フジテレビの佐久間みなみアナウンサー(26)が、このほど『佐久間みなみ1stフォトブック みなみから』(講談社)を刊行した。今春より新たなスポーツニュース番組としてスタートした『すぽると!』(毎週土曜 深0:35〜1:15、毎週日曜 後11:15〜0:30)の MCを務め、同局系『パリ 2024オリンピック』中継キャスターに就任するなど、フジテレビのスポーツの顔としても活躍する佐久間アナの魅力に迫る。

 自身初のフォトブックの撮影は、名前の由来にもなっている自然豊かな南の島で行われた。広大な草原での開放的ショットや、ビーチやプールで水と戯れる姿、ベッドルームでくつろぐ部屋着姿など、普段テレビでは見せない“素の佐久間みなみ”が盛りだくさんとなっている。

■新体操カットの撮影で「次の日、筋肉痛に(笑)」 『すぽると!』初回直前の表情も

――お気に入りのカットについて

まずは空港でのカットです。アメリカに4年間住んでいたことがあり、空港に行くことが多かったということと、スポーツを担当するようになってからは海外取材や国内での取材でも飛行機を使うことが多いので、そういう意味では個人的にはすごく好きな場所です。よく行くから好きなのもありますし、本当に、いろんな人が空港という場所には集まってるなと感じていて。抱き合って喜んでる人がいると思えば、別れの場所でもある。勝手に自分の中で、あの方々はこれからどんな道を歩んでいくのかなぁとか考えるのが好きで(笑)。ヒューマンウォッチングではないですが、いろんな人の感情に触れられる場所っていう意味でもすごく好きなので、この空港カットは個人的にも一番お気に入りにさせてもらいました。

2枚目は新体操の写真を選びました。本当にどれもお気に入りの1枚ではあるのですが、6年間続けられたもので、そこまでの長い期間にわたって、ひとつのことに集中して取り組むことがそんなにないので。新体操は個人的にもすごく好きで、その中でもリボンが好きなんです。よく練習していたもののひとつだったので、一番自分らしさが出ているのかなと思って、選ばせていただきました。このカットを撮るのも苦労しまして(苦笑)。この姿勢を保つには、かなりの筋肉と柔軟性が必要なので、久しぶりにここまでしっかり自分でも動いて、次の日、しっかり筋肉痛になりました。

最後の1枚は、『すぽると!』初回の本番直前の写真です。あんまり本番のこういった表情は、自分では見ないじゃないですか。オンエアで映っている部分はもちろん見返して「あっ、こういう表情しているんだな」とかを確認するのですが、オンエア直前、しかも初回放送で本当にどうなるんだろうって、自分たちもわからない状況の中、個人的にも自分もしっかりと引っ張っていく存在にならなきゃっていう思いもあったので。初回放送がどうなるか不安な中、こんな真剣な表情…自分の中でもある意味、覚悟を決めて臨んでいるんだなって思えるような写真。実際にこういったやりとりを1枚に残してもらえることはなかなかないので、どうしてもお気に入りの3枚の中に入れたかった1枚です。

――覚悟みたいな表情は、やはりアナウンサーとして4年間やってきたからこそ出てくる部分はありますか?

スポーツ自体は3年目ですが、やはり自分が今まで積み重ねてきたものを信じてやっていくしかないということと、パリオリンピックイヤーというのもあります。『すぽると!』に千鳥のお2人も加わって、ガラッと雰囲気が変わっていくと思いましたし、その初回放送を多くの人が見ていると思ったので、自分でもある意味開き直って臨んでいたんじゃないかなって思います。全力を尽くすけど、結果がどうであれ自分は全部出し尽くしたって思えるような初回にしたいと思って臨んでいました。

■miwaのまなざしで発見 『全力!脱力タイムズ』名演技の舞台裏「演技をしながらも対応力が問われる」

――『すぽると!』テーマソング「Our Time」では、作詞をmiwaさんと共作され、歌唱も担当されています。どういう気持ちで歌われて、書かれたのでしょう?

