実は“金田一ファン”中条あやみ『悪魔の手毬唄』で国民的人気歌手役「とても光栄」

実は“金田一ファン”中条あやみ『悪魔の手毬唄』で国民的人気歌手役「とても光栄」

 女優の中条あやみが、12月21日放送のフジテレビ系スペシャルドラマ『悪魔の手毬(まり)唄〜金田一耕助、ふたたび〜』(後9:15)に出演が決定。昨年に続き、横溝正史原作の伝説的探偵小説の金字塔『金田一』シリーズを加藤シゲアキ(NEWS)主演で送る今回、物語の舞台、鬼首村(おにこうべむら)出身の国民的人気歌手で、彼女の帰郷が惨劇の幕を開くことになる、物語のキーパーソン・大空ゆかりを演じる。

 『悪魔の手毬唄』は横溝自身が傑作と語ったミステリー作品で、怨念めいた村で起きる血で血を洗う争いが描かれる。誰もがうらやむ美貌と美声を持ち合わせるゆかりは“グラマーガール”の愛称で親しまれ、国民的人気を博すスター歌手。そんなゆかりは、リサイタル公演のために鬼首村へ帰郷するが、時を同じくして忌まわしい殺人事件が発生してしまう。

 実は、ゆかりは20年前に温泉旅館・亀の湯の主人、青池源次郎を殺害した恩田幾三の娘であり、人殺しの子として村を追われるという悲しい過去を背負っていた。20年前の事件と今回の事件に関連性はあるのか?そして、ゆかりの帰郷は事件発生に何かしら影響しているのか…? 希代の名探偵・金田一耕助が不可解な難事件解決へと走り出す。

 そのキュートなルックスで女優はもちろん、CMやモデルとしても活躍する中条だが、実は「私自身、金田一耕助シリーズのファンだった」そう。今作のオファーを受け「台本が目の前にあるのがうれしくて。物語の中に入れることをとても光栄に思っています。今作はどんなミステリードラマよりも怖いんじゃないかって思うくらい、女性同士の争いがたくさん描かれています。“女性は怖いな”って思いました(笑)」と喜びつつも率直な感想を語った。

 今回演じるゆかりは国民的人気歌手とあって「スターとしての華やかさを持つ一方で、消したい過去を背負った闇のある人物でもあるので、その両方が出せればいいなと思います。そして、ゆかりのファッションがとてもすてきなんです。時代を感じるレトロなお洋服をたくさん着させていただきまして。『これぞ金田一!』という独特な世界観にスッと入っていける衣装だなと思いました。ワンピースももちろんかわいいんですけど、一番のお気に入りはドレスにファーコートというスタイルです。昔のシンガーみたいでかっこいいんです!」とすっかりお気に入り。彼女の衣装にも注目だ。

 血みどろの物語を描く一方で「とても怖いストーリーを描くドラマですけど、現場はとても温かくて楽しい雰囲気です!特に加藤(シゲアキ)さんと生瀬(勝久)さんがいつもニコニコしていて楽しい話で盛り上がっています(笑)」と現場での様子を報告する中条。「クリスマスを控えたハッピーな時期に、とても怖いドラマが放送されるわけですが、女性の強さや愛を描く物語でもあると思っています。金田一の世界観に思い切り浸っていただいて、ゾッとしながら謎解きを一緒に楽しんでいただければうれしいです」と呼びかけている。


関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る