吉野家、初のサーロイン使用商品 創業120周年に“特撰 すきやき重”限定販売

吉野家、初のサーロイン使用商品 創業120周年に“特撰 すきやき重”限定販売

 今年、創業120周年を迎えた大手牛丼チェーンの吉野家は、あす14日から吉野家初の牛サーロインを使った『特撰 すきやき重』の販売を開始する。販売数は全国で約50万食を予定しており、売り切れ次第、販売終了となる。

 同商品は、サーロインをすきやきにし、生玉子、みそ汁、お新香をセットにし、牛丼大盛りより多い生肉120グラムを使用している。牛丼の具を煮込む肉鍋からよそったタレでサーロインを柔らかく煮上げ、ご飯に盛り付けた後、特性のすきやきのタレをかける。

 吉野家では、国会議事堂内の永田町一丁目店と羽田空港国際旅客ターミナル店の2店舗で国産和牛のロースを使用した『牛重』を販売しており「高級な牛肉商品を食べたい」という声が上がっていたことから、120周年の特別メニューとして販売する運びになった。完成までは1年以上の試行錯誤を重ね、様々な味のバランスを重視した。

 サーロインは北米産のものを使用し、相場価格に変動が出ないように1年前ほどから買いため。肉の厚さも0.1ミリずつ調整していき、スライスした肉が最も柔らかく美味しい味に仕上がったという1.8ミリを採用することとなった。牛丼に使用する牛肉に比べても原材料は倍以上かかっているという。

 伊東正明常務取締役は「調理にバラつきがあり、良い味を出すのが難しかった。吉野家好きのユーザーさんにはもちろん、女性の方にも食べやすい商品だと思う。牛と言えば、吉野家と思っていただければ」と話し「1ヶ月ほどで売り切れれば」と想定している。

 価格は797円(税込み860円)。競馬場など、一部の店舗では販売されない。


関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索