笠岡市の白石踊や香川県綾川町の滝宮の念仏踊など、岡山・香川の4つの踊りが、全国各地の民族芸能、「風流踊」の1つとして、ユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まりました。

平安時代、干ばつに苦しむ讃岐の国で、国司の菅原道真が雨乞いをすると恵みの雨が降り、民衆が狂喜乱舞したことから始まったといわれる滝宮の念仏踊。香川県綾川町に現在まで伝えられています。

11月30日夜、モロッコで開かれたユネスコの政府間委員会では、滝宮の念仏踊を含む日本の民俗芸能41件をまとめた「風流踊」の無形文化遺産登録が全会一致で決まり、綾川町でも関係者らが登録決定の瞬間を見届けました。

(踊り手は…)
「喜ばしい。こんなめでたい日はない。1200年の歴史があるので、これからまた1200年続けていけるように頑張っていく」

岡山・香川からは滝宮の念仏踊のほか、笠岡市の「白石踊」、真庭市の「大宮踊」、香川県まんのう町の「綾子踊」の、合わせて4つが「風流踊」に含まれています。

(滝宮念仏踊保存会 前田武俊会長(綾川町長))
「保存会としても後継者の育成や、行政は行政として支援していかなければ。その励みに、今回は大変大きな登録であった」

綾川町では、登録を祝うくす玉割りも行われ、貴重な文化の保存・継承への決意を新たにしていました。