俳優の小栗旬が主演を務めるTBS系日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(10月スタート 毎週日曜 後9:00)の追加キャストとして吉田鋼太郎の出演が発表された。小栗演じる主人公・天海啓示の父・天海衛を演じる。

 原作は幾度となく映像化されてきた1973年刊行の小松左京による不朽の名作SF小説。今回は原作にアレンジを加え、主人公を含むオリジナルキャラクターたちが2023年の東京を舞台に“沈没”という目に見えない危機に立ち向かっていくさまを描く。

 小栗が今作で演じるのは主人公・天海啓示。目的のためには手段を選ばず、時には強引な手法で政策を推し進めてきた野心家の環境省官僚。各省庁の次代を担う精鋭たちを招集した“日本未来推進会議”に環境省代表として参加している中、日本地球物理学界の異端児・田所博士の“ある暴論”を通し、日本が未曾有の事態へと追い込まれていく運命に巻き込まれていく。

 四国の小さな漁師町の漁師で、漁業長として組合をまとめていた衛は、エルニーニョ現象 による海水温度上昇で漁獲量が激減して、自身を含め大半の漁師たちが職を失いかけていた時には、先頭に立って町の役人に交渉するリーダーシップがある人物だ。息子・啓示にとって誇れる父親であり、官僚を目指すことになったきっかけに大きく関わる人物。物語の中でも重要な意味を持つことになっていく。

<吉田鋼太郎のコメント>
普段から親しくしており、俳優として活躍著しい小栗旬主演の話題作に出演させていただくことになり本当にうれしく気合いが入りました。本音を言えばレギュラーで関わらせていただきたかった(笑)。

ですが台本を読み非常に演じ甲斐のある役どころでもあり、少しでも作品のお力になれればと精一杯やらせていただきました。どうぞご期待ください!!