J1開幕戦 鹿島と 2月23日、アウェーで トリニータ

J1開幕戦 鹿島と 2月23日、アウェーで トリニータ

 Jリーグは11日、今季の開幕カードを発表した。6季ぶりにJ1へ挑む大分の初戦は2月23日、アウェーの茨城県立カシマサッカースタジアムで、昨季リーグ3位でアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を制した鹿島戦に決まった。ホーム開幕戦は第2節の3月2日で、大分市の大分銀行ドーム(同1日から昭和電工ドーム大分)で、ともに昇格した松本と対戦する。
 J1で2007〜09年の鹿島以来となる史上2度目の3連覇を目指す川崎は2月23日にホームの川崎市等々力陸上競技場でFC東京と対戦することになった。元スペイン代表FWビジャ、元日本代表MF山口ら積極補強を続ける神戸は22日に行われる開幕戦でアウェーのC大阪戦に臨む。23日はほかに、仙台―浦和、湘南―札幌、磐田―松本、G大阪―横浜M、広島―清水、鳥栖―名古屋も行われる。
 開幕節が敵地の浦和や神戸などは第2節がホーム開催。札幌、松本、FC東京は3月9、10日の第3節が本拠初戦となる。
 J2は2月24日に始まり、51歳の元日本代表FW三浦が所属する横浜FCはアウェーで長崎と対戦する。

DF鈴木、今季主将に
 大分トリニータは11日、今季の主将がDF鈴木義宜(26)に決まったと発表した。副主将はポジションなどのバランスを踏まえ、GK高木駿(29)、MF松本怜(30)、MF馬場賢治(33)、MF丸谷拓也(29)が務める。
 鈴木は在籍6年目。2018年シーズンまで3年続けてリーグ戦全試合に出場している。鈴木は「チームの目標を達成するために引っ張っていきたい」とコメントを出した。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

大分合同新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索