ヴァイオリニストの高嶋ちさ子と父・弘之が、きょう29日放送の日本テレビ系『1周回って知らない話 2時間SP』(後7:00〜後9:00)に出演する。5年目となる“高嶋ちさ子ファミリー”への密着取材の様子を届ける。

 今回は、90歳になる父・弘之のアメリカ旅行に密着する。旅の目的は、アメリカ留学中のちさ子の息子たちに会いに行くこと。ちさ子の長男が通う高校で催される祖父母向けの授業参観に、弘之が招待されたのだ。ちさ子は忙しくて同行できないため、かつて息子たちのベビーシッターをしていた前野さんが代わりに同行することに。ちさ子は「(不安は)全然ない。何かあったらそれが寿命だと思ってる」と、心配どころか思いっきり楽しんできてほしい様子を見せる。

 ちさ子には、父よりも心配なことがあった。「長男の学校生活を1回も見てない。コロナ禍で入学したから見学会も行けなかった。学校に行ってるかもわからない」と語る。17歳で思春期の長男はアメリカで一体どんな生活を送っているのか。息子のリアルな学校生活を見てきてほしいというちさ子の思いを乗せて、父・弘之がアメリカへ向かう。

 アメリカ北東部コネチカット州に到着した弘之は、疲れた素振りも見せず、滞在先のホテルに向かうためタクシー乗り場へ。かつては外資系の会社に勤務し、英語力には自信を持つ弘之は、運転手に英語で行き先を告げ、意気揚々とタクシーに乗り込む。しかし、1時間20分移動した末、まさかの場所に連れて行かれ「違う違う!ここじゃないですよ!」と大慌て。早くも先行き不安な展開になる。

 今回のアメリカ旅行で弘之がどうしても行きたかった場所は33年前、ちさ子がイエール大学の入学前に2週間暮らした町・コネチカット州ノーフォーク。33年ぶりに現地を訪れた弘之は「その時、日本人はちさ子以外いなかったんじゃないかな」と目を細める。当時、初めての海外留学で右も左もわからないちさ子を心配し、弘之は会社を休んでアメリカに駆けつけた。「うわーって泣いて抱きついてきたんです。本当の話ですよ。そんなちさ子が、今はたくさんのお客さんに来ていただいている。信じられないですよ」と振り返る。

 今となっては想像できないほど弱気だったちさ子の姿を収めた貴重なビデオを発見。ちさ子が日本の家族に送るために自ら撮った33年前のビデオレターを初公開する。

 さらに、ちさ子の留学時代に家族みんなで訪れていたホテルのレストランに立ち寄るなど、90歳の弘之が縦横無尽にアメリカ観光を楽しみ尽くす。

 ちさ子の長男は6年前に単身でアメリカに留学。しかし、コロナ禍の影響で、ちさ子は高校の入学式など学校行事にほとんど参加できなかった。息子の生活ぶりを全く知らないちさ子は「英語をしゃべれるかもわからない。イジメられていたらどうしよう」と、連絡もしない長男のことが心配で仕方がない。そんなちさ子の不安を払拭するため、弘之が長男の通う学校に潜入。留学から6年、すっかり大きくなった長男と再会を果たした弘之は「英語は問題ないか?」「ちゃんと勉強しろよ」と一方的にまくし立てる。

 さらに、長男のルームメートや日本人の友達に遭遇すると、学校での生活ぶりや恋愛事情を根掘り葉掘り聞きまくり。メインイベントの授業参観では、特等席を陣取ったにもかかわらず、まさかの光景となる。

 アメリカでも“やりたい放題、言いたい放題”の祖父に「また始まったよ」とあきれる長
男が、カメラの前で胸の内を告白。そもそもなぜ留学することになったのか。きっかけは
母とのケンカなのか。今だから話せる驚きの留学秘話に迫る。ちさ子になぜ連絡しないのか、その意外な理由を明かす。すっかり疎遠になってしまった母へ「面と向かっては言わないけど」と、息子が打ち明ける本音とは。

 さらに、3年前に同じく渡米した次男の学校も訪問する。3年前はママにべったりの甘えん坊だった次男だが、アメリカ有数の進学校に通う今、その姿が激変。次男に一体何があったのか。

 スタジオ初登場の弘之は、MC・東野幸治の発言に「失礼ですよ!」といきなりブチ切れ。ちさ子と息子たちの「母の日」エピソードにスタジオが大爆笑に包まれる。