俳優の福本莉子が29日、愛知・バンテリンドームナゴヤで開催されたプロ野球交流戦、中日対西武の試合前に始球式を行った。映画『ディア・ファミリー』の公開日(6月14日)にちなんだ「6.14番」のユニフォーム姿でマウンドに上がった福本は、自身初となる始球式に緊張しながらも、見事ノーバウンドでの投球に成功した。

 福本は「緊張したけれど、無事に届いてうれしい! 大泉(洋)さんや菅野(美穂)さんに始球式の難しさを聞いていましたが、無事に成功したよ! と早く伝えたいです!」とコメントしていた。

 福本が出演する映画『ディア・ファミリー』は、愛知でビニール樹脂製品の工場を営む筒井宣政氏(東海メディカルプロダクツ会長)が生み出した、IABP(大動脈内バルーンパンピング)バルーンカテーテルが誕生するまでの実話を伝えるヒューマンドラマ。娘を救いたい一心で人工心臓を作ろうと立ち上がる父・坪井宣政役を大泉洋、母・陽子役を菅野美穂、心臓疾患を持つ娘・佳美役を福本が演じる。