フランス現地時間28日に閉幕した「第75回カンヌ国際映画祭」で、パク・チャヌク監督が、最新作『DECISION TO LEAVE(英題)』で監督賞を受賞した。配給会社のCJ ENMによると、すでに192の国・地域での配給が決定しており、受賞を受けてさらに加速する見込み。日本での公開は2023年予定。

 パク・チャヌク監督は、同映画祭コンペティション部門に4度目の出品(韓国の監督としては、ホン・サンスと並び最多)。これまでに『オールド・ボーイ』で審査員特別グランプリ(第57回)、『渇き』で審査員賞(第62回)の受賞歴がある。監督賞の受賞は、韓国映画としては、イム・グォンテク監督『酔画仙』に続き2作目となった。

 物語は、ある殺人事件を追う刑事と、被害者の妻で第一容疑者でもある若く美しい女性が対峙しながらもひかれあっていくサスペンス。現地時間23日に行われた公式上映には、パク・チャヌク監督のほか、刑事を演じたパク・ヘイル、彼が一目ぼれをしてしまう人妻を演じたタン・ウェイが駆けつけた。

 上映後、「パク・チャヌク監督の最高傑作!」(HOLLYWOOD REPORTER)、「今年一番ロマンチックな映画が、まさか刑事ものとは!」(INDIEWIRE)、「ロマンチックで巧みに構成されたノワールサスペンスの見事な融合!」(VARIETY)、「観る人を虜にする!」(GUARDIAN)、「今年の、カンヌ映画祭コンペティション部門のレベルを一気に引き上げた」(SCREEN DAILY)などと、現地取材のメディアによる絶賛評が挙がっていた。