大河ドラマ『光る君へ』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)キャストの撮影現場からのコメントを届ける「君かたり」が、同局の公式サイト内で更新された。今回は、藤原斉信を演じるはんにゃ・金田哲の声を紹介する。

――騒動について道長に伝える斉信
まず「伊周、隆家ファンの皆さま、すみませんでした」という感じですけども、でもやっぱりあの当時は「これはとんでもないネタを掴んだぞ」「じゃあどこに持っていく?道長だぞ?ということは…そうなるよな」というのは、たぶん普段から思っていないとあの場でパっとできないので、常にそういうことを考えて自分が参議にどうやったら入れるかっていう、日常の習慣的な感じで考えていたんじゃないかなって。

そうじゃないとありえないスピード感っていうのが、まさに伊周も隆家も「早すぎる、情報が回るのが」っていうので、おそらく次の日か次の次の日くらいには謹慎を申し付けに行きますから、蔵人頭として「謹慎を申し付ける」って言って、そのあと貴子さんとかに「どうしたらいいですか?」って。

「私のもっと上のお話なので…」っていう、そこでもまたタヌキやっていますから。なので本当に恐ろしい男だなと自分で演じていても思います。なので伊周、隆家、ひいては道隆さんにも本当にすみません。ただその分、斉信は偉くなります、っていう感じですかね。

――ききょうに「中宮は見限れ」と伝えるシーン
時勢を読むのがすごくうまいので、好いた女子のところにそういうふうに報告をするのは当然というか、自分が気にかけている特にききょうに対しては「時勢を読めよ」というメッセージと「もう中宮じゃないぞ、次はどこかわかるだろ?」。でもききょうも置かれた環境もありながら、ただそこは残酷になってほしいっていう恋心もあり、時代の流れ「こっち来い」っていうふうに誘っているんですけど、ききょうはずっと(定子と)一緒にいたいんじゃないですかね。

だから結局、振り回されているのはこっちなんですけど。なのであんなこと本当なら言っているのバレたらまずいんですけど、それでも言うっていうことは未練タラタラ。むしろ遊んでやるつもりが本気になっちゃってますね、そんな感じがします。