5月に一般女性と不倫していたことを認めた人気声優の古谷徹(70)が、『名探偵コナン』安室透役、『ONE PIECE』サボ役の2作品を降板した。22日、所属事務所の青二プロダクションが発表し、古谷自身の公式Xアカウントも削除された。これを受けネット上では「声優業引退しちゃうの!?」など驚きの声であふれている。

 降板については古谷のコメントも掲載され「今回のことで作品及びキャラクターのイメージを大きく傷つけてしまった『名探偵コナン』と『ONE PIECE』の今後の出演に関しまして、作品に関わられた皆様、応援をしてくださっている多くのファンの皆様、作品、キャラクターに対して、今の自分に唯一できる償いの形として、熟考の末、断腸の思いで、安室透役とサボ役を降板することにいたしました」と伝えている。

 今回の発表までは古谷の公式Xアカウントは存在していたが、発表後は削除されている。『機動戦士ガンダム』アムロ役など古谷が担当するキャラクターは多く、それらは降板が発表されていない中でのアカウント削除となった。

 一連の降板発表にネット上では「古谷徹のアカウントも無くなってる ま、そういう事か。」「このまま引退かな…」「古谷徹さん、実質引退かな まぁ、もう70だし」「古谷徹事実上の引退か。スパロボとかどうすんだろうな」などの声があがっている。

 古谷は今年5月に、一般女性と不倫していたことを認めており、5月22日に週刊文春(文春オンライン)にて「【名探偵コナンの人気キャラクター安室透の声で……】レジェンド声優・古谷徹(70)との4年半の不倫、妊娠中絶、暴行騒動を37歳下ファン女性と古谷自身が告白」という見出しで報じられていた。

 これを受け同日、古谷はXで「この度、私、古谷徹は週刊文春の取材を受けました。私が犯してしまった大きな罪についてお詫びとご報告があります。私は、あるファンの女性と昨年9月まで4年半という長い期間不倫の関係にありました」と報告。

 「まっすぐに応援してくれる彼女に惹かれ、浅はかにも自分からコンタクトをとり関係が始まりました。そのお付き合いの中で一度口論になり思わず手をあげてしまったこともありました。大人として人間として最低の行為でした」と説明した。