全国各地のご当地うどんが楽しめるイベントが、12月3日、高松市で行われました。

高松市のサンメッセ香川で行われている「全国年明けうどん大会」です。白いうどんのトッピングに赤い具材を添えたおめでたい彩りで1年の幸せを願う年明けうどん。大会は、香川発祥のこの取り組みを広めようと毎年行われています。

10周年を迎えた2023年は、全国15の道府県と台湾から19種類のご当地うどんが集まり、訪れた人たちは、各地のうどんを食べ比べて楽しんでいました。

(訪れた人は…)
「おいしかった。温まった」
「あと2つ食べようと思っているが、いつもと違う味で楽しみたい」
「讃岐うどんをよく食べるが、珍しい味がして面白かった」

2023年は、新型コロナに伴う入場制限が4年ぶりに撤廃され、会場は多くの人でにぎわいました。