1点差、2点差、1点差、そしてまた1点差である。開幕から僅差の勝負が続く接戦の日本シリーズ。明暗を分けているのは、やはり野球というの勝負の鉄則、四球だった。

「あそこは勝負して欲しかった」

 オリックス・中嶋聡監督が試合後にこう振り返ったのは23日のシリーズ第3戦だった。

 5回に許した先制点。2死二塁からマウンドに送ったセサル・バルガス投手が村上宗隆内野手とドミンゴ・サンタナ外野手に連続四球を与えて、6番・中村悠平捕手の中前先制タイムリーへとつなげられてしまった場面だ。

 そして第4戦も、また決勝点は四球からだった。

本塁打の5点を除く7点は全て四球がらみで失った

 1点を追う6回にオリックスは2死から福田周平外野手が中前安打で出塁。2番・宗佑磨内野手の右前安打を右翼手のサンタナの捕球が緩慢で、しかもファンブルするのを見て、福田が一気に本塁を陥れて同点に追いついた。

 流れが一気にオリックスへと傾けきかけた直後、その裏のヤクルトの攻撃だ。

 この回から2番手・増井浩俊投手にスイッチしたが、その増井が先頭の山田哲人内野手を歩かせて無死一塁としてしまう。この場面は続く村上のラッキーな一直併殺で切り抜けたか見えたが、この2死走者なしから増井がまた、サンタナを歩かせてしまう。

2番手でマウンドに上がった増井 ©︎Nanae Suzuki

 そして中村に右前安打で繋がれ一、二塁。急きょ代わった比嘉幹貴投手がホセ・オスナ内野手に外角スライダーを狙いすまされて中前に運ばれ、結果的には決勝点となる2点目を奪われている。

 このシリーズでここまでのオリックスの総失点は12点。そのうち本塁打による5点を除くと7点は全て四球がらみで失った点数だ。

 慎重には慎重を期すことが、逆に投手を苦しくしてしまう。例えば前日のバルガスの2つの四球も丁寧にコーナーを突こうとして、それが外れた結果、最後は明らかなボール球で歩かせている。そしてこの日の増井も第1打席に2試合連発の本塁打を放っているサンタナに対して低めを丁寧につこうとしてカウントを悪くし、最後はワンバウンドになるフォーク、明らかなボール球で四球を与えた。

オリックス投手陣の“慎重さ”の原因は?

 その慎重さの背景にはもちろんシリーズの重圧もある。ただ、ヤクルト打線の圧力にオリックス投手陣が必要以上の警戒心を抱かされている。それが結果的には四球がらみの得点に繋がってしまっているのである。

 すべてはシリーズ第1戦から始まっているような気がする。

 オリックス先発の絶対エース・山本由伸投手にヤクルト打線は屈しなかった。6回で112球を投げさせ、攻略はできなかったが、それでも結果的にはマウンドから引きずり下ろした。

第1戦に先発したオリックス・山本由伸

 奪った安打はわずかに5本。山本から挙げた得点も1点でしかない。ただ、今季、パ・リーグでは投手5冠に輝き、6月4日から向かうところ敵なしの15連勝を飾ってきた無双の姿をオリックス投手陣はずっと見てきた。ロッテとのクライマックスシリーズ、ファイナルステージでも1対0の完封勝利でチームを日本シリーズに導く先導役を果たした。

山本由伸に対し、とにかくファウルで粘った

 その絶対エースが初戦で、ヤクルトのプロ2年生右腕・奥川恭伸投手に実質的に敗れたのである。制球力よくポンポンとストライクを取りにくる奥川に対して、あっさりと凡打を繰り返したオリックス打線。一方の山本も同じようにストライク先行で勝負を挑んでいったが、ヤクルト打線はとにかくファウルで粘り、山本を追い込んでいった。

 5回を終わった時点で山本の球数がすでに95球と100球目前まで到達していたのに対して、奥川はまだ71球だった。そして6回に2つの四球を足場にした1死一、二塁から6番・中村悠平捕手の中前タイムリーで先制点を奪われたのである。

 パ・リーグにも、もちろん強打のチームはある。ただ、日頃は対戦しない相手が、いきなり日本シリーズの大舞台で絶対エースから先制点を奪い、相手投手との投げ合いに“敗れる”姿を見た。

第1戦に先発したヤクルト奥川 ©︎Nanae Suzuki

「ヤクルト打線は一筋縄ではいかない」

 オリックスの投手陣は、そこに何を感じたのだろうか。

「ヤクルト打線は一筋縄ではいかない」

 そうしてシリーズ初戦で植え付けられた圧力が、マウンドに上がるオリックスの投手陣の警戒心を高めている。慎重にいかなければいけない。その思いが四球という形につながり、そこから綻びが生まれている。

 これがこの4戦までのオリックスの失点だった。

 一方のこの日のヤクルト先発のベテラン左腕・石川雅規投手は大胆であった。

好投を見せたヤクルト先発の石川 ©︎Naoya Sanuki

「大胆」は「慎重」の反意語ではない

 130km台と決して速くない、というより遅球のストレートを大胆にベース板の上に投げ込み、得意のスライダーとシンカー、チェンジアップをコーナーに散らす。積極的にストライクをとりにいって、オリックス打線はそこに手が出ない。

「大胆」は「慎重」の反意語ではない。

 初戦で植え付けられたヤクルト打線の圧力の中で、とにかく「慎重」に徹しようとしたオリックス投手陣に対して、石川は「大胆」ながら「慎重」にオリックス打線を抑え込んでいった。当たっている3番の吉田正尚外野手の第1打席、最後は得意のシンカーで全くタイミングが合わない空振りを奪って三振に仕留めたことで、女房役の中村との息もぴたりと合って、緩急を使いながら攻めの姿勢を失わなかった。打者21人に対して14人から見逃しのファーストストライクを奪い、緩急をうまく使いながら淡々とオリックス打線を料理していった。

 石川がこの日、オリックス打線に与えた四球はわずかに1個。それがこの試合でヤクルト投手陣が与えた全ての四球だった。

つまらないミスをしないで相手のミスにつけこむ

「そうですね……毎日、接戦でちょっと疲れるんですけどね(笑)……本当に競ったところで相手に1点を与えない、何とか1点を奪うというゲームが続けて出来ているのかなという気がします」

 試合後のお立ち台。日本一に王手をかけたヤクルト・高津臣吾監督の第一声だ。

 1点を与えないで1点を奪うには、つまらないミスをしないで相手のミスにつけこむ。この試合ではサンタナのミスで一度は追いつかれたが、直後に相手の四球につけ込んですかさずゲームの主導権を奪い返した。1点を与えたが、1点を奪えた。その積み重ねが3勝1敗というシリーズの結果に結びついっているのである。

ファンに挨拶する石川やつば九郎 ©︎Nanae Suzuki

「難しい場面だったが、こういう試合はどうしても四球が凄く気になる。どうしてもそれが大きくなっている」

 オリックスの中嶋監督は、前日の第3戦に続いて、この日も試合後の総括で敗戦の理由をこう語っていた。もちろん指摘しているのは6回の失点の場面だった。

 初戦を逆転サヨナラで制した後にこう語っていたことが、まさに的中しているように思える。

「(勢いは)向こうにもありますし、うちにもあります。そのせめぎ合い。変なミスをしなかったら、なんとかいけると思う」

 初戦から続く投手陣の呪縛をどう解き放つか。後がないオリックスに必要なのは大胆さである。

文=鷲田康

photograph by Hideki Sugiyama