森昌子、涙ながらに引退を生報告「わがままをどうか許して」 ファンも涙「まだ早いよ!」

森昌子、涙ながらに引退を生報告「わがままをどうか許して」 ファンも涙「まだ早いよ!」

 年内で芸能界引退を発表した歌手・森昌子(60)が26日、埼玉・飯能市市民文化会館で『森昌子 祝還暦コンサート〜爆笑!コントで綴る昭和歌謡パート3〜』を昼夜2公演行い、報道後初めてファンに直接、引退を生報告した。

 歌謡コント、歌謡ステージなどで盛り上げたライブ終盤、「私は歌うことしかできません。ですから皆さんの記憶に残るように心を込めて歌わせていただきます」と話すと、ヒット曲「越冬つばめ」を歌唱。その後、涙をぬぐいながらファンに引退報告を始め、「本日は1曲1曲の歌に心のこもった拍手をいただき、本当にうれしかったです。昨日(25日)の報道で知られた方も多いと思いますが、私は今年いっぱいで歌の道から引退させていただきます」と切り出した。

 客席から「まだ早いよ!」と惜しむ声が飛ぶと、「27歳で一度引退し、家庭に入り、離婚をして、20年も休んでいた私は自分の家族を守るために、生活のために戻ってきました。そんな私を笑顔で迎えてくださったファンの皆さんにはどんなに感謝しても足りません。それなのに何のお返しもできないまま、またいなくなります。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。でも、私なりに考え抜いた結論なんです。私のわがままをどうか許してください」。そう言って深々と頭を下げた。

 温かい拍手が送られるなか、「本日最後にお届けする歌は、皆様に一番届けたい歌です。振り返れば私の人生もいろいろなことがありました。皆さんと同じように決して楽しいこと、うれしいことばかりでなく、雨の日も風の日もあって、時には心が折れた夜もありました。でもそのたびに皆様の優しさに助けていただきながら、どうにか今日まで歩んでくることができました」と話すと、客席からはすすり泣く声が漏れ、多くのファンもハンカチで目をぬぐった。

 「たった一度の人生、残された時間は大いに楽しんで生きていこうよ、という歌です」と紹介すると、最新曲「あなたの愛に包まれながら」を熱唱。2公演計2000人のファンに全身全霊で感謝の想いを伝えたステージに幕を下ろした。

 森は昨年10月からスタートした全国100ヶ所以上を回るロングツアー中。「全国の皆様にこれまでの感謝を伝えたい」と、残された期間をファンのために全力で駆け抜ける。12月25日に都内で行われるラストコンサートをもって芸能界を引退する。

■会場に足を運んだファンの声
▽大阪在住の30代女性「(大粒の涙を流しながら)昌子さんのコンサートは年に10ヶ所以上見ています。今日は報道を見て急きょ駆けつけました。悲しくて涙が止まりませんでした」

▽埼玉在住の70代男性「昔からのファンです。報道を見て驚きました。まだまだ歌えるし、もったいないなという気持ちもありますが、本人の判断を応援したいと思います」

▽埼玉在住の70代女性(娘、姉と来場)「まだまだ歌えるのに残念です。今日はもともと来る予定にしていましたが、このようなことになるとは思っていませんでした。報道を見て、年内もう一度は観たいと話しています」

▽東京在住の60代女性「今日のコンサートも最高でした。話も面白いし、頭の回転も速いし、歌も良いし、バラエティ番組でも活躍されているのに残念。何よりまだお元気なのにもったいないと思います。ただ、同世代として気持ちはよく理解できます」


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索