俳優の米倉涼子(48)が14日、NHK総合『あさイチ』(月〜金 前8:15)のプレミアムトークに出演した。生放送に出演するのは、2019年に難病の低髄液圧症候群を患っていることを公表して以来、初めて。これまで多くは語らなかった闘病生活に言及した。

 5年前から難病と戦っている米倉は、現在の体調について「去年、とても素晴らしい先生に出会って8月に手術をして、今年の5月くらいから急に元気になってきました」と報告。周囲からは「(症状を)わかってもらえないことが多い」とこぼし「まっすぐ歩けないこと、だるさ、立ち上がれないとか…。止まってるエスカレーターを歩いている感覚がずっと続く感じ。車のライトとかも全部つながって見えて、自分がどこにいるか分からなくなる。座っていることすらできなくなっちゃう」と明かした。

 発症初期は治療をしながら仕事をしていたが、ドラマ『ドクターX』の撮影時は「下を向きながらだったから、つらかった」と回想。一時は「治療を受けてから1ヶ月寝たきり」状態になったといい、「引退も覚悟した」時期もあったという。

 ネット上では「ドラマで元気な姿ばかりだったから、そんなことになっているとは知らなかった」「米倉涼子さんほんとに無理しないでお身体をまず1番に考えてほしい」「米倉さん5年前から脳脊髄液減少症を抱えながら仕事を。頑張るのも必要だけど無理もしないで欲しいです」「そんなに重症だったの。表に出にくい病気は本当に大変だと思います」「生放送で笑顔を見れて安心しました」などの声が寄せられている。