歌手で俳優の北山宏光が15、16日の2日間にわたって、東京・有明アリーナで単独コンサート『RANSHIN』を開催。全国9ヶ所での『HIROMITSU KITAYAMA LIVE 2024』開催と、1st Album『ZOO』(8月26日)のリリースを発表した。このほど、15日公演のレポートが到着した。

 オープニング映像とともに、ムービング上に鎮座していた銀色の卵が虹色に光る。SFを想起させる映像ののち、宝石のように輝いた卵がパリパリと音を立て、中から北山が登場。大歓声に包まれる中「 NE:O era(※O=ストローク付き)」で開幕した。

 北山を乗せたムービングは早速前後に動き、会場後方のオーディエンスにもその姿を見せた。炎や花火を使った演出も豊富で、アリーナ規模だからこそできる演出と、アリーナとは思えない距離感の近さを両立し、楽しませた。

 DeePalsらも登場した「JOKER」で北山はムービングから降り、甘い歌声とともにキレのあるダンスを披露。そんなスタイリッシュなパフォーマンス姿とは一転、MCでは「こんにちは!」と丁寧に各方面に頭を下げた北山は、サングラスを外しながら自己紹介した。声援を拾って話題を広げたり、親近感を感じさせるMCを展開。次の楽曲について「しっぽり聴いてもらおうというか、なんというか。良い曲が書けたなと思っています」と話すと、ピアノの音色とともに「ヒロイン」へ。サビ前になると、ステージ後方より白いピアノを弾く大東立樹が姿を現した。

 間奏で椅子に腰かけた北山は座ったまましっとりと歌うのかと思いきや、ローラースケートを装着。ローラースケートを履いて歌いながらセンターステージに向かい、沸かせた。白いジャケット衣装を着こなした北山は、高さのある立体的なステージセットを活かし魅せた「BET」、電飾を使った演出と映像とのリンクが映える「赤い夜に」、クールな表情を魅せた「TOTONOTTE」と、色気ある妖艶なナンバーを続けた。

 続くMCではDeePals・高田憐と絡む場面もあったほか、この日だけのスペシャルゲストも。「きょうは友だちというか、ゲストが遊びに来てくれているんです」と北山が呼び込んだのはナオト・インティライミ。ナオトは「宏光〜」と花束を持ってステージに登場すると、「初めてのソロコンサート開催、おめでとう!」と祝福の気持ちを伝え、和気あいあいとしたトークで会場を和ませた。さらに、2人で共作した「TOTONOTTE」をコラボバージョンで披露した。

 北山は大東とバトンタッチ。大東は持ち前の歌声をたっぷりと響かせ「消えないメロディー」を披露。北山提案の演出だそうで、スクリーンには大東の手書きの歌詞が映し出され、歌声をドラマチックに彩った。

 その後も、炎が上がる中、猛々しい雰囲気を醸しながら披露した「THE BEAST」に続いて、「Violet」「ink.」とライブは進んでいく。大東やDeePalsをはじめ、出演者が勢ぞろいしたダンスパートでは、北山を中心に美しいフォーメーションダンスで魅了。ソロデビュー曲「乱心-RANSHIN-」を披露すると、静かにセンターステージに移動し「FORM」を歌唱した。作詞作曲を自身で手がけたソロ楽曲に、イントロが流れるやいなやファンからは悲鳴のような歓声が上がった。

 アンコールに応え登場した北山は、Tシャツにデニム、バケットハットというカジュアルな装い。トロッコに乗り「 NE:O era」「乱心-RANSHIN-」を披露。歌い終えた後「皆さまがいないと、本当にステージに立てていないなと。みなさんに感謝しています」と深く頭を下げた。「アルバムリリースもありますし、これからもみなさんに喜んでもらえるニュースをたくさん作っていきますので、これからもよろしくお願いします。ありがとうございました!」と感謝を伝え、大成功のステージを締めくくった。

【セットリスト】
1. NE:O era(※O=ストローク付き)
2. YOU & I
3. JOKER
4. ヒロイン
5. BET
6. 赤い夜に
7. TOTONOTTE
8. 消えないメロディー(大東立樹)
9. THE BEAST
10. Violet
11. ink.
12. ダンスナンバー
13. 乱心-RANSHIN-
14. FOR

ENCORE
1. NE:O era
2. 乱心-RANSHIN-

※15日公演のみ7曲目の後、ナオト・インティライミと「TOTONOTTE」を披露
※16日午後5時半公演のみENCOREの3曲目に「逸れた流星群」を披露

【『HIROMITSU KITAYAMA LIVE 2024』】
9月6日(金)兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
9月23日(月・祝)北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
9月26日(木)、27日(金)大阪・フェスティバルホール
10月10日(木)、11日(金)愛知県芸術劇場 大ホール
10月14日(月・祝)福岡サンパレス
10月28日(月)、29日(火)宮城・仙台サンプラザホール
11月8日(金)新潟県民会館
11月23日(土・祝)広島文化学園HBGホール
12月3日(火)、4日(水)神奈川・ぴあアリーナMM