ユアン・マクレガー、「またオビ=ワン・ケノービを演じるの?」に「イエス!」

ユアン・マクレガー、「またオビ=ワン・ケノービを演じるの?」に「イエス!」

 米カリフォルニア州アナハイムで現地時間23日、ディズニーファンの世界的祭典『D23 Expo2019』が開幕(25日まで)。同日午後、7000人収容のホールD23で行われた、新しいディズニーの映像配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」のショーケースが2時間にわたって行われ、ユアン・マクレガーがオビ=ワン・ケノービ役で主演する「スター・ウォーズ」シリーズの新作(タイトル未定)が待機中であることが、正式に発表された。

 ショーケースのトリで紹介されたのが、「スター・ウォーズ」作品。ルーカス・フィルムのキャスリーン・ケネディ社長から、アニメーション作品『スターウォーズ:クローンウォーズ』の新シーズンが2020年2月に配信開始されることや、ドラマ『The Mandalorian(原題:マンダロリアン)』と、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のスピンオフ作品が紹介された後、ケネディ氏は「最後にもう一つアナウンスすることがあるわ」と切り出した。

 「これまで話せなかったけれど、大好きな『スター・ウオーズ』ファミリーのメンバーを連れて(ここに)来れることに興奮しているわ」ということばを合図に音楽が盛り上がり、ステージにユアンが登場。割れんばかりの歓声が沸き起こった。

 ユアンは「キャスリン、ここいる人たちが目撃者だ、この人たちの目の前で、お願いだから、『僕がまたオビ=ワン・ケノービを演じることになるの?』と、僕に聞いてくれないか?」と、ケネディ氏にねだると、オウム返しに「ユアン、あなたはオビ=ワン・ケノービをもう一度演じるの?」 と尋ねる。

 再び盛り上がった歓声を味わうように間を置いて、 ユアンは「イエスだよ」とキキメ顔。「4年間、僕はずっと、『わかないよ。僕らはそれについて話している。もし彼らが電話してきたら、僕はハッピーだよ』と言っていたけど、今、『僕らはそれをやるよ』と言えるのはナイス! すばらしいことだよ」とコメントした。

 ケネディ氏は「脚本は出来上がっているので、来年、撮影を始めるのが待ちきれないわ」と、撮影はこれからであることも明かしていた。

 ユアンは『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999年)、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002年)、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005年)でオビ=ワン・ケノービを演じた。オビ=ワン・ケノービは、アナキン・スカイウォーカー(後のダース・ベイダー)とルーク・スカイウォーカーの親子にフォースの道を教えた、シリーズ中でも重要な人物の一人。

 「Disney+」は、米国で11月12日にサービス開始予定。


関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索