まず、今まで自分が取材で感じてきたことをメモにしていたのですが、それをmiwaさんにお渡しして。miwaさんが、そのまま歌にしてくださったという感じです。私がここを一番伝えたいんだという部分をmiwaさんが感じ取ってくださったのか、見事にそこを選んでいただいて。私も実際に書かせてもらったのですが、最初は背中を押せるような歌だったらいいなと思っていたのが、実際にmiwaさんとお話しした時に、私の声質的にも、あとメモを読んで、背中を押すというより一緒に戦うっていう気持ちの方がすごくしっくりくると思うって言ってくださって。アナウンサーという立場的にも『一緒に戦う』ってあんまり思ったことがなかったんです。だからmiwaさんのアーティストならではの目線なのかなってその時は思いました。

取材をしている側なので一緒に戦うなんておこがましいと思っていたのですが、でも確かに、ずっと取材をして、やっぱりいろんな感情が芽生えてくるので、どうしても全力で応援して、一緒に私も喜んだり悲しんだりするので、確かにその表現がとてもしっくりくるなと思いました。アスリートの方に向けてだけでなく、自分たちの人生も重ね合わせて、聴いてもらえたらいいなという思いで歌わせてもらっています。

――今年は『すぽると!』も始まり、ご自身にとって勝負の1年になるかと思います。

スポーツは、毎日毎分毎秒いろんな変化があるので、毎週新鮮な気持ちでやらせてもらっています。まだ始まって1ヶ月半というのもありますが、その週によって来てくださる方も違いますし、何をメインで扱うのかっていうのも違うので、個人的にも楽しみながら臨めているなという気持ちはします。千鳥のお2人が、このニュースに対してどんなコメントを言うんだろうだとか、ひとりの視聴者として楽しめている自分がいるので、そこは画面を通して伝わっていたらいいなと思います。

――パリオリンピックという大きな舞台も控えていますが?

もちろんありがたいことですし、光栄なことですが、やはり近づくにつれ不安しかなくて…。競技数もそうですが、その選手の皆さんもそうです。きっと準備って、どこまででもできるので、自分が一番何をするべきなんだろうと考えながらも、同時にいろんなことを調べながら取材しながらっていうので。あと初めてなので、何が一番必要なのかもわからないので、いろんな人の話を聞きながら、自分の中で必死にまとめて、まとめてまとめて、今ようやく…いやまだですね(笑)。

準備をしてないと、より不安になって、何も出てこなくなってしまう自分がいるので。だからもちろん最後は、何とかするしかないっていう勢いがすごく大事だと思うのですが、やっぱり不安をなくすためには準備って、アスリートの皆さんもおっしゃるので。できるだけ準備はしていきたいなと思って(笑)。そこが今の自分の課題かなと思っています。準備はしつつ、いかに勢いや瞬発力で対応できるかっていうところがまだまだ足りないので。過去を遡りすぎちゃって、もうなんか時間がなくなっちゃって、一番大事な直近のことをどんどん忘れていくみたいな(笑)。

――瞬発力といえば『全力!脱力タイムズ』のアシスタントも担当されています。笑いをこらえる佐久間さんを見るのも楽しみです。

ありがとうございます。初代の春日(由実)さん、2代目の小澤(陽子)さんもマジックで消えたので、私もいつか消えるってことなんだなって思いながらやっております…(笑)。最近は笑いをこらえる顔が、変顔をさらしてるみたいな感じになっているのですが、でもそれが面白いって言ってくださる声がけっこう多くて。とはいえ、もちろん笑いは真剣にこらえようとはするのですが、そのこらえきれていない部分が、より笑いを提供できるんじゃないかなって思いながら、一生懸命やっています。

本当にどういう展開になるのか、やってみないとわからないというところもあります。何があっても止めないというか、有田(哲平)さんがそこで臨機応変にパッと『この展開ならこっちに持って行った方がいいな』ということを頭の中で考えていらっしゃるので、それにいかに早く気づいて追いついていけるか…というところがまだまだできないので、そこは頑張りつつ。でも『全力!脱力タイムズ』を、ただただ一人の視聴者として楽しんでいる自分もいます。

――24日の放送では、今回のフォトブックについても『全力!脱力タイムズ』らしい紹介がありました。

相当難しかったです(笑)。台本をいただいた時に、これ、けっこうヘビーだぞと思って。本当にありがたいです。ただ、演技をしながらも対応力が問われるって、なかなかない番組です。こっちはもう完全に演技、笑っちゃいけない。でも何か言われた時に、パッと返せる一言がないといけないっていうので、ものすごく…。本の宣伝だけど笑わずに真剣に魅力を伝えるっていう。今とやってることがけっこう正反対のことなので、すごく難しいけどこういった仕事もあるんだなって、楽しみながらやらせていただきました。