これほどまでに1年生が注目を浴びる大会は、今までなかったに違いない。

 1月28日、第94回選抜高等学校野球大会の出場校32校が発表された。

 現時点で優勝候補の大本命に挙がるのは、明治神宮大会で優勝した大阪桐蔭(大阪)。さらに同大会でベスト4入りした広陵(広島)、花巻東(岩手)、九州国際大付(福岡)も有力な対抗馬になるだろう。

 そして野球どころ・近畿地区にはハイレベルなチームがひしめき、京都国際(京都)や天理(奈良)も優勝を狙える実力がある。とくに京都国際は昨夏の甲子園ベスト4を経験した主力が残り、豊富な練習量で戦力が底上げされている。

 冒頭で優勝候補に挙げた4校には、ある共通点がある。それは、将来有望な新2年生の逸材を擁していることだ。

 「新2年生」といっても、大会が開幕する3月18日の時点では1年生である。昨秋の公式戦でも大活躍を見せた、4人の“スーパー1年生”を紹介していこう。

佐々木麟太郎(花巻東)、いざ甲子園デビュー

 大会の目玉格になるのは、花巻東のスラッガー・佐々木麟太郎である。身長183センチ、体重117キロの巨漢で、その大きな後ろ姿は背番号3が小さく見えるほど。ボールがバットに当たる瞬間のインパクト音は一人だけ異質の爆発音で、レフト方向にも放り込める。1年終了時点で高校通算50本塁打をマークする選手など前代未聞だ。

佐々木麟太郎 ©Yuki Suenaga

 父は菊池雄星(マリナーズFA)、大谷翔平(エンゼルス)を指導した花巻東監督の佐々木洋。さらに中学時代は金ケ崎シニアで大谷の父・徹に指導を受けた。そんな生い立ちまでドラマティックだ。

 手のしびれに悩まされていたこともあり、昨年12月に胸郭出口症候群のため両肩を手術した。貴重なトレーニング期間を治療にあてることになってしまったが、3月の大会までにベストコンディションを取り戻せるか。

広陵の“ボンズ”、九国大付の大型スラッガーも…

 広陵には189センチ、89キロの真鍋慧、九州国際大付には182センチ、104キロの佐倉侠史朗という大型スラッガーがいる。佐々木を含め3人とも右投げ左打ちの一塁手。真鍋は高校通算10号、佐倉は高校通算8号を昨秋に神宮球場に放り込んでいる。

 本塁打数と知名度は佐々木に大きく水を開けられてはいるが、将来性はともに高い。真鍋は中井哲之監督から「ボンズ」の愛称で呼ばれ、広範囲に飛距離を伸ばせる打撃を高く評価されている。柔らかいミットさばきや身のこなしを見る限り、一塁以外のポジションもこなせる素養は十分あるだろう。

広陵・真鍋慧 ©Yuki Suenaga

 佐倉は個性的な打撃フォームで甲子園を沸かせるはずだ。打席内で右足を大きく前に踏み出し、スクワットでもするかのように重心を落としてから構えに入る。やや動きに重さはあり、自分の間合いでボールを呼び込めない際にもろさも見られる。それでも、打席数を重ねる中で大化けする期待がふくらむ。

九州国際大付・佐倉侠史朗 ©Yuki Suenaga

「ずば抜けた総合力」投手の目玉は大阪桐蔭の左腕

 投手では、大阪桐蔭の前田悠伍が目玉になる。平成以降8回の甲子園優勝を飾っている名門には、全国から選りすぐりの精鋭が集まってくる。今年も新3年生に川原嗣貴、別所孝亮、川井泰志と他校ならエースになれる投手がひしめく。そんななか、昨秋に1年生ながら実質的なエースとして快投を見せたのが前田だった。

 身長179センチ、体重75キロと細身で、ストレートは常時140キロ前後で爆発的な数字を残すわけではない。だが、強烈なスピンのかかった球質のいいストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップなど精度の高い変化球、さらにピンチでも相手を見下ろして投げられるマウンド度胸と「勝てる投手」に必要な要素をすべて兼ね備えている。

大阪桐蔭・前田悠伍 ©Yuki Suenaga

 近年の大阪桐蔭の投手は最上級生になるにつれスケールダウンしてしまうケースも見られたが、前田の場合は1年時点でずば抜けた総合力がある。その特長をそのままに、うまく肉付けしてスケールアップできれば、今後2年間の高校野球界は前田に牛耳られても不思議ではない。

 清宮幸太郎(日本ハム)の同世代から村上宗隆(ヤクルト)が突き抜けたように、突出したトップランナーがいる世代には逸材が後続するケースが多い。佐々木や前田の世代にもそんな現象が起きるのか、今から楽しみでならない。

京都国際・森下、大阪桐蔭・松尾…新3年にも逸材ズラリ

 新2年生の話題に押されがちながら、もちろん新3年生にも有力なドラフト候補はいる。とくに今春の成長次第ではドラフト上位候補に躍り出そうな森下瑠大(京都国際)は要注目のサウスポーだ。昨夏の甲子園ベスト4進出に導いた実力者で、球質と制球力は高校球界屈指。昨秋時点で最速143キロだった球速がどのくらい伸びているかで、スカウト陣の評価は決まりそうだ。

京都国際・森下瑠大 ©Hideki Sugiyama

 米田天翼(市和歌山)もプロスカウト垂涎の好素材。2年秋時点でのストレートの球威は、昨年のエース・小園健太(DeNA1位)よりも上。小園から影響を受け投球センスは高いだけに、変化球の精度が高まればさらに注目度は増していくだろう。

市立和歌山・米田天翼 ©JIJI PRESS

 タレント軍団の大阪桐蔭には、強肩強打の捕手・松尾汐恩がいる。遊撃手から捕手にコンバートされた経緯があり、フットワークを使える点が魅力だ。西谷浩一監督から捕手としての思考を叩き込まれており、今春は前田ら豪華投手陣をどのようにリードするか立ち振る舞いからチェックしたい。

大阪桐蔭・松尾汐恩 ©Yuki Suenaga

一冬越えた球児たち。予想外の新鋭も?

 最後に、離島の高校ながらセンバツ出場を決めた大島(鹿児島)のエース・大野稼頭央を紹介したい。昨秋時点で身長175センチ、体重63キロと華奢な体つきながら、最速146キロをマーク。試合展開によってスライダー、カーブを駆使して打たせて取るクレバーさもあり、そのマウンド姿は高校時代の松井裕樹(楽天)と重なる。甲子園でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、今から楽しみだ。

大島・大野稼頭央 ©Takahiro Kikuchi

 高校生は一冬を越えて別人のように進化する。予想外の新鋭が登場するのも、春のセンバツの醍醐味だ。大会が無事に開催され、未来の野球界を担う逸材たちが存分にプレーできることを願わずにはいられない。

文=菊地高弘

photograph by Yuki Suenaga