大きな耳で大空へ羽ばたけ 『ダンボ』日本版ポスター

大きな耳で大空へ羽ばたけ 『ダンボ』日本版ポスター

 ティム・バートン監督がディズニー・アニメーションの名作の実写映画化に挑んだ『ダンボ』(3月29日公開)の日本版ポスタービジュアルが披露された。“「羽ばたけ!」大きな耳を勇気の翼に変えてー”というコピーとともに、小さな赤ちゃん象“ダンボ”が大きな耳で大空を舞っている。

 ポスタービジュアルで上空のダンボを見つめているのは、サーカスの元看板スターでダンボの世話係を任されるホルト(※右端)とホルトの娘ミリー(※右から3 人目)と息子ジョー(※右から4人目)の家族。

 そして、サーカスの団長メディチ(※左端)、空飛ぶ子象のダンボで金儲けを企む起業家ヴァンデバー(※左から2人目)と 空中ブランコのスター・コレット(※右から2人目)と、ダンボを取り巻く個性豊かなキャラクターが勢ぞろい。

 “大きすぎる耳”を持つ子象のダンボはサーカス団の笑いものだったが、やがてその大きな耳を翼にして空を飛べることに気づく。コンプレックスを強さに変えたダンボは、引き離された母を救うため、サーカス団の家族の力を借りて新たな一歩を踏み出すことに。その勇気によって、彼らがどのように変わっていくのか? 物語が楽しみになるビジュアルとなっている。

 ホルトを演じるのは、コリン・ファレル(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』)。「稀代のビジュアルアーティストのティム・バートンと『ダンボ』という題材ほど、幸せな組み合わせはない!」とバートン作品への初出演を即決した。そして、近年のティム・バートン作品に欠かせないエヴァ・グリーン(『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』)がコレット役、バートン監督の大ヒット作『バットマン』と『バットマン・リターンズ』でタッグを組んだマイケル・キートンはヴァンデバー役、バートン作品4度目の出演のダニー・デヴィートは
メディチ役で出演し、バートン監督が信頼するハリウッド俳優たちも集結している。

 バートン監督は、『チャーリーとチョコレート工場』、『アリス・イン・ワンダーランド』などで、個性的なキャラクターたちが、ほかと異なる自分を受け入れ、成長していく姿を魅力的に描いてきた。そんなバートン監督の「お気に入りのディズニー・アニメーション」が『ダンボ』。”新たな「ダンボ」の物語”をどのように映像化するのか、バートン監督の独特なセンス、手腕に期待が高まる。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索