お笑い芸人の今くるよさんが27日、膵がんのため、大阪市内の病院で亡くなった。28日、所属の吉本興業より発表された。昨年12月29日には、「アホの坂田」で親しまれたコメディアンの坂田利夫さんが、老衰のため82歳で死去。今年の5月14日には、作曲家のキダ・タローさんが93歳で亡くなったことが伝えられるなど、関西の芸能文化を支えてきた大御所たちの訃報が相次いでいる。

 昨年5月には、ABCテレビ『探偵!ナイトスクープ』で初代探偵局長を務めた上岡龍太郎さん(81歳)、8月には吉本新喜劇の桑原和男さん(87歳)、10月には、俳優・コメディアンで「タケモトピアノ」のCM作品でも人気を博した財津一郎さん(89歳)が死去。今年3月には、落語家の五代目林家小染さん(61歳)が亡くなった。

 お笑いやコメディーの分野だけではなく、昨年10月にはフォークグループ・アリスのメンバーだった谷村新司さん(74歳)、「もんた&ブラザーズ」のボーカルで1980年の「ダンシング・オールナイト」がヒットしたもんたよしのりさん(72歳)が相次いでこの世を去った。