イルミネーションと任天堂が共同で制作している『スーパーマリオ』の新たなアニメ映画が2026年4月24日公開される。任天堂が公式ホームページで18日、発表した。

 米国を含む多くの国と地域においては2026年4月3日、その他の国と地域においては同年4月中の劇場公開を予定している。

 『スーパーマリオ』の新たなアニメ映画は、イルミネーション創業者で代表のChris Meledandri(クリス・メレダンドリ)氏と、任天堂代表取締役フェローの宮本茂氏が共同でプロデューサーを、Aaron Horvath(アーロン・ホーヴァス)氏とMichael Jelenic(マイケル・ジェレニック)氏が監督を、Matthew Fogel(マシュー・フォーゲル)氏が脚本をそれぞれ務める。映画の制作にはUniversal Picturesと任天堂が出資。配給は、全世界においてUniversal Picturesが行い、日本においては東宝東和株式会社が行う。