日本一とされる「石垣の名城」は全国2位であることが確認されました。

丸亀市教育委員会は6月28日、国の史跡、丸亀城の石垣が全国で2番目の高さだったと発表しました。

四層造りの石垣は全体の高さが60メートルと全国で1番高いとされ、丸亀城は「石垣の名城」と呼ばれています。

(前川裕喜記者)
「しかし、輝かしい記録が抜かれたという訳ではない」

2018年の豪雨災害などで崩落した南西の石垣を復旧する過程で、市教委が調査をしたところ単独の石垣としては高さが31メートルだったことが確認されました。これは「大坂城」の32メートルに次ぐ高さで、全国2番目だということです。

これから観光の復活を目指す中、「記録の追加」は大きな意味を持ちそうです。

(丸亀市 松永恭二市長)
「新しく分かったことを知ってもらい、観光の目玉にしたい」

7月17日には現地説明会が開かれます。