お笑いコンビ・フォーリンラブのバービーが、21日放送のカンテレ・フジテレビ系バラエティー『セブンルール』(毎週火曜 後11:00)に出演。今年4月に結婚した6歳下の夫との新婚生活の密着で、仲の良さがにじみ出る夫婦間のルールや、自宅でくつろぐ様子など、テレビ初公開する。

 バービーは自由奔放なキャラクターでバラエティー番組を中心に活躍する一方で、芸人としての枠を超え多方面で才能を発揮。執筆活動やコメンテーターに加え、大手下着メーカーへ自らデザイン画を持ち込み、下着のプロデュース業も行っている。さらに、自身の地元・北海道の地域再生に努めるなど、実業家としての顔もあわせ持ち、活動の幅は広がり続けている。

 幼い頃は内気な性格だったバービーは大学卒業後、テレビの放送作家を目指して養成所の門を叩いたが、周りから表舞台に出ることを勧められ芸人の道へ。その後、イモトアヤコとコンビを組むも芽は出ず、表舞台から退くことも考えた。そんな時に相方のハジメに声を掛けられ“フォーリンラブ”を結成。今では明るい性格だが「笑いのセンスもないし、むちゃくちゃする選択肢しかなかった」と当時の苦悩も語る。

 内気だった幼少期から、たどり着いたお笑いの舞台で、ありのままの姿を通して伝えたいこととは何か。お笑い芸人・バービーの7つのルールに迫る。スタジオでは、芸風とは違った自身の「哲学」に葛藤するバービーに対して、YOUをはじめとした一同のが「しっかりしてる…」と感心しきり。また、新婚・バービーの夫婦のルールをきっかけに、妻はが女優・優香の青木崇高が「仲直りの難しさ」を語る。

 さらに、「自虐はしない」と言うバービーに、尾崎世界観は「自分はよく自虐をする」と尾崎流の”自虐論”を展開。長濱ねるも乗っかるが、本谷有希子が鋭い一言を放つ。