俳優・伊藤沙莉が主演を務める、連続テレビ小説『虎に翼』(月〜土 前8:00 NHK総合 ※土曜日は1週間の振り返り/月〜金 前 7:30 NHK BS、BSプレミアム4K)の第39話が、23日に放送された。

 第39話は、講演会で倒れてしまった寅子(伊藤沙莉)。雲野(塚地武雅)らは穂高(小林薫)から寅子の事情を聞き、今は子育てに専念する時だと寅子を諭す。よね(土居志央梨)の姿を追い、よねが働くカフェー「燈台」にやってきた寅子。カフェーの営業ができず、軍歌のレコードをかけて細々と営業を続けていた。妊娠を黙っていたことをわびる寅子に、よねは背を向ける…というストーリーだった。

 寅子に対し、よねは「いちいち悲劇のヒロインぶりやがって…。自分ひとりが背負ってやってるって顔して恩着せがましいくせに、ちょっと男どもに優しくされたらホッとした顔しやがって」と怒り、「お前には男に守ってもらう、そっちの道がお似合いだよ。心配ご無用、女の弁護士はまた生まれる。だからこっちの道には二度と戻ってくんな」と決別した。

 「言われなくてもそのつもりよ」と返した寅子は、雲野法律事務所へ辞表を提出した。一連のシーンに視聴者からは「よねさんの中には、自分にすら話してくれなかったっていうショックもあったんだと思うな……」「子どもを産むか仕事を続けるか二者択一なの、辛すぎる。今もその状況あるよね?」「よねさん、裏切られた気分なのかな。気持ちわかるわ」「言いたいことはわかるけど、ちょっと言い過ぎな気がする」「わぁー鮮烈、よねさん、、、」などの声が寄せられている。

 第110作目の連続テレビ小説となる本作は、日本初の女性弁護士で後に裁判官となった女性を俳優・伊藤沙莉が演じ、彼女とその仲間たちが困難な時代に道なき道を切り開き、迷える子どもや追いつめられた女性たちを救っていく。日本史上初めて法曹の世界に飛び込んだ三淵嘉子さんの実話に基づく、リーガルエンターテインメントとなっている。