縦に落ちるスライダーで面白いように空振りが取れる。未完成な部分がまだまだ多いが、その未完成さこそ、最大の魅力かもしれない。

 福岡ソフトバンクホークスから「育成ドラフト11位」で指名されたのが、市立松戸高校の右腕・瀧本将生だ。最高成績は千葉大会3回戦と実績は乏しく、県内でも無名と言っていいほどの存在だ。しかし、その将来性を見込んでどこよりも早く熱心に注目していたソフトバンクによって日本最高峰の舞台への扉が開かれた。

「縦のスライダーのキレが良いなと思いました。観た瞬間に活躍できる可能性があるなと感じました」

 瀧本を担当した福元淳史スカウトはその第一印象を語る。その後も何度か視察を続け、指名を終えてからは「投手経験は浅いが、ポテンシャルの高い選手。武器であるキレ味鋭い縦のスライダーは、磨けば十分プロで通用する可能性を秘めている」とコメントした。

 最大の武器である縦のスライダーは野手時代に遊びで考案していたもの。カットボールとチェンジアップは動画の解析などをもとに器用に習得したが、この武器は自然と身につけていた。意識しているのは「しっかりと腕を振ってボールを握り潰すように投げる」ということだという。

投手歴はわずか2年半

 特筆すべきは投手歴がわずか2年半ということだ。

 ゴルフのレッスンプロをしている父とバレーボールをしていた母との間に生まれ、父が野球経験者だったことや幼なじみに誘われたこともあり、小学5年生の時に「みかどファイターズ」で野球を始めた。そこでは一塁手や外野手を務めた。

 中学時代は、坂倉将吾(広島)や木澤尚文(ヤクルト)を輩出した八千代中央シニアでプレー。そこでは5番や6番を打つ外野手だった。同シニアの小島慶明事務局長は「お母さまが教員なこともあってか、真面目に取り組む選手でした」と当時の印象を語る。一方でプロ野球選手となることについては「坂倉や木澤は予感がありましたが、瀧本に関してはビックリしています」と予想外だったようだ。

 高校進学にあたっては、外野手として県大会上位に入るような強豪私学からもいくつか声は掛かっていたが、唯一投手として評価し、指導者としての熱量を感じたという朝隈智雄監督率いる市立松戸に入学した。

 朝隈監督は投手経験すら無かった瀧本をなぜ投手として見ていたのか?

「期待はかなりしていました。入ってきた時は体重が60キロくらいしかなくて細かったですし、手足の長い投手ゆえのバランスの悪さはありました。でも走り方も良かったですし、骨盤の使い方が良くていいなと思いました」

 朝隈監督は国立千葉大学教育学部のスポーツ科学課程を卒業しており、科学的アプローチを多く用いて選手を育成。その中で瀧本に投手の適性を見出し、月2回のラプソードでの投球測定で現状を可視化することやペンタゴンバーなど最新の機材を使ったトレーニングなどで成長を促した。

 また、投手経験が少なかったため「たくさん失敗させる」ということも大切にした。例えば、チーム内で競争させて勝ったら練習試合の登板機会を与えるのではなく、土曜か日曜の練習試合に5イニング投げさせると決めたら、たとえ何点取られてもマウンドに立たせた。

朝隈監督に投手としての才能を見出された瀧本 (c)Yu Takagi

2年秋からエース、こだわった「球質」

 こうしてトレーニングと経験を多く積むことを重視してきた瀧本は、1年秋から公式戦に登板するようになり、2年秋の新チームからはエースとなった。しかし2年の秋の県大会で木更津総合と対戦し0対7のコールド負けを喫し、力の無さを痛感。一方で年内最後の練習試合では学法石川(福島)を相手に好投するなど課題と収穫それぞれを得て冬を迎えた。

 一番の課題に置いたのは球質の向上だ。ラプソードでの解析や伊藤大海(日本ハム)らのピッチングフォームをYouTubeで観ること、論文の要約を研究するなど頭もフルに活用した。

 すると、最速で143キロを計測するようになった。春の県大会では力強さの増したストレートにより、縦のスライダーもより威力を増した。県大会初戦の松戸馬橋戦で3安打1失点14奪三振の完投勝利を挙げるなど公式戦でも結果を残した。

 一方で、筆者が取材した今春の県大会をかけた地区予選、連投となった県大会2回戦では四球が続いてしまう場面や、連打を不用意に打たれてしまう場面も散見され、脆さを感じる出来だった。夏も3回戦で姿を消した。

 それでも福元スカウトは「今はまだストレートが上下にブレることはありますが、投手経験が少ないですし体も柔らかい。もらったラプソードのデータを見ても回転数や回転効率が比較的良い数字を出しています」と大きな心配はしていない。今宮健太、甲斐拓也ら現在の主力選手を担当し投手出身でもある福山龍太郎アマスカウトチーフもブルペンを見て即座に高評価したという。

 朝隈監督も「まだ彼のポテンシャルは100のうち60くらいしか出ていないのではないでしょうか」と伸びしろの大きさを感じている。冬の取り組みからも分かるその探究心は、持って生まれた体の柔軟性とともに、さらなる成長への大きな原動力となりそうだ。

 そしてハングリー精神も持ってプロの世界に飛び込む。

「プライドなんて、もともとありません。投げられるならどこでも投げたいです。自分にタイプが近いと思っている山岡泰輔さん(オリックス)のような投手を目指していきたいです」

©︎Yu Takagi

 強豪校に進んでいれば、「その他大勢」として埋もれていたかもしれない。そうでなくとも現在のように投手としてプロに行くことはなかったのではないか。そして、ソフトバンクに見出されたことで千賀滉大、石川柊太らのように育成選手から主力投手に成り上がって行く夢も生まれた。

 瀧本にまだ実績らしい実績はないが、見出してくれた監督とスカウトに大きな恩返しができる可能性は大いに秘めている。

文=高木遊

photograph by Yu Takagi