解説者の存在がクローズアップされ、そこで競技に関心を抱くケースが少なくない。

 柔道では、松本薫の解説の様子が注目を集め、それをきっかけに柔道を観た人がいることも伝えられている。

「野獣」を想起させた現役時代

 2012年ロンドン五輪女子57kg級で金メダル、2016年リオデジャネイロ五輪では銅メダルを獲得。結婚、出産を経て東京五輪出場を目指し競技を再開したが、2019年2月に引退を正式に発表。今大会は解説者として、大会にあたっている。

リオ五輪での松本

 柔道関係者が「ポイントはおさえている」と話すように競技の土台があって、その上に選手へのインタビュー模様、選手の心情に重ねた言葉が合わさって話題となっている。

 そうした状況を伝え聞くにつれ、いくつか思い起こすこともあった。

 現役時代、松本は「野獣」という形容がしばしばなされた。試合での眼差しを含め全身で表現する激しい闘志、試合の中での気迫が「野獣」を想起させた。

 また、ときに「天然」とも言われた。質問に対する思いがけない答えや内容がそう思わせた。

「天然だったら五輪チャンピオンになれない」

 ただ、実はそれらのイメージとは異なる姿を見せてきたし、周囲もそう語ってきた。

「ほんとうの天然だったら、オリンピックチャンピオンになれないです」

 以前、そう語った人がいる。帝京大学時代、松本の1年先輩で、同部屋だった穴井さやかだ。男子100kg級の柱として活躍した穴井隆将の妹であり、国内外の大会で活躍したあと指導の道に進み、今春、帝京大学柔道部女子の監督に就任している。

 穴井が見た大学時代の松本は「柔道に熱心で、100やると言ったら100、120やる選手」。ノートをつけるなど熱心だったという。松本自身は、穴井が「几帳面に記録しているのが参考になりました」と語っている。競技への真摯な取り組みがうかがえるし、綿密な鍛錬を重ねてきたことが伝わる。

「7人家族でいろいろな人に助けてもらってきた」

 卒業後も帝京大学の柔道部で練習していたが、「とても勉強になります」と松本の姿勢に学ぶ後輩たちがいた。熱心に練習する合い間には、「もっとこうしたらいいよ」と穏やかにアドバイスをおくる松本の姿があった。休憩時間になれば、後輩たちと冗談まじりに雑談する姿もあった。

 松本自身は、そうした後輩への姿勢をこう語っていた。

「後輩を導くとかそんな大それたことを思ったことはないですけど、自分も先輩に助けられたりしてきたので、何か役に立つことがあれば、と思います」

 何よりも原点に、「自分は人の支えがあって、ここまで来れた」という思いがあることを、ロンドンで金メダルを獲ったのちにこう表現している。

「自分はそんな優れた人じゃないです。ただ、家が5人きょうだい、7人家族でいろいろな人に助けてもらってきたんですね。柔道もみんなに支えてもらってきた。なかなかないことじゃないですか。それを考えれば、自然に周りの人のことを思うようになります」

 松本が引退を発表したあと、48kg級のリオ銅メダリスト、近藤亜美はこう語った。

「すごく強いんですけど、全然威張ることがなくて、親しみやすかったです。(初めてシニアの国際大会に出場した際)何も分からなくて困っていたとき、『打ち込みをしようよ』と声をかけてくれて」

 それもまた、松本の人柄を物語っている。

松本は東京五輪を支える一人だった

 今大会の代表選手たちは、帝京大学の後輩である48kg級の渡名喜風南、リオデジャネイロ五輪代表選考、そして東京出場を目指したときの代表争いの相手でもあった芳田司ら、松本にとってなじみある選手たちも少なくなかった。

 現役時代から几帳面に取り組んできたことで養われた柔道という競技の土台、研究熱心な姿勢が伝える役割を担うときにも向けられ、同時に、決して高いところからにならない目線と選手への心情があった。奥底には柔道への強い思いもあっただろう。

 それが注目を集め好評を得た解説につながっているのではないか。

 これまでの言葉や接する人々への姿勢を見るとそう思える。松本は柔道に大きな関心の寄せられた今大会を支える一人でもあった。

東京五輪の点火セレモニーに参加した松本 ©JIJI PRESS

文=松原孝臣

photograph by JMPA