慶應大野球部に所属する清原正吾(21歳、4年)。進路について「プロ野球志望」も報道されるなか、本人の本音を聞いた。【全3回の3回目/1、2回も公開中】

◆◆◆

 清原和博氏の長男・正吾は今春の東京六大学リーグのベストナイン(一塁手)に輝いた。昨秋までの3年間は9打席しか立てず、安打もわずか1本だけ。いわば戦力外の状況から「4番・ファースト」の定位置を確保し、13試合に出場して52打席に立ち、14安打、7打点を記録した。

野球ブランク6年…なぜ慶應大の4番に?

「覚悟を決めて入部した以上は、神宮球場の舞台に立ってホームランを打つことを目標にしました。ただ、正直なところ、大学在学中に試合に出るのすら難しいと思っていたのも事実です。堀井(哲也)監督も当時は『4年生の時に代打で出られるかどうかだろう』と思っていたそうです」

 大学の野球部で、まして慶應のような六大学の名門かつ強豪の野球部で、中学・高校の6年間ものブランクがあるような選手はほぼいない。それは同級生の仲間と比べたらあまりに大きなハンデにも思える。

「硬式球も初めてだったので、6年のブランクはやはり大きかったですね。野球から離れていた間は、弟(勝児、慶應高3年)のキャッチボールに付き合うぐらいしかやっていませんでしたから。打席に入っても、レベルの高い大学生投手の変化球がまったく目で追えず、バットにはかすりもしませんでした。ノックを受けても僕だけがエラーする。仲間は『6年間やっていないから仕方ない』と温かい目で見てくれていましたが、むしろ怒られもしない状況が情けなかったです。だから休日の個人練習でなんとか差を詰めよう、と」

正吾の強み「天性のパワー、運動神経」

 2年秋の慶早戦で初めてベンチ入りを果たし、昨春には開幕戦に「7番・ファースト」で先発起用された。だが、1安打を放っただけで第2節では控えとなり、第3節以降は二軍に降格。昨秋のリーグ戦出場はなかった。

「野球人生の大きな転換期だったのかなと今では思っています。ベンチを外れて、寮も二軍寮になってしまって、夏の合宿も一軍の北海道ではなく、二軍の西焼津でした。常にベストを尽くしてきたつもりですから、『あの時にもっと頑張れば良かった』というような後悔はないんですけど、単純に自分の実力不足を痛感した。本当に悔しかったです。上に上がるためには何をすべきか。それを考えると、やっぱり自分の長所を伸ばすことだった。堀井監督もチームの方針として『一軍に上がるまでは長所しか見ない。一軍に上がってからは減点法で見る』ということをおっしゃっていますから」

 正吾の長所、それはパワーであり、打球の飛距離だ。天性の運動神経に加え、アメフト時代にウエイトトレーニングに力を入れたことが、野球でも生きている。

「二軍ではバットをとにかく振り込みました」

 二軍戦でホームランを量産し、この春、正吾は神宮の杜に帰ってきた。

監督の指導「素人同然で入部した自分を…」

 チームとしては3位の結果ながら、正吾にとっては飛躍を遂げたシーズンとなった。最終節の慶早戦からおよそ1カ月が経過した取材の日、梅雨季に入った日吉のグラウンドで正吾を見つけるのは容易だった。186cm、90kgという頭1つ抜けた体躯に加え、大学日本代表の指揮官も務める堀井監督がつきっきりで打撃指導を行っていたからだ。

「素人同然の状態で入部した自分を、堀井監督はほんとに手厚く指導してくださって、いろんなチャンスをいただいて、なんとかここまでこられました。今日(取材日の6月27日)は春の反省を秋に生かすという話をしながら、バッティング時のトップの深さを意識した練習をやっていました。4番として春はホームランがゼロに終わってしまった。もう一段階、レベルの高いパンチ力を求めていきたいですし、打率を残すという意味でもコンタクト率にフォーカスして練習しています」

 野球部の一軍選手たちが共同生活を送る寮で暮らしながら、正吾は通常の練習に加え、スポーツジムにも通う。

「シーズンオフには、『トータル・ワークアウト』に行って、父親の専属トレーナーでもあったケビン山崎さんにお世話になっています。僕はオスグッド(・シュラッター病。膝の下の皿の部分の骨が飛び出す病気)で、膝を少し痛めてしまっていて。下半身をもっと一回り、大きくしなきゃとは思っているんですけど、野球に生きる筋力の連動性を意識しながらトレーニングしています」

気になる進路「今の実力でプロは遠い」

 リーグ戦における突然の覚醒によって、正吾の進路にも注目が集まる。就職や社会人野球を考えていないと公言したことで、「プロ一本に絞った」とも報道された。すると今度は、正吾の実力を疑問視するような記事も相次いだ。そんな評価は正吾も目にしているはずだ。

「上等ですよね(笑)。プロになって、モデルの仕事と家庭を両立してくれた母に恩返ししたいですし、父に車を買ってあげたいという夢もあります。ただ、今の実力ではドラフトにかすりもしないというのが現状。プロにはほど遠い実力だと自覚しています。でもこの秋にもっと成長ができたなら……」

 父も活躍したNPBの野球選手になること——それは最高の親孝行だろう。

「父とも進路の話はしていません」

 正吾も頷きつつ、「僕以上に弟にこそプロになって欲しい」と言葉を継いだ。

「僕の性格上、自分がホームランを打ちたいというより、ホームランを打って喜んでくれる両親にホームランボールをプレゼントしたいという気持ちが勝るんです。家族が一番喜ぶことといえば、ずっと野球を頑張ってきた弟がプロになることだと思います。もちろん、僕もプロになれたらいいですけど、実績も何もない。父とも進路の話はしていません。プロの壁が高いことは誰よりも父がわかっている。だからこそ(進路に関する話題に)慎重になっているんじゃないでしょうか」

 進路に関して決めているのは、大学4年の今年は就職活動をしないということだけだ。

「社会人野球は考えていないですが、海外の独立リーグには興味があります。ずっと体育会の人生だったので、海外に行ったことがない。大学には、海外への留学経験があって英語を喋れる友達も多いので。いつかは海外に行きたいとは思っていますが、今はとにかく大学ラストイヤーを悔いが残らないように全うして、野球をやりきってから進路を考えたい」

 もしプロが難しければ1年の留年を経て就職活動する可能性も正吾は否定しなかった。

 東京六大学リーグでは、本職のファーストだけでなく、セカンドや外野を守ることもある。それはチーム事情に加えて、外国人選手やベテラン選手が一塁を守ることの多いプロ入り後を見据えてのことだろう。

 目先の目標は秋のリーグ戦優勝であり、明治神宮大会で大学日本一となり、有終の美を飾ること。神宮球場に応援に駆けつけた両親の前でホームランを打つという入部当初から掲げている目標も果たせていない。その先に、父への最大の恩返し=プロ野球選手になることができたなら、これ以上、正吾にとって幸福なことはない。

文=柳川悠二

photograph by Shigeki Yamamoto