最も印象深い“平成ライダー”ランキング

最も印象深い“平成ライダー”ランキング

 2000年からリスタートを切った“平成仮面ライダー”シリーズ。昨年9月からは『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系)が、平成20作目として放送中。現在、映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』も興行収入12億円を突破するなど衰えぬ人気を博している。そこでORICON NEWSでは、平成ライダーシリーズを振り返りつつ、さまざまなライダーを演じブレイクしていった人気俳優を称える『最も印象深い“平成ライダー”ランキング』を発表。1位には平成シリーズ1作目の『仮面ライダークウガ』で五代雄介を演じた【オダギリジョー】が輝いた。

■“ライダー=若手俳優の登竜門”の礎を築いたパイオニア、オダギリジョー

 平成ライダーの初回『仮面ライダークウガ』(2000年)出演のオダギリジョーが1位を飾った。ユーザーの中で “平成ライダー”の象徴としての印象が深く、それに続く俳優たちが「ライダー=若手俳優の登竜門」という道筋を作ったともいえる存在。ライダー以降のオダギリの躍進により、その後の主演たちが“ライダー出身俳優”を冠とできるようになったともいえる。

 “昭和ライダー”の武骨な熱血漢で孤高のヒーローのイメージから、“平成ライダー”はスマートで「みんなの笑顔を守る」という明るい現在の路線にシフト。中でもオダギリについては、長身と日本人離れした顔立ちから「スタイリッシュでカッコ良かったのを覚えています」(群馬県/20代・男性)、「クウガは、平成ライダー復活でとても楽しみにして見ていて、最初からスマートでカッコよくて味がある俳優さんだなと印象深かったので」(大阪府/50代・女性)と変化の象徴として捉えられている。

 “平成ライダー”のパイオニアとなった同作から『仮面ライダー』を見始めたという人も多く、「いちばん最初に、ブームを巻き起こしたきっかけになった人だと思うから」(愛知県/40代・女性)、「はじめて見た仮面ライダーだと思うので」(広島県/20代・女性)などの声もあった。

■佐藤健の俳優人生の原点は“電王”にあり! 今や国民的俳優に成長

 2位には、2007年放送の『仮面ライダー電王』で当時17歳の最年少で主人公・野上良太郎を演じた【佐藤健】。佐藤の初主演作であり、バイクの印象が強いライダーが「電車」に乗り、平成ライダー作の中でもエポック的存在だ。さらに好戦的なモモタロス、クールで女好きなウラタロスなど、イマジンと呼ばれる怪人が憑依すると、ガラッと良太郎のイメージが変わり、一人5役とも言える活躍も人気を呼んだ。

 そんな斬新な設定から人気を呼び、映画版は『仮面ライダー電王 俺、誕生!』など実に8作が公開されたほど。現在公開中の映画では、10年ぶりに佐藤が良太郎を演じて、ネットでも話題。本人も「ほぼゼロから全てを教えていただいた僕の原点」とコメントしている。

 弱々しい良太郎が次第に成長していく成長譚としても人気で「一番面白いし、仮面ライダーの役者さんの中で一番役者として際立っていた」(神奈川県/50代・男性)、「ストーリーが面白すぎました。高校生になった今になっても見返したいくらい大好きな作品です」(千葉県/10代・女性)と各世代が評価。

 さらに「電王は本当に面白かったし、デビューしたてとは思えない佐藤健の演じ分けがすごかった。今見てもかっこいいしおもしろい」(埼玉県/20代・女性)と5役で髪型も表情も一変させた佐藤の演技力も高く評価された。

■“ライダー俳優→朝ドラ俳優”へと華麗にブレイクした福士蒼汰

 3位は『仮面ライダーフォーゼ』(2011年)で 如月弦太朗を演じた【福士蒼汰】。仮面ライダーシリーズ生誕40周年記念作品でシリーズ初の「学園青春ドラマ」を打ち出した。ロケットをモチーフとしたライダーで、弦太朗として福士はかつてない短ラン、ボンタン、リーゼントのツッパリスタイルがインパクトを与えた。

 「ツッパリが印象的」(神奈川県/30代・女性)、「短ラン着た学生の役で学校が舞台の仮面ライダーだったので ライダーっぽくなくて印象に残っているから」(千葉県/50代・女性)と、大胆な個性を発揮し、ユーザーの記憶に深く残っているようだ。

 福士は同作出演後、2013年放送のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』でヒロイン・アキが一目ぼれする種市先輩に抜擢され、大ブレイク。「仮面ライダー出身で活躍している俳優さんが多くて驚いていますが、福士くんの俳優としての姿勢や成長がとても好感が持てるものだったので」(京都府/50代・女性)と明るい役柄が人気を呼んだ。

■現在のドラマ&映画作品をけん引する若手俳優が続々ランクイン

 その他の結果を見ても、平成ライダー以降ブレイクしていった名優たちがランクイン。4位の【水嶋ヒロ】は、2006年放送の『仮面ライダーカブト』で天道総司を演じ、以降ヒット作への出演が増え、後に小説家に転身。「かっこいいライダー」を体現して「顔のきれいさもあるけど、ライダーのキャラも濃くてストーリーも印象的だった」(埼玉県/30代・女性)、「『おばあちゃんが言っていた』というセリフが忘れられない」(千葉県/40代・男性)の声もあった。

 5位は『仮面ライダードライブ』(2014年)の【竹内涼真】、6位には『仮面ライダーW』(2009年)の【菅田将暉】がランクイン。現在では、それぞれが主演を張れる若手俳優に成長した。竹内が挑んだ『仮面ライダードライブ』は、自動車を運転するライダー(!?)として、刑事ドラマの要素が取り入れられた異色作。自身も「仮面ライダーになりたくて芸能界に入った」と明かしており、デビューと夢が一緒に叶った思い出深い作品だ。そんな彼には「1番ブレイクした感じがする」(埼玉県/40代・男性)、「当時から輝いていたから」(栃木県/10代・女性)など、当時から今の人気をすでに感じていたという意見も寄せられた。

 『仮面ライダーW』で、当時最年少の16歳で出演した菅田。桐山漣との“2人のライダー”という斬新な作品としても話題に。映画版もVシネマを含め5作にわたり登場。「あの頃は、何か頼りない感じだったけど、凄い俳優になったので」(兵庫県/50代・男性)と出世作として注目されている。現在の演技派俳優の礎を作ったのは、ライダーが根底にあるともいえるだろう。

 平成最後のライダーとなる『仮面ライダージオウ』に出演中の奥野壮(仮面ライダージオウ)、押田岳(仮面ライダーゲイツ)も今年注目の俳優たち。ライダーたちの活躍により、ライダーではないが、脇を務める俳優も相乗効果で話題となる流れもここ何年かで築きあげられている。

 “ライダー出身”が確固たるブランドとなった現在。新元号に変わった後も、さまざまなアプローチのヒーロー像を形成し、次代を担う名優たちが生まれる土壌をさらに構築していくことだろう。

【調査概要】
調査時期:2018年12月17日(月)〜12月25日(水)
調査対象:計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索