毎日更新中の「大人のおしゃれスナップ」で紹介しているコーディネートを、1週間分まとめておさらい。さっそく、街ゆくおしゃれさんたちのコーディネートをチェックしていきましょう!

2/19(月)

「パタゴニア」マーケティングPR
ロジャース 通子さん

アウトドアブランド「パタゴニア」のマーケティングを担うロジャースさん。おしゃれのモットーは「普遍的な洋服選び」と話します。「身に着けるものは、自分自身の目が行き届いて、丁寧に手入れができるものだけに絞っています。使い捨てではなく、長く着られるようにケアしたり、お直ししたり。そうやって愛着を持ちながら洋服を大切にしたいです」

2/20(火)

「パドカレ」プレス
鬼熊みどりさん

「年齢とともに、体にやさしい素材やサイズ感を重視した洋服選びをすることが多くなりました」
そんな鬼熊さんが着ていたのは、リネン100%のジャケット。「着心地もさることながら、ワンピースやデニムにも合わせられる優秀さがお気に入り。丈が短めなので、バランスが取りやすいのもポイントです」
ブルーとホワイトで爽やかにまとめた、春の先取りコーディネートに仕上がっています。

2/21(水)

会社員
市川綾子さん

コーディネートの主役は、感度の高いおしゃれさんたちから絶大な人気を誇る「バブアー」のコート。「細部のデザインやシルエットが美しく、これひとつでクラシックな印象に仕上げてくれるんです。特にローファーとの相性が最高! この組み合わせは私の定番になりつつあります」
くすみオレンジのカラーパンツとコントラストをつけることで、立体感のあるスタイリングに。

2/22(木)

ヘアメイク
YUTAさん

長身のYUTAさんをすっぽり包み込むロング丈のモッズコートは「ロク」のもの。「昨年購入したばかりのお気に入りで、とにかくサイズ感がちょうどいいんです」
幾何学柄のニットと合わせてラフなスタイリングを楽しみながらも、清潔感を大切にするのがYUTAさんのこだわりなのだそう。「例えば、ひざが出ないパンツを選んだり、質のいい素材のものを見極めたり。大人のカジュアルコーデには、少しの工夫が必要かなと思っています」

2/23(金)

パティシエ
暖子さん

「背が低いので、コーディネートのバランスにはすごく気を使います」と、暖子さん。この日はトップスとデニムを深めのネイビーで統一し、トレンチコートで軽さを演出。ざっくりと開いた衿元で抜け感も忘れない、大人の余裕を感じるスタイリングがお見事です。「板谷由夏さんプロデュースの『シンメ』は、大人にちょうどいい洋服ばかりがそろっていて、よくチェックしています」

2/24(土)

医療関係の仕事
小山さん

「昔から好きなものが一貫していると話す小山さんの定番スタイルは、メンズライクなコーディネート。『レイオオシマ』のショート丈スウェットと好相性の『シンゾーン』のパンツは、2代目を購入したほどのお気に入りなのだとか。「綿100%で着心地がよく、タック入りできれいめな感じにも着こなせるので、重宝しています」

2/25(日)

エイコさん

「まだまだ寒さが厳しいのでコートは活躍中。それでもインナーや足元に白を取り入れれば、ぐんと軽やかな印象に。とくに足元は、白に加えてスニーカーならなおのこと気持ちも、足どりも軽くなります」コートのシックなミントブルーとの合わせも爽やか。肩掛けしている皮のバッグは、なんとご自身で作られたものだそう。