人との出会いで人生はガラリと変わることがある。侍ジャパン大学代表の一員として自身初の国際大会を戦っている仙台大の3年生左腕・渡邉一生もその1人だ。今では最速152キロを投じ、来秋のドラフト候補にも挙がる注目株だが、高校中退という過去を持つ。

 大学当初の渡邉を「問題児でした。いい奴なんですけど、カッとなってしまうことがあって」と笑うのは、仙台大の2年先輩で現在は三菱重工Eastでプレーする右腕の川和田悠太だ。川和田は渡邉が「師匠」と慕う恩人だ。

想いが先行し…野球強豪校を退部&退学

 それまでの渡邉は、「プロ野球選手になりたい」との思いが先走りすぎていた。高い向上心はアスリートとして必須なことではあるが、それが「自分のために」となりすぎて周囲との軋轢を生むこともあった。日大藤沢高では2年秋までプレーしていたが退部・退学を選んだ。

「プロに行きたいという思いがあったので不安だったんです。怪我をして治ったら外野手のスタメンになって。それはそれでありがたかったのですが投手に復帰できず、投げる機会が減ってしまいました。そこで踏ん切りをつけました」

 だからこそ、クラブチームのBBCスカイホークス(現・GXAスカイホークス)に行ってからは、やらされる練習は少ないものの「やらなかったらやらなかった分、力が落ちていってしまうので必死にやりました。自分で使える時間が多くなったので、トレーナーさんをはじめ、いろんなところに通うことができて技術面が向上しました」と、体づくりや技術面で様々な人の教えを受けた。

 結果として高校3年時(※日本航空高の通信制に転校)には最速146キロまで到達し、複数のNPB球団が獲得に興味を示した。しかし、育成ドラフトを含め渡邉の名前は最後まで呼ばれなかった。

「自信があったのでショックでした」と当時を振り返るが、今となっては納得している。

「やっぱりマウンド上での態度など、一喜一憂して球審の判定に不満を露わにするなど至らないところがありました。それに、野球部という組織に3年いられなかった影響はあったと思います」

渡邉を変えた「師匠」との出会い

 今こうして思えるのも師匠・川和田のおかげだと渡邉は振り返る。仙台大には親交のあった佐野怜弥(仙台大3年)に紹介されて練習を見学。チームの温かさや森本吉謙監督ら指導陣と選手の距離感の近さやコミュニケーションの深さを感じて進学した。そこで出会ったのが川和田だ。

「入学してからもいろいろあったのですが、川和田さんとの時間があったから今があると思います。自分の結果ばかりを追い求めていた僕に“チームのために”ということや“周りを気にする”こと、“仲間を大切にする”ということを学ばせてもらいました」

 川和田がまず取り組んだのは、野球の交換ノートを始めることだった。

「僕自身も勉強がしたかったですし、一生の意見も聞きたかった。僕自身の振り返りもできたし、貴重な時間でした」(川和田)

「最初は怖い先輩だと思っていたのですが、野球ノートでやり取りをしていくうちに“この人には勝てないな”“こんな先輩になりたいな”と、その背中に憧れました」(渡邉)

 こうして周囲に恵まれ(渡邉に当時の話を聞くと“恩人”として、仙台大で出会ったたくさんの人物の名前を挙げる)、精神面も成長していく。

 また、川和田からは技術面でも学ぶことが多かった。例えば打撃投手を務めるときだ。打者の反応を見ながら投球することを覚え、自分にばかり向いていたベクトルが相手や仲間にまで広がった。投球の幅が生まれていき、力感なく強い球を投じられるようになっていった。

 そこから今に至るまでの投球テーマは「(球速)150キロを投げられる変化球投手」となった。球速ばかりを追い求めていた自分に別れを告げ、仙台大の坪井俊樹コーチ(元ロッテ投手)とともに故障しにくく、シーズン通して投げられるようなフォーム改造に取り組んだ。

 その成果が一気に表れたのが今春だった。仙台六大学リーグで3勝0敗、防御率0.27の活躍でチームを全日本大学野球選手権出場に導いた。初戦となった星槎道都大戦に先発すると、自己最速を更新する152キロを記録し、5回2安打無失点でチームの初戦突破に貢献した。

人生初の日の丸…侍ジャパン大学代表に

 そして、2回戦で敗れこそしたものの、侍ジャパン大学代表候補に選出。その選考合宿でも好投を見せ、野球人生で初めて日の丸を背負うこととなった。

 侍ジャパン大学代表として戦うプラハベースボールウィーク(チェコ)では、7月9日のチェコ戦に先発。昨年のWBC出場組が多く揃う中で150キロ前後のストレートに加え、スライダーやチェンジアップなどのキレのある変化球も武器に6回3安打2失点。9奪三振を奪う好投で、勝利投手にもなった。12日からのハーレムベースボールウィークでも活躍が期待されている。

「気負わず自分のスタイルである“150キロ投げられる変化球投手”ということをブラさずにやってきたいです。師匠からも“頑張ってこいよ”とメッセージをもらいました。日本の代表ですし、仙台大の代表としても行ってくるので、自覚を持って投げていきたいです」

 大会前に語っていた殊勝な言葉の数々からは、自分の結果ばかりを求めていた過去の姿は感じない。これからの渡邉の戦うステージ一つひとつは恩返しの舞台であり、成長を示す舞台になっていくだろう。異国の地でも、生まれ変わった渡邉一生を見せつけていく。

文=高木遊

photograph by Hideki Sugiyama