キンプリ平野紫耀、華麗なダンクシュート披露「全て僕が演じている」

キンプリ平野紫耀、華麗なダンクシュート披露「全て僕が演じている」

 人気グループ・King & Princeの平野紫耀が出演する『タウンワーク』新CM『タウンワーク誰かな?』シリーズ第2弾が16日より放送開始。今回のCMでは“箱”をかぶったまま、華麗なダンクシュートを披露している平野。第1弾ではキレのあるエアロビダンスに挑戦したものの周囲から「お前が演じたんじゃないだろ」と疑われたそうで「顔出しシーン以外も、全て僕が演じていると声を大にして言いたい!だからCMは最初から最後まで注目して見てほしい」と熱く語った。

 CMでは、廃墟と化した工場跡地にあるストリートバスケコートにたむろする、ガラの悪そうな荒くれ者たちの前に『タウンワーク』の箱をかぶった謎の人物が現れる。そして挑発的な態度で騒ぎ立てられ、緊迫した空気が漂うなか、その人物は突如ボールを投げて走り出し、豪快なダンクシュートをキメる。ゴールにいれたのはかぶっていた箱。周囲が驚くと、そこの現れたのは無表情の平野だった…というストーリー。

 今回は「ダンクがかっこよく見える“型”にこだわった」という平野。箱をボールに見立てる難しさもあり、何度もモニターチェックをする熱の入れよう。納得のいくダンクシュートを決めた際には、スタッフや共演者から拍手が沸き起こった。エアロビの際は筋肉がSNSで話題を呼んだが「今回は筋肉を披露していませんが、あの筋肉あっての今回のダンクシュートです。(筋肉を)想像しながら見てください」とお茶目にアピールした。

 また、共演者であるガラの悪そうな出で立ちをした外国人たちで、現場入りした際は「現場を間違えたかと思った」とビビりまくりだった平野。撮影では彼らに挑発的にあおられるシーンを演じ、カットがかかると「こわい、こわい」とたじろぐ場面も。しかし進行するにつれ余裕がでてきたのか、彼らともコミュニケーションをとり「Yes、No、Thank you」だけで交流を図ったことを告白。ダンクをキメて、拍手で労われると「Thank you」と照れくさそうに答えていた。


関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る