スマートフォンを使った副業であなたも高収入が得られるという広告をSNSなどで目にしたことはありませんか?県内でスマホ副業を巡って高額なサポート料を取られるトラブルが相次いでいます。

「スマホ副業被害」はスマートフォンを使った1日30分の作業で毎月100万円稼げるなどとうたいサポート契約を名目に高額な料金を請求するものです。

県消費生活センターによりますとこうした被害が県内では去年1年間に98件報告され、29歳以下の人がその半数を占めています。

次々と新しい業者が出て被害が広がっているとしてきのう沖縄弁護士会が県民に注意を呼びかけました。

高良祐之弁護士「詐欺被害の情報が全くあがってこないものですから。知らない方が大多数で、自分の利用しているSNSでそういう広告があがってくると次から次へと被害にあうという状況が続いています。」

沖縄弁護士会は無料の電話相談会「スマホ副業被害110番」を7月5日、正午から夜7時まで実施します。<098−860−5015